ヤマハ発動機株式会社の社員評判・口コミ

  • 静岡県磐田市新貝2500番地
  • 自動車(四輪・二輪)

ヤマハ発動機株式会社の評判・口コミを掲載。企業の社風、福利厚生、面接に関する最新の評判・口コミを収集し、あなたの転職活動をサポートします。

ヤマハ発動機株式会社の社員評判がわかる口コミ

dodaとキャリアや転職に特化した匿名相談サービス【JobQ】による、ヤマハ発動機株式会社の現役社員・退職検討者・元社員の評判・口コミを掲載しています。

社員の評判・口コミ(10件)

    • ワークライフバランス・残業
    • 休みは非常に取りやすいです。上司への事前申請なども不要で、前日に課内に不在になる旨メールするだけで自由に休めます。
      また、残業については人それぞれです。会社全体に、仕事ができる人が多くの業務を抱え負荷が高まる傾向があり、仕事ができる人ほど毎日遅くまで仕事をしている印象です。
    • 財務部
    • 正社員 2016年入社
    • 回答日:2021年5月11日
    • 出典元:JobQ
    • 会社の将来性・事業の強み
    • 趣味材をメインで扱っているため、景気の影響が業績に如実に現れてしまうところがある。
      また、近年のEV化の流れでガソリンエンジンそのものの将来が危うく、事業構造そのものを変えていかないと生き残れないのでは、という空気も社内に漂い始めてきた。
    • 財務部
    • 正社員 2016年入社
    • 回答日:2021年5月11日
    • 出典元:JobQ
    • 女性の働きやすさ・キャリア
    • 基本的に女性に甘く、最近は女性社員をどんどん海外勤務させたりする流れもあるため、女性の方が働きやすいようにも思えます。私の周りでは、若手社員で退職していくのは男性社員ばかりで、女性社員が転職のため退職するという話は聞いたことがありません。
    • 財務部
    • 正社員 2016年入社
    • 回答日:2021年5月11日
    • 出典元:JobQ
    • 人事評価制度・教育
    • 評価制度は時代錯誤としか言いようがありません。部内での完全相対評価で、異動初年度は低い評価をつけられるケースも散見されます。また、年1の昇格試験は基本的に年功序列のため、昇格させたい人の評価を高くつけてあげるという風潮もあり、周りが割りを食うこともあります。
    • 財務部
    • 正社員 2016年入社
    • 回答日:2021年5月11日
    • 出典元:JobQ
    • 会社の将来性・事業の強み
    • EV化の波には乗り遅れていると感じます。
    • マリンエンジン統括部
    • 正社員 2015年入社
    • 回答日:2021年5月9日
    • 出典元:JobQ
    • 人事評価制度・教育
    • 日本のメーカーのイメージ通り。
      年次があがれば確実に昇給するが、大幅な年収アップは無理。一応評価制度はあるが、そもそも年功序列で上がってきた人達がほとんどの中、部内で年次を飛び越えるような昇進はどんなに優秀な人でもありえない印象。
      教育制度は非常に整っており、必要があれば外部の講座も全額負担してくれる。
      社内にも図書館や技術文書が大量にあるので、研究好きな人には楽しいと思う。
    • 製造技術
    • 正社員 2017年入社
    • 回答日:2021年2月5日
    • 出典元:JobQ
    • 会社の将来性・事業の強み
    • 二輪事業は雲行きが怪しいが、マリン事業、ロボティクス、SPV、発電機など多岐にわたる事業展開があるのは強みだと思う。
    • 製造技術
    • 正社員 2017年入社
    • 回答日:2021年2月5日
    • 出典元:JobQ
    • 女性の働きやすさ・キャリア
    • 女性社員が少ないので非常に大事にされる。
      ただ、良くも悪くも気を遣われるので、結婚して子供が産まれると知らずとマミートラックに乗せられてしますイメージ。
      結局、駐在に行ったりマネージャーになれるのは未婚の女性が8割。
    • 製造技術
    • 正社員 2017年入社
    • 回答日:2021年2月5日
    • 出典元:JobQ
    • 福利厚生・社内制度
    • なんと言っても、事業部跨ぎの異動が比較的容易である点がいい。
      公募制度があるので、キャリアチェンジが可能。
    • 製造技術
    • 正社員 2017年入社
    • 回答日:2021年2月5日
    • 出典元:JobQ
    • ワークライフバランス・残業
    • 事業部によるところが大きいと思います。事業部を超えると別会社くらい意識が変わると思います。残業は労働組合もあり月45時間が一つの目処になっています。年間でも360時間が最大です。それを超えると労働組合に申請がいる形です。
      申請に慣れてしまっている部門もあり、形骸化はあるものの一つのハードルにはなっています。
      海外出張が多い部門は土日に動くこともあり、そういう意味ではあまりワークライフバランスは良くないかも知れません。
    • Im事業部
    • 正社員 2007年入社
    • 回答日:2020年6月6日
    • 出典元:JobQ

さらに読み込む(21-10件/10件

一部出典元:JobQ

JobQで評判・口コミをもっと見る(外部サイト)

同じ業種の企業の求人・採用情報を見る

同じ業種の企業の求人・採用情報を見る

診断・書類作成ツール

  • 年収査定
  • 合格診断
  • レジュメビルダー
  • 自己PR発掘診断
  • キャリアタイプ診断
  • 転職タイプ診断
  • モヤモヤ診断

本ページは当該企業ホームページやIRによる公開情報、dodaによる掲載中/掲載終了求人・統計情報、株式会社ライボによる口コミ情報により構成されています。

現在は変更されている可能性がありますのでご注意ください。

>doda口コミ・Q&Aサービスの提供について

>本ページについてのお問い合わせ