掲載予定期間:2019/10/21(月)~2020/1/19(日)

一般財団法人材料科学技術振興財団

【東京】TEM・SEM分析用試料のFIB加工担当~日本の科学を支える研究所/幅広い研究分析を手掛ける

  • 正社員
仕事内容

【東京】TEM・SEM分析用試料のFIB加工担当~日本の科学を支える研究所/幅広い研究分析を手掛ける

~大手メーカーが主な顧客のエレクトロニクス分野・ライフサイエンス分野の材料分析センター/新材料の評価解析を行う独自性・中立性が保たれた国内で数少ない財団/手厚い福利厚生で働きやすい環境が整備~

■業務内容:
・FIBを用いたTEM、SEM分析試料の加工
・ナノメートルオーダーの微細な観察を行うためのサンプル作製

■研修制度:
月1回開催の社内学会(発表会)、オーラルセッション とポスターセッションがあります。
日頃の自分の取り組みについて、異なる専門の職員からアドバイスをもらい、議論を深め、お互いを知る機会にもなっています。社内だけでなく各部署においても勉強会などが開催されており、知識・技術の向上、情報共有に努めています。社外での学会やセミナーに参加し学んだ知識を、自らが講師となって社内に還元することも行います。

■業務の特徴・魅力:
・世の中へ出回る前の最先端の材料に触れることができます。顧客は大手メーカーが多いです。他に大学や国からの依頼もあります。日本有数の分析能力でクライアントからの信頼も厚く、多くの案件を継続的受託しています。国からの補助金を受けることなく独自の収益で財団を運営しています。非常にフランクな社風で分からないことも気軽に聞けるため、お互いに切磋琢磨し合える環境が整っています。

■同社の特徴:
設立背景として、1984年、科学技術庁(現:文部科学省)長官の諮問機関である航空・電子等技術審議会より、「新材料の創製に関する総合的な研究機関の推進」との答申が出されました。時期を同じくして、初代T理事長となる山崎貞一氏らが発起人となり、材料の研究と解析・評価を行う公益法人の設立を政府に働きかけました。国内メーカーからの賛同も後押しとなり、官民双方の動きが一体となって政府の認可のもと設立されたのが材料科学技術振興財団(MST)です。同社は2014年に設立30周年を迎えることができました。これからも日本の科学技術の発展に寄与していきます。

対象となる方

<学歴>大学院卒以上

<必要業務経験>
■必須条件:
FIB加工経験(集束イオンビーム加工)

■歓迎条件:
・半導体メーカーでの電子デバイス設計、開発、プロセス開発等の業務経験(TEM、STEM、SEM等のデータに触れる機会があること)
・品質保証部、検査部門でTEM、STEM、SEM等の装置を用いた経験(データに触れる機会があること)

勤務地

<勤務地詳細>
本社
東京都世田谷区喜多見1-18-6

<勤務地最寄駅>
小田急線/狛江駅

<勤務地補足>
東京本部での勤務になります。

<転勤有無>

補足事項なし

<想定勤務地>
東京都

勤務時間

8:45~17:30 (所定労働時間8時間)
休憩時間:45分(12:00~12:45)
時間外労働有無:有
<その他就業時間補足>
残業時間は月30~40時間程度

雇用形態

正社員

<雇用形態補足>
補足事項なし

<試用期間>
3ヶ月
補足事項なし

給与

<予定年収>
500万円~800万円(残業手当:有)

<月額>
310,000円~500,000円
基本給:310,000円~500,000円

予定年収はあくまでも目安の金額であり、選考を通じて上下する可能性があります。
月額は固定手当を含めた表記です。


<賃金形態>
月給制もしくは年俸制

<昇給有無>


<残業手当>


<給与補足>
※予定年収はあくまでも目安の金額であり、選考を通じて上下する可能性があります。
※上記は賞与込みの支給になります。

待遇・福利厚生

通勤手当、住居手当、寮社宅、健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、退職金制度

<待遇・福利厚生補足>
通勤手当:全額支給
住居手当:補足事項なし
寮社宅:独身寮あり(満31歳まで入寮可)
社会保険:補足事項なし
退職金制度:補足事項なし(定年:60歳)

<教育制度・資格補助補足>
補足事項なし

<その他補足>
■財形貯蓄制度あり
■社員食堂
■育児支援制度は産前・産後・育児休暇はもちろんのこと、子の中学生入学を限度とした短時間勤務にも対応。子の看護のための休暇もあり、男女問わずに利用できる制度です。

休日・休暇

完全週休2日制(かつ土日祝日)
有給休暇10日~20日
休日日数123日

季節休暇、ゴールデンウィークと夏季休暇はフレックスバケーション制で対応(決められた期間内で5日間)。自分の業務スケジュールに合わせた休暇設定ができる制度です。

会社概要

事業概要
<新材料の評価解析を行う独自性・中立性の保たれた国内で数少ない財団>
■事業内容:
科学技術分野における材料や半導体、生理学生化学、バイオ関連分野及び各種先端的分野についてのに関する基礎的研究及び解析・評価を行っています。こうした分析・解析評価を通じて、製品開発や研究開発の振興支援を行っている分析センターが一般財団法人材料科学技術振興財団(MST)です。
所在地
〒157-0067
東京都世田谷区喜多見1-18-6
設立
1984年8月
代表者
理事長 山本 幸助
従業員数
383名
上場市場名
非上場
資本金
2,700百万円
平均年齢
34歳

応募方法

応募方法

この求人情報は、採用企業からdodaがお預かりしている求人情報です。

(1)ご応募にはエージェントサービスへのご登録が必要です。

(2)採用条件に合致した方については、ご入力いただいた情報にて、そのまま企業への応募手続きをいたします。

(3)求人への応募ごとに登録情報を変更することはできかねますため、登録情報は各求人へ最適化した内容ではなく、汎用的な内容としていただくことをお勧めいたします。

(4)ご応募についての合否に関わるご連絡は、この求人情報を担当する採用プロジェクト担当から行います。

※海外企業が雇用元となる求人にご応募いただいた場合、当該国の提携会社の担当者からご連絡を行うことがあります。あらかじめご了承ください。
拠点名
シンガポール:CAPITA PTE LTD 香港:Kelly Services Hong Kong Limited 韓国:Kelly Services, Ltd.
台湾:台灣英創管理顧問股分有限公司 ベトナム:First Alliances
中国:英創人材服務(上海)有限公司、英創人力資源服務(深セン)有限公司
マレーシア:Agensi Pekerjaan Capita Global Sdn Bhd
フィリピン:John Clements. Recruitemt,Inc.

※ご経験やご経歴などから、この求人情報へのご応募がいただけない場合があります。あらかじめご了承ください。

企業URL
http://www.mst.or.jp/

※1.本案件以外にご紹介できる求人がご用意できない場合には、求人発生時までカウンセリングをお待ちいただいております。予めご了承ください。

求人コード 3003479971

一般財団法人材料科学技術振興財団

【東京】TEM・SEM分析用試料のFIB加工担当~日本の科学を支える研究所/幅広い研究分析を手掛ける

気になるリストに保存しました「✔ 気になるリストへ」のボタンから、気になるリスト一覧へ移動できます

気になるリストに保存しました「✔ 気になるリストへ」のボタンから、気になるリスト一覧へ移動できます

1つ以上の求人(チェックボックス)を選択してください

1つ以上の求人(チェックボックス)を選択してください

この求人に応募しますか?

この求人を何度も見ている方へのお知らせです

応募する 応募する (エージェントサービス) 気になる