掲載予定期間:2019/11/28(木)~2020/1/29(水)

原子力損害賠償・廃炉等支援機構

賠償支援部門(総務・審査業務など/20~30代活躍中)

  • 締切間近
  • 正社員
  • 転勤なし

この求人を要約すると…

  • 原子力損害の賠償や廃炉等の実施を支援する法人
  • 賠償支援に関する幅広い業務を通じて復興に貢献できる
  • 審査や会計、監査、法務、経営企画等の経験が活かせる

正確で適切な、損害賠償を――。
それが復興完結への一助となる。

2011年に発生した福島第一原子力発電所の事故と、それによる原子力損害賠償の迅速かつ適切な実施、および電気の安定供給等を目的として、弊機構は設立されました。賠償の実施の支援等を行う「賠償支援部門」と、廃炉に向けた戦略の策定等を行う「廃炉支援部門」で構成され、損害賠償や廃炉を資金面・技術面からサポートしています。

今回は「賠償支援部門」の募集です。賠償支援部門ではさまざまな業務を行っていますが、そのどれもが、事故を起こした東京電力による正確かつ適切な損害賠償や廃炉等の完結に必要なものです。あなたには、これらの業務を幅広く経験いただき、さまざまな知見を培っていただいた上で、将来的には弊機構をリードする存在となってくださることを期待しています。

事故から8年が経った今でも被害は終息しておらず、むしろ時間の経過に伴って新たに生じる課題も数多くあります。前例のない事故を終息させ、福島そして日本の復興を成し遂げるべく、私たちは会社や業種・職種の枠を超え、あらゆる分野の知識や経験を結集し、それらの課題に日々挑んでいます。あなたのスキルや知見を弊機構で発揮して、ともに復興に貢献してみませんか。

募集要項

仕事内容

賠償支援部門の各セクション(総務、経営企画、事業運営、審査業務等)/機構の中核を担うポジション

具体的な仕事内容

【具体的には】
賠償支援部門の各グループの業務内容は以下のとおりです。

経験や適性・希望等を踏まえ、配属先を決定いたします。業務内容が多岐に渡るため、原子力や損害賠償に関連する経験や知見がない方であっても、ご自身のこれまでの経験や知見を活かせるフィールドで活躍することができます。

<総務グループ>
■機構全体の調整、対外的な総合窓口
■予算編成、決算の取りまとめ、負担金の収納
■資金調達・運用
■人事・労務、経理、システム等の管理系業務

<計画グループ>
■東京電力の事業計画の立案・策定、計画の履行状況のチェック
■東京電力の経営改革支援

<賠償モニタリンググループ>
■東京電力による損害賠償の支払いについての審査
■有識者委員会の事務局業務(資料作成等)
■東京電力の賠償金専用口座の入出金の確認

<円滑化グループ>
■損害賠償に関する相談事業の企画・調整・広報業務
※福島県及び関東近郊への出張あり、相談会が土日開催のため休日出勤の可能性あり(代替休暇の取得可)


【キャリアパス】
あなたには、グループ内はもちろんのこと、いずれは機構全体の中核を担っていただくことを期待しています。そのため、当初の配属先で経験を積んだ後は、グループ間の異動を含めたジョブローテーションを行い、賠償支援に関する業務を幅広く経験いただく予定です。

大切なのは、復興に携わりたいというあなたの意思。弊機構の業務を通じて復興に貢献したい、という意欲のある方からの応募をお待ちしています。

チーム組織構成

賠償支援部門には、現在57名が在籍しています(総務グループ:22名、計画グループ:16名、円滑化グループ:8名、賠償モニタリンググループ:11名)。機構全体では約120名在籍しており、そのうち出向者が約7割、中途入構者等が約3割です。

対象となる方

★20~30代活躍★賠償支援に関する幅広い業務を行うため、多種多様なバックグラウンドの方を募集します

【必須】
◎大学卒業以上
◎基本的なPCスキルをお持ちの方(Word、Excel、PowerPoint)

【歓迎】
以下のような業務経験をお持ちの方
〇金融機関等における審査業務の経験
○企業での会計・監査・法務部門での経験
○企業での経営企画や新規事業の立上げ等の経験

【求める人物像】
■復興支援の事業に熱意をもって取り組める方
■周りに合わせて自分を変え、柔軟に対応できる方
■向上心があり、仕事に前向きに取り組める方
■チームワークを大事にできる方
■緻密な計算を行うことに抵抗がない方
■ビジネスコミュニケーションが円滑に取れる方

※業種未経験、第二新卒歓迎

勤務地

東京都港区虎ノ門2-2-5 共同通信会館5階

勤務地一覧

  • 本部/東京都港区虎ノ門2-2-5 共同通信会館5階   [最寄り駅]溜池山王駅
勤務時間

■下記の3パターンから選択
【1】8:30~17:15
【2】9:00~17:45
【3】9:30~18:15
※いずれも実働7時間45分、休憩1時間(12:00~13:00)
※残業月平均20~30時間程度

雇用形態
正社員
※試用期間3ヶ月
待遇に違いはございません。
給与

月給23万円~
※弊機構の規定に基づき、経験などを考慮して決定いたします。

賞与
年2回/6月、12月
昇給
年1回/1月
入社時の想定年収

年収350万円~800万円

社員の年収例

年収例550万円(30歳 本俸月額+地域手当+賞与)

年収例600万円(35歳 本俸月額+地域手当+賞与)

年収例800万円(40歳 本俸月額+地域手当+扶養手当+賞与)

待遇・福利厚生
各種制度

■各種社会保険完備
■残業手当全額支給
■交通費支給/規程に基づく
■退職金制度
■家族手当(規程に基づく 例:配偶者6,500円/月、子(1人)10,000円/月)
■住宅手当(最大2万7千円/一定額を超える家賃を支払っている場合)

休日・休暇
年間休日

120日以上

休日・休暇

■完全週休2日制

(土・日)

■祝日休み

■年末年始休暇
(6日間)

■夏季休暇
(3日間)

■慶弔休暇

■有給休暇

■産前・産後休暇

■育児休暇

  • 弊機構を知るまで、自身のこれまでの経験やスキルが復興の一助になると知りませんでした。

  • 設立から9年目。復興完結に向けて手探りながらも順調に進捗しています。

  • 職員は穏やかな人が多く、職場は和やかで明るい雰囲気です。

応募方法

応募方法

本ページ内<応募する>ボタンより、必要事項をご入力の上、ご応募ください。

※応募書類は返却いたしませんのでご了承ください。
※提供いただいた個人情報は採用活動のみに使用し、第三者への開示・提供はいたしません。
※求人情報は、掲載期間が過ぎますとサイト上から削除されます。
※応募した求人内容を確認したい場合は、本ページを印刷されるなどのご対応をお願いいたします。

選考の流れ
  • Web応募による書類選考
  • 1次面接(人事担当者)
  • 2次面接(部門責任者)+適性検査
  • 最終面接(役員)
  • 採用決定

連絡先

105‐0001
東京都港区虎ノ門2-2-5 共同通信会館5階
<採用担当>
saiyo-kiko@ndf.go.jp

会社概要

事業概要 <賠償支援>
・賠償相談業務
・モニタリング業務
・負担金の収納業務
・資金援助業務

<廃炉支援>
・廃炉の主要な課題に関する技術的支援業務
・研究開発の企画、進捗管理
・情報の提供
所在地 〒105-0001
東京都港区虎ノ門2-2-5 共同通信会館5階
設立 平成23年9月12日(登記申請日)
代表者 理事長 山名 元(京都大学名誉教授・元 国際廃炉研究開発機構理事長)
従業員数 120名
平均年齢 44歳
企業URL http://www.ndf.go.jp/

※1.ご自身で応募される際にサイト上で入力した情報は、送信ボタンを押すと求人企業の採用担当者へ直接送信されます。送信ボタンを押すことで、上記についてご本人の同意があるものとします。
※2.求人内容や応募結果についてのお問い合わせは求人企業へ直接ご連絡ください。dodaでは申し込みの訂正・削除などはお受けいたしかねますので予めご了承ください。

求人コード 3003578461

原子力損害賠償・廃炉等支援機構

賠償支援部門(総務・審査業務など/20~30代活躍中)

気になるリストに保存しました「✔ 気になるリストへ」のボタンから、気になるリスト一覧へ移動できます

気になるリストに保存しました「✔ 気になるリストへ」のボタンから、気になるリスト一覧へ移動できます

1つ以上の求人(チェックボックス)を選択してください

1つ以上の求人(チェックボックス)を選択してください

この求人に応募しますか?

この求人を何度も見ている方へのお知らせです

応募する 応募する (エージェントサービス) 気になる