掲載予定期間:2020/12/17(木)~2021/3/17(水)

原子力発電環境整備機構 【三田】技術職※放射性廃棄物の地層処分を通して社会貢献を実現

  • 正社員
仕事内容

【三田】技術職※放射性廃棄物の地層処分を通して社会貢献を実現

総合職(技術職)として、下記いずれかの業務に配属想定しております。
地質環境調査、施設設計・建設、安全評価、技術開発、海外との技術協力等

■組織と事業内容:
(1)原子力発電環境整備機構(NUMO)
「特定放射性廃棄物の最終処分に関する法律」に基づき、2000年10月に経済産業大臣の認可を受けて設立された組織で、地域社会と共生する安全な放射性廃棄物の地層処分を実現することを使命としています。略称のNUMO(ニューモ)は英語名Nuclear Waste Management Organization of Japanに由来します。

(2)地層処分を行う放射性廃棄物
日本では、原子力発電所で使い終えた燃料を再処理してウランやプルトニウムを取り出し、これらを加工して再び燃料として利用します。この再処理の過程で残る放射性廃液が「高レベル放射性廃棄物」で、日本ではこれをガラス原料と混ぜ合わせて固めるので「ガラス固化体」といいます。
また再処理工場等の操業においては、様々な低レベル放射性廃棄物も発生します。このうち半減期の長い核種を多く含み、放射能が一定レベル以上のものを「地層処分相当低レベル放射性廃棄物(TRU)」と呼びます。
NUMOが地層処分を行う放射性廃棄物は、この「ガラス固化体」と「地層処分相当低レベル放射性廃棄物」です。

(3)地層処分
放射性廃棄物を長期間にわたり私たちの生活環境から遠ざけることができる方法のうち、実現可能な方法として選ばれたのが地層処分です。地下深くの持つ、自然現象や人間の行為による影響を受けにくいという特徴や、長期間にわたり物を閉じ込める力を活かした処分方法です。日本では廃棄物を300メートルより深い安定した地層(岩盤)に埋設処分しますが、その際、安全性を高めるため、金属製の容器や緩衝材(ベントナイト)など技術的な対策を行います。

対象となる方

学歴不問

<必要業務経験>
■必須条件:
以下いずれかの経験を有する方
・地層処分関連業務(安全評価、人工バリア設計等)
・原子燃料関係の安全評価、安全設計業務
・原子力施設の電気、計装、機械関係の設計、保全計画、工事管理業務
・土木関係の調査、設計、工事管理業務
・積算業務

勤務地

<勤務地詳細>
本社
東京都港区芝4-1-23 三田NNビル 2F
受動喫煙対策:屋内全面禁煙

転勤は当面想定していませんが、将来的に地層処分場の立地地点が決定した場合、事業拠点を現地に移動します。

<想定勤務地>
東京都

勤務時間

<標準的な労働時間>
9:00~17:40 (所定労働時間:7時間40分)
休憩時間:60分(12:00~13:00)
時間外労働有無:有

<フレックスタイム制>
コアタイム:なし
補足事項なし
<その他就業時間補足>
■月平均残業時間25時間前後

雇用形態

正社員

<雇用形態補足>
補足事項なし

給与

<予定年収>
540万円~(残業手当:有)

<月給>
290,000円~
基本給:250,000円~

<賃金形態>
月給制
補足事項なし

<昇給有無>


<給与補足>
※初任給は個別に決定します(定期採用初任給以上)。
■昇給:年1回
■賞与:年2回(6月・12月)※過去実績2.4ヶ月分相当

予定年収はあくまでも目安の金額であり、選考を通じて上下する可能性があります。
月給は固定手当を含めた表記です。

待遇・福利厚生

通勤手当、家族手当、住居手当、健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、退職金制度

<待遇・福利厚生補足>
通勤手当:補足事項なし
家族手当:補足事項なし
住居手当:補足事項なし
社会保険:補足事項なし
退職金制度:補足事項なし

<教育制度・資格補助補足>
■OJT
■研修制度:着任者研修、コミュニケーション研修、部門別研修 等
■自己啓発支援制度:自己啓発グループ活動への支援、英語研修、国家資格等取得報奨金 等

<その他補足>
■役職手当、世帯手当、厚生手当、単身赴任手当 等
■カフェテリアプラン
■宿舎貸与(対象者のみ)
■慶弔制度
■契約施設利用 等

休日・休暇

完全週休2日制(かつ土日祝日)
有給休暇20日~20日
休日日数120日

年末年始(12月29日~1月3日)、5月1日、普通休暇(年間20日)、特別休暇(傷病休暇、ボランティア休暇、産前・産後休暇、介護休暇、夏季休暇、結婚休暇等)

会社概要

事業概要
■事業内容:
特定放射性廃棄物に関する次の事項
(1)概要調査地区等の選定
(2)処分施設の建設、改良、維持等
(3)地層処分の実施
(4)処分施設の閉鎖及び閉鎖後管理
(5)付随する技術開発等
※特定放射性廃棄物…高レベル放射性廃棄物及び地層処分相当低レベル放射性廃棄物(TRU廃棄物)

■事業の特徴:
原子力発電所で使い終えた燃料を再処理する過程で発生する「特定放射性廃棄物」を地層処分する実施主体として、「特定放射性廃棄物の最終処分に関する法律」に基づき、経済産業大臣の認可を受けて2000年10月に設立されました。
所在地
〒108-0014
東京都港区芝4-1-23 三田NNビル 2F
設立
2000年10月
代表者
理事長 近藤 駿介
従業員数
160名
上場市場名
非上場

応募方法

応募方法

この求人情報は、採用企業からdodaがお預かりしている求人情報です。

(1)ご応募にはエージェントサービスへのご登録が必要です。

(2)採用条件に合致した方については、ご入力いただいた情報にて、そのまま企業への応募手続きをいたします。

(3)求人への応募ごとに登録情報を変更することはできかねますため、登録情報は各求人へ最適化した内容ではなく、汎用的な内容としていただくことをお勧めいたします。

(4)ご応募についての合否に関わるご連絡は、この求人情報を担当する採用プロジェクト担当から行います。

※海外企業が雇用元となる求人にご応募いただいた場合、当該国の提携会社の担当者からご連絡を行うことがあります。あらかじめご了承ください。
拠点名
シンガポール:CAPITA PTE LTD 香港:Kelly Services Hong Kong Limited 韓国:Kelly Services, Ltd.
台湾:台灣英創管理顧問股分有限公司 ベトナム:First Alliances
中国:英創人材服務(上海)有限公司、英創人力資源服務(深セン)有限公司
マレーシア:Agensi Pekerjaan Capita Global Sdn Bhd
フィリピン:John Clements. Recruitemt,Inc.

※ご経験やご経歴などから、この求人情報へのご応募がいただけない場合があります。あらかじめご了承ください。

企業URL
https://www.numo.or.jp/

※1.本案件以外にご紹介できる求人がご用意できない場合には、求人発生時までカウンセリングをお待ちいただいております。予めご了承ください。

求人コード 3004515929

原子力発電環境整備機構

【三田】技術職※放射性廃棄物の地層処分を通して社会貢献を実現

気になるリストに保存しました「✔ 気になるリストへ」のボタンから、気になるリスト一覧へ移動できます

気になるリストに保存しました「✔ 気になるリストへ」のボタンから、気になるリスト一覧へ移動できます

1つ以上の求人(チェックボックス)を選択してください

1つ以上の求人(チェックボックス)を選択してください

この求人に応募しますか?

この求人を何度も見ている方へのお知らせです

応募する 応募する (エージェントサービス) 気になる