今年ももうすぐバレンタインデーがやってきます。「自分には関係ない」なんて思っている社会人男性でも、多少はソワソワしてしまうのではないでしょうか?

そこで、今回は恋愛科学カウンセラーの荒牧佳代(あらまき・かよ)さんにバレンタイン前と当日に会社でどんな立ち居振る舞いをすればいいのか、お話を伺ってみました。

 

男性は好意を見せることで、期待値を上げる!

「まず大前提としてバレンタインを意識し過ぎないことが大事ですね。女性は普段から、この男性は将来性があるか、清潔感があるか、優しいか、健康か……など、いろいろなところを見ています。だからバレンタインデーが近づいてきたからといって急に態度を変えても、魂胆がすぐにバレてしまいます。ただ、普段から仕事を頑張っている方なら、この時期に女性が入り込むスキを見せるのは有効です」(荒牧佳代さん)

 

入り込むスキとは具体的にどういうことですか?

 

「例えば、男性はもうちょっとで口説けそうな状態の子がいればモチベーションが高まりませんか? 女性も同じで、普段は仕事一色で他のことには興味がなさそうな男性が、二人きりのときに優しく接してくれるだけで期待値は上がります。逆に、女性が好みのタイプだと思っても『あの人は仕事にしか興味がない』と感じてしまったら、その気持ちも萎んでしまうのです。

 

また、あまり冗談を口にしない人はユーモアある発言をしてみたり、普段からみんなにサービス精神を振りまいている方なら、本命の子には真面目に仕事のことを語ってみるなど、意外な一面を見せると女性にとって魅力的に映りますよ」(同)

 

女性は相手のタイミングに合わせて、さりげなく!

では、アプローチしたい人がいる場合、女性はどうすればよいでしょうか? 特に義理でも渡すのが当たり前のような会社だと、本命と差をつけるのが難しそうですが……。

 

「義理で渡すなら人によって差をつけないのが基本ですが、本命がいる場合、チョコを渡すタイミングや何をプレゼントするかがポイントです。例えば、仕事優先の彼なら、他の社員から目につかないように、さりげなくデスクに手紙を置いておくのがオススメ。モテる彼なら、ライバルが群がらないバレンタインの前日に渡すなど、自分ではなく男性のタイミングに合わせることが大切。

 

また、付き合う前は高価な物を渡すより、仕事の助けとなるPCやタブレット、スマホなどのIT関連グッズやデスク周りの小物、彼が好みそうなワインなど味覚や嗅覚を刺激する嗜好(しこう)品、趣味に合いそうなDVDや書籍などもいいですね。ちなみに今年のバレンタインは金曜日なので、女性から合コンや意中の人も交えた飲み会を企画してバレンタインを盛り上げるのも一つの手でしょう。照れ隠しで『ホワイトデー期待しているよ』などと言ってしまいがちですが、相手の男性に『お返し目当て…?』と誤解されてしまう可能性もあるので、プレゼントをあげてもお返しを催促しないのも大切ですよ」(同)

 

男女とも「運命の日!」と気構えることなく、かといって仕事人間に徹するのでもなく、楽しむ余裕がある人こそがバレンタインを制するのかもしれませんね。

関連リンク
恋愛科学研究所所長 荒牧佳代プロフィール
恋愛科学監修&医療アナリスト 荒牧佳代のブラッシュアップ♪

(オススメ記事)
チョコが和を乱す!? バレンタインに職場で注意すべきマナーの“守破離”
来年こそは!! 会社で気になる“あの人”と恋愛に発展させる3つのコツ

 

(識者プロフィール)

荒牧佳代(あらまき・かよ)/恋愛科学研究所所長 兼 代表取締役社長。恋愛科学カウンセラー/医療アナリスト。脳内ホルモンと個人の性格や行動を関連させたロジックでさまざまなテーマを分析する恋愛科学(行動科学)のプロフェッショナル。恋愛ハウツウサイトのコラムニスト他、テレビ・ラジオ・ネットTVゲスト出演、雑誌特集企画監修、恋愛&婚活セミナー講師、映画トークショーなど多方面で活躍中。