社会問題にもなっている「ブラック企業」。前回、「ブラック企業対策プロジェクト」が発行する冊子『ブラック企業の見分け方』を共同執筆された常見陽平さん、上西充子さん、今野晴貴さんの3人に求人広告の正しい見方を教えてもらいました。今回は、面接や会社説明会などでチェックするべき項目をお伺いし、要旨をまとめました。

 

どんなに注意深く企業のことを調べても、求人広告だけでは企業の実態が分かりにくい場合がほとんど。会社の面接や、会社説明会で適切に判断する必要があります。面接や会社説明会では、次の4点を注意深く観察してください。

 

面接・会社説明会で見るべき4つのポイント

【チェックポイント1】無名企業なのに説明会の会場が高級ホテルなど豪華過ぎる

求職者からの信頼を勝ち得るために、背伸びしている可能性があります。

 

【チェックポイント2】社長しか出てこない

人材の層が薄いことが分かってしまうので、社長しか出てこないケースがあります。このように社員に会社について語らせることを避けたがる企業は要注意です。

 

【チェックポイント3】選考プロセスで、過度に労働条件について説得される

「世の中、普通はこうだから」などと言われ、あきらかに過酷な労働条件を普通であるかのように説得する企業があります。特に残業時間について過度に説得が行われる企業については注意が必要です。入社後の早期離職などを減らすために、現実を伝える企業はありますが、過度に行われる場合は警戒しましょう。

 

【チェックポイント4】すぐに内定がでる・内定後のフォローがない

求職者に逃げられないよう、少ない選考プロセスで内定を出す企業があります。確かに、中小企業では社長面接だけで終わる企業も存在はします。ただ、1回程度の選考で、何を評価したのかも分からないような企業は要注意です。また、内定後連絡がない、他の同期と会わせないなど、フォローを全くしない企業も危ないといえます。

 

いかがでしたでしょうか? お話をまとめると、「ブラック企業」に入らないためには、会社説明会で話を聞くだけではなく、先輩のつてを頼るなどして、実際にその企業で働いている人、働いた経験がある人と直接会い、勤務時間や離職実態など職場の実情について具体的に内情を聞くのが最も有効といえそうです。

 

「自分が想像していた企業とは違う」と入社後後悔することのないよう、これらのポイントを意識してみるとよいでしょう。ちなみに今回取材した「ブラック企業対策プロジェクト」のウェブサイトからは冊子「ブラック企業の見分け方」が無料で閲覧できるので、転職を控えていたり、今後その予定がある人は、一度目を通してはいかがでしょうか?

関連リンク
ブラック企業対策プロジェクト
「ブラック企業の見分け方」pdfデータ

(オススメ記事)
就活・転職活動中にブラック企業を見極める3つのポイント 〜求人広告編〜
限定正社員、クラウドソーシング、ブラック企業…、2013年に注目された新しい“働き方”5選!
【社内サバイバル術】実は違法!?ブラック企業にありがちな5つの社内ルール(栗本裕司)
『日本でいちばん大切にしたい会社』の著者が語る、ホワイト企業を見分ける5指標

 

(識者プロフィール)

常見陽平(つねみ・ようへい) 日本の人材コンサルタント、評論家。HR総合調査研究所客員研究員。著書やAll About News Dig、BLOGOSなどでノマドワークスタイルブームへの批判などを行っている。

上西充子(うえにし・みつこ)法政大学キャリアデザイン学部教授・法政大学大学院キャリアデザイン学研究科教授。専門は若年労働問題、社会政策、キャリア教育。

今野晴貴(こんの・はるき)労働相談を中心に若者の労働問題に取り組むNPO法人POSSE代表。ブラック企業対策プロジェクト共同代表。一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程在籍。著書に『ブラック企業―日本を食いつぶす妖怪』(文春新書)など。