誰かの反対くらい打ち破るようでないと、夢はかなえられない

――高校生のときからかなりお笑いに力を入れていたようですが、ご両親はそのことを知っていたのですか?

    

「高1のときに親に知られてしまいました。塾をさぼってお笑い養成所の試験を受けに行ったんですよ(笑)。その合格通知が家に届いてしまい『これは何だ!?』ということになって。

    

アルバイト禁止だったのでそのお金は私には払えない。結局そのときはお金を払えないので入学を断念して、3年のときに入り直しました。今でも両親は、私にお笑いは向いていないと思っています」

takamatsu_05
    

――親に反対されてでもお笑いをやり続けるのはなぜなんですか。

    

「実は、子どものころサッカー選手になりたいと思っていたことがありました。横浜F・マリノスのジュニアユースチームでサッカーをしていたので、将来は選手になりたかったんです。中学1年になる年に、福島にJヴィレッジというサッカー選手を育成する学校が開校されることになったので、私もそこに入学したいと親に言ったところ、『そんなことのために今まで塾に通わせていたわけじゃない!』と言われてしまい、サッカーをやめさせられてしまったんですね。

    

勉強ができない自分にも劣等感を感じていたので、中学受験をしないという決断もできなかった。サッカーのことはあきらめて、中学受験をやるしかなかったという経験があります。

    

この、『サッカー選手になりたかったのにあきらめた』という体験が、いまお笑いをやり続けている根底にあると思います。親にサッカーをやめさせられたけど、フェリスに入ってからもサッカーを続ける機会って絶対あったはずなんです。女子のサッカーチームに入るなど、道を探せばよかったのに、親が反対したからといってあきらめていた。

    

当時はすごく親のせいにしていたんですね。だから『次にやりたいことを見つけたら、絶対に親のせいにしないで、自分で納得できるところまでやってみよう!』と思ったんです」

    

――夢をあきらめたことを何かのせいにする。誰でもやってしまいがちですよね。

    

「誰かの反対くらいでやめるのなら、その人の思いはそれまでだったと思っています。それを打ち破ってでもやるくらいじゃないと、自分の夢はかなえられない。特にお笑い芸人なんて本当に厳しい世界ですから。

takamatsu_06
    

私も芸人を目指している高校生の話を聞いたりすることがありますが、『働くっていうのは楽しさと大変さが必ずある。それでも進みたいならどうぞ』と話すようにしています。厳しい現実を教えることのほうが多いかもしれません」

 

どんなことも、一歩ずつ歩かないと絶対にたどり着かない

――お笑い芸人としての仕事も忙しいと思いますが、そんななか慶應義塾大学と、東京大学大学院にも通っていますね。なぜダブルスクールをすることにしたのでしょうか。

    

「お嬢様ネタって、『お嬢様=世間知らずなところが面白い』と人に言われたんです。私としては、教養はあると思っていたのに(笑)。世間知らずと思われている人間が社会問題を語っても説得力がないので、どうすればいいか考えました。

    

『このままではお笑いジャーナリストにはなれない、もっと勉強しなきゃ』と思ったので東大大学院に入りましたし、政治について学ぶ塾にも入りました。短い目で見たら大学院なんて入らないほうがいいし、なるべくお笑いの仕事を突き詰めたほうがいいとは思うのですが、将来的には勉強が必要だと思ったので、ダブルスクールを決めたんです」

takamatsu_07
    

――すでにお笑い芸人として有名になっていますが、たかまつさんが目指しているお笑いジャーナリストという夢は、まだまだ先にあるんですね。

    

「はい。お笑いジャーナリストになりたくてこの世界に入ったのだから、それはずっと言い続けたいと思っています。転んでもいいっていう気持ちで今はやっています」

    

――夢を追いかける過程で失敗してもいいと。実際にうまくいかなくて、落ち込むことはないですか?

    

「しょっちゅうありますよ。強く見せているだけ。実は失敗するとけっこう引きずっちゃう性格なんです(笑)」

    

――うまくいかないとき、ストレスを発散する方法は?

    

「登山ですね。本当に落ち込んだら山に行きます。中学のときのハイキングクラブの仲間と一緒に、夏は北アルプスに行ったりしています。     

登山てつらいんですけど、山頂にたどり着くと気持ちがいいんですよね。きれいな景色が待っているし、達成感が半端じゃない。どんなことも、一歩ずつ歩かないと絶対にたどり着かないなって、登りながらいつも思っていますね」

 

【たかまつさん単独ライブの告知】

    

今年もたかまつななさんの単独ライブが開催予定です。彼女の魅力がたくさん詰まったライブに、ぜひ足を運んでみてください!

 

    

■たかまつなな単独ライブ第06回公演 「井の中のペルシャ猫」

    

日時:2015年10月08日(木) 開場:19:00開演:19:30

    

場所:なかの芸能小劇場

    

料金:前売り(予約)2000円、当日2500円

    

※詳細やお申し込みはこちらから。

 

    

■【慶應大学×お笑い】たかまつななの笑えて学べるニュース —国際協力編—

    

日時:2015年12月01日(火) 開場:18:30開演:19:00

    

場所:慶應義塾大学日吉キャンパス 来往舎シンポジウムスペース

    

料金:0円

    

※詳細やお申し込みはこちらから。

 

プロフィール

1993年横浜生まれ。慶應義塾大学総合政策学部4年。2015年4月から、東京大学大学院情報学環に通っていることが話題となり、Yahoo!のトップニュースになる。夢はお笑いを通して、社会問題を発信すること。政治塾に通い、国際協力や清掃活動などボランティア活動に精力的に行う。現在、YouTube「たかまつななチャンネル」で動画更新中。お笑い界の池上彰を目指し、現在フリーで活動中。R-1ぐらんぷり2013セミファイナリスト、日本テレビ「ワラチャン!」優勝、ABCお笑いグランプリ決勝進出。

(オススメ記事)
【為末大の未来の授業Vol.1】現代キャリア学 –理想に近づくには遠回りも必要?-