キャリアのなかでも、20代は一番成長する時期だといわれます。そんな20代で大きく飛躍するために欠かせないのが、チャレンジ精神。困難な課題に挑戦し、乗り越えた経験が、その後のキャリアに生きてくるのです。

「でも、挑戦するのは怖い……」というビジネスパーソンのために、今回はチャレンジ精神を身につけるために役立つ記事をピックアップしてご紹介します!

 

自分が自分のコーチになれる!

隙間時間でやる気が劇的に上がる! “5分間セルフコーチング”方法5つ

 

挑戦をためらってしまう自分を励ましたり、叱ってくれる「コーチ」がいたら……。そんなふうに思ったことがある方もいるでしょう。でも実は、上司などに頼まなくても、自分が自分のコーチになる方法があるのです。

日々の仕事や勉強など、あらゆる生活シーンにおいて、心の中でもう一人の自分と対話することで、モチベーションを高めたり、理想的な自分に自分を導いたりすることができる「セルフコーチング」。この記事では、忙しいビジネスパーソンでも、お昼休みや通勤時間などの隙間時間でできる“5分間コーチング”の方法を、スポーツメンタルトレーナーの高畑好秀さんに教えてもらっています。

 

→記事を読む

 

チームワークはチャレンジ精神の源

有意義に休日を過ごす秘策!? やる気UPする“チームワーク映画”5選

 

挑戦は必ずしもひとりでするものではありません。社内のチームで商品を開発したり、社外のパートナーとイベントをつくり上げたりと、自分以外のだれかとともに課題に立ち向かう経験は、多くのビジネスパーソンに心当たりがあるでしょう。逆に言えば、一緒に取り組むメンバーとの人間関係が良いものでないと、挑戦しようとする意欲が削がれてしまうことにもつながるのです。

この記事では、「チームが団結している楽しさを感じ取れる“チームワーク映画”を見ると、自然とやる気は出てくるはず」と語るブロガーの伊藤聡さんに、チームワークをテーマにオススメの映画を選んでもらいました。チームでなにかに挑戦している方は、これらの映画を見てみると「やってやるぞ!」という気持ちが湧いてくるかもしれません。

 

→記事を読む

 

挑戦できないのは自己効力感が低いから?

驚くほど自信が湧いてくる! 自己効力感を高める5つの方法

 

挑戦に踏み切れないのは、自分に自信が持てないから、言い換えれば「自己効力感」が低いからかもしれません。

「自己効力感」とは、自分が課題を克服できるという期待や自信のこと。この自己効力感が低く、「自分はできない人間だ」と思ってしまうことは、挑戦の妨げになります。

そこでこの記事では、自己効力感についての基本的な知識や自己効力感を高めるための方法を、一般社団法人モチベーションアカデミーの理事である佐藤基之さんに教えてもらいました。チャレンジ精神を高めるための参考にどうぞ!

 

→記事を読む

 

ロールモデルの存在が背中を押してくれる

【お笑い芸人・石井てる美-前編】異色エリートの人生概論 -私がマッキンゼーに入社した本当の理由-

【お笑い芸人・石井てる美-後編】超異業種転職学 -私がマッキンゼーを退職してお笑い芸人になった理由-

自分を変えたいと思ったとき、自分の理想と近いロールモデルを見つけるのはいい方法の一つ。「挑戦」という意味では、お笑い芸人の石井てる美さんの例は参考になります。

石井さんは東京大学大学院を卒業後、コンサルティング業界トップといわれるマッキンゼー・アンド・カンパニーに就職しました。しかしなんとその後、お笑い芸人に転身、活躍しています。

だれもがうらやむような肩書きを捨て、まったく新しい仕事へ。石井さんの挑戦の背景にあった思いは、きっと皆さんの背中を押してくれるはずです。

 

→記事を読む:前編

→記事を読む:後編

 

転職という挑戦に年齢制限はない

転職の限界は何歳まで? 転職限界年齢のウソ・ホント

この記事を読んでいる方のなかには、転職という挑戦に踏み出すかどうか悩んでいる方もいるかもしれません。そんな方に役立つのがこの記事。28歳、32歳、35歳といった“転職年齢限界説”について、本当のところを株式会社インテリジェンスのキャリアカウンセラーである中谷正和さんに聞いています。

中谷さんによれば、転職に関しては実は年齢のリミットよりも、自分のスキルについて考えるほうが大事だそう。年齢が理由で転職を迷っている方は、自分の伸ばすべきスキルはなにか、そしてそのスキルを伸ばすためにはどんな仕事をしたらいいのかと、発想を転換してみるといいでしょう。

 

→記事を読む

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。チャレンジ精神をつけたいと思っている方は、ぜひ今回紹介した記事を参考にしてみてくださいね!