「5分も集中力が続かない」「用がなくてもスマホをいじってしまう」「デスクに座った瞬間眠くなる」……あるある!と、うなずいた方にオススメしたいのが、短時間の集中作業を繰り返す「ポモドーロテクニック」です。

集中と休憩を交互に行うことで、常に集中できる状態をキープするというテクニックは、その方法もとっても簡単。今すぐ始められる!生産性をぐんと上げるポモドーロテクニックをご紹介します。

 

タイマー機能だけで始められる、ポモドーロテクニックのやり方

ポモドーロテクニックの歴史は意外と古く、1980年代のイタリアで発案された集中力と作業効率を上げるメソッドです。ちなみに「ポモドーロ」とは、イタリア語で「トマト」のこと。発案した人物が、時間を計るときにトマトの形をしたキッチンタイマーを使用していたことが由来だそうです。

ポモドーロテクニックのやり方は以下のとおりです。

 

1.25分を「1ポモドーロ」とし、25分間、ほかのことは一切やらず決めたタスクに集中する

2.25分経ったところで、5分間の休憩を入れる

3.4ポモドーロごと(2時間ごと)に30分ほどの長い休憩をとる

4.上記を繰り返す

 

つまり「25分間作業+5分間休憩」を1セットにして、短時間で作業に集中し効率性を高めるという方法です。一度にあらゆる作業を同時にこなす「マルチタスク」ではなく、ひとつのタスクに集中する「シングルタスク」というスタイルで行います。

スマートフォンのタイマー機能などを使用すれば、誰でもすぐに始められます。

 

ただし「1ポモドーロ」の間には電話対応なども含め、ほかの作業をしてはいけません。もし中断されたらそこで「1ポモドーロ」は終わり、また新たに「ポモドーロ」を始めなくてはいけない、というルールなのです。

 

強制的に時間で区切ることにより、仕事のスケジュールが立てやすくなる!

ポモドーロテクニックは脳を短時間に集中させる訓練であり、続けることで注意力や集中力が強化されるといわれています。

 

「25分という短時間では、キリのいいところまで作業できないのでは?」と思われるかもしれません。

しかし、だらだらと続けてしまう作業や、面倒な仕事を先延ばしにしてしまう人は「25分だけなら」と、仕事に取り組みやすいのではないでしょうか?

 

また、このテクニックは開発者やデザイナーなどのクリエイティブな職種の人から特に多くの支持を得ているとのこと。例えば、実際に作業していると「こんなに時間をかけるはずではなかった」と、自分の見込みと作業時間が違う場合があります。

ほかにもアイデア出しなど可視化しづらい作業も、きちんと時間で区切ることで「この作業にはこれくらい時間がかかるんだ」と自覚することができ、仕事のスケジュールが立てやすくなるという効果があるのだとか。

 

逆に、ポモドーロテクニックを続けていると25分間の緊張感がなくなり、ダラダラと作業してしまうこともあるため、「このタスクは絶対に2ポモドーロで終わらせるぞ!」という目標を立て作業に取り組んでもよいかもしれません。

 

「ポモドーロ」の数にこだわりすぎないことも大切

ポモドーロテクニック実践者の声で多いのは、「これだけしかやってはいけないと思って集中しているので、脳が疲れる」ということ。

1日にこなすポモドーロの数が増えると「何時間集中できたか」という指標や励みにもなりますが、集中している分、体力の消耗も激しいという面もあります。そこで、休憩の質を上げたり、頭を使わないタスクはポモドーロテクニックを使わずにこなす、という工夫も必要です。

 

人によっては、「絶対に1日10ポモドーロこなす」とポモドーロの数にこだわりすぎてしまい、目標が達成できないときにかえってストレスになってしまうという場合もあるようです。

しかしポモドーロは「どうしても集中できない」という人へ向けたシステム。 そのため、こなした数は問題ではなく、「仕事が波に乗っているときにポモドーロのタイマーが鳴ったとしても、作業を中断する必要はない」という意見もあります。

まずは自分自身を「集中モード」へ導くための手段として、ポモドーロテクニックは有効だといえるでしょう。

 

まとめ

シンプルなアイデアなのでそれだけすぐに取り入れやすく、さらには続けていくことで集中力アップにつながるというポモドーロテクニック。Google Chromeの拡張機能である「Simple Pomodoro®」をはじめ、アプリも多数出ているようです。

先ほど挙げたような「作業時間を見直したい」「つい仕事を先延ばしにしてしまう」という人は、一度このポモドーロテクニックを取り入れてみてもよいかもしれませんね。

※ちなみにこの記事は、2ポモドーロの執筆時間、1ポモドーロの推敲(すいこう)で書かれました。

 

(オススメ記事)
あなたの作業効率はもっと上がる! 鍵となるワーキングメモリーとは?