あなたはどのようなツールを使って、転職活動を進めていますか?

求人サービスのメールマガジンやスカウト、年収査定やキャリアタイプ診断。こうして振り返ってみると、Web上のサービスばかりではないでしょうか。しかし転職を決める大きなきっかけは、お互いに面と向かってはじめて分かる“リアル”な相性。
そんな相性が面接前に直接確認できる場が、転職イベントです。

実は転職イベントといっても、その種類はさまざま。今回は「転職イベント初心者」向けに、代表的な転職イベントの種類とそれぞれが持つ特徴やメリットをまとめてみました。

 

転職イベントは大きく分けて3パターン!

転職イベントは数多く開催されていますが、中でも「求人企業の採用担当者と会って直接情報収集できる」ことがメリットのイベントは3種類あります。開催規模やあなたの転職活動の進み具合によって、どのイベントがマッチしているかチェックしてみましょう。

 

DODA転職フェア

多種多様な企業に会える大規模イベントです。さまざまな業界・業種の企業がブースを出展します。自由に企業ブースを訪問できるので、気軽に幅広く情報収集が可能。「そろそろ転職しようかな……」と考えている段階で、いろいろな企業の話を聞いてみたい人にオススメです。

まずはここから興味がある業界を探してみるのも良いでしょう。

 

合同転職説明会

同一業界や同一職種、同一エリアなどで募集を行う企業の複数社が合同開催する転職イベント。業界研究の第一歩として希望する業界への理解を深め、同じ業界でも企業ごとの違いを比較したい人はこの説明会へ行ってみましょう。

また、希望職種がある場合は、イベントに出向いたうえで自分に合った企業を効率良く探すこともできます。

 

会社説明会

1社単独で開催している説明会です。その会社のビジネスモデルや働き方をじっくり聞くことができます。応募先の企業を絞り込むとき、具体的な業務内容に興味が湧いたらぜひ足を運んでみましょう。

 

選考で効果的な自己PRをするために、その企業の情報収集は欠かせません。もし会社説明会が開催されたらぜひ参加してみてくださいね。

DODAイベント情報では、近日開催される無料転職イベントの情報を掲載しています。転職を検討している人はぜひチェックを!

 

転職イベント徹底比較

続いて、上記に挙げた3種類の転職イベントについて、それぞれのメリットや開催頻度、1社ごとの面談時間などをまとめてみました。

 

DODA転職フェア

<メリット>

大規模なイベンドのため、一度に効率良く多くの企業の話が聞けるという点が大きなメリットです。また、DODA転職フェアの回り方や、転職活動のしかたが分からない方のためのサポートも充実

同時開催の業界研究セミナー、面接・書類対策セミナー、著名人の講演などで求人情報以外のノウハウもゲットできます。

 

<開催頻度>

東京・名古屋・大阪・福岡エリアで年12回

 

<参画社数・来場者数>

約300社・約15,000人※東京開催の場合

大手企業から中小零細規模の企業まで幅広い企業が参画します。自治体やNPO、「リアルイベントはDODA転職フェアだけ」という企業が参画することも!

 

<1社あたりの面談時間>

10~20分

 

直近で行われるDODA転職フェアはこちらをチェック!

 

合同転職説明会

<メリット>

「第二新卒歓迎」「女性が活躍」「○○エリア勤務」などテーマごとに開催されることが多いため、希望する分野の企業にまとめて会うことができます。同一業界・同一職種の企業を一度にチェックできるので各社の違いが比較可能に。また、採用担当者と1対1でじっくりと話ができる点もポイントです。

 

<開催頻度>

月に3~4回 ※エリアによって開催頻度が異なります

 

<参画社数・来場者数>

3~10社・20~50人

大手企業からアーリーステージの少数精鋭企業、知る人ぞ知る業界優良企業など、開催テーマによってバラエティーに富んだ企業が参画します。

 

<1社あたりの面談時間>

15~60分

 

直近で行われる合同転職説明会はこちらをチェック!

 

会社説明会

<メリット>

採用面接前に企業の人物と接することができるため、企業ホームページや求人情報だけでは分からない詳しい情報を収集できる点が大きなメリット。自己PRや志望動機が深まり、面接通過率がUPすることも? その企業で働くイメージが湧きやすく、入社前後のギャップを小さくすることもできます

 

<開催頻度>

随時

 

<参画社数・来場者数>

1社のみ・数人~30人

中堅以上の企業規模で、複数の部門やポジションを並行して求人している企業での開催が多いです。

 

<1社あたりの面談時間>

30~60分

 

直近で行われる会社説明会はこちらをチェック!

 

転職イベントに参加する際の注意点

事前予約は要チェック

参加の申し込みについては基本的に事前登録が必要なものがほとんど。それぞれの合同転職面談会会社説明会の専用ページから申し込み、参加可否の連絡を待ちます。

また、参加条件に対象となるキャリアやスキルを設定している場合があるため、参加要項もきちんと読んでから申し込みましょう。

 

服装や言動は最低限のビジネスマナーを押さえて

スーツ着用は必須ではなく、自由な服装でOK。

ただし、企業の人事担当者と話す場合を想定し、あまりラフな服装は避けたほうが無難です。直接話してお互いの感触が良ければ「ぜひサイトから応募を」という流れになる可能性もあります。ビジネスパーソンとして失礼のない服装や振る舞いを心がけましょう。

 

就職希望者たちの、転職フェア参加のきっかけ

DODAの転職フェアアンケートによると、「はじめて参加している」という回答が70.2%と大半を占めます。つまりほとんどの人がはじめての参加で、はじめてでも気軽に参加できるイベントでもあるのです。

来場のきっかけはやはり「生の情報が収集できる」がトップに。企業の担当者と直接話せる機会は、リアルイベントならではのメリットです。また、多数の企業が出展するため、応募や面接前に比較検討できる点もフェア参加理由として挙げている方が多いよう。

 

まとめ

どんなにWeb上で情報収集をしたり、エージェントサービスを使ったりしても、やはりリアルに企業担当者と顔合わせができる転職フェアへの参加は、転職活動を進めるうえで欠かすことはできないもの。たとえ検討中の段階でも、その企業について分からないことや確認したいことがあれば、この機会に思い切って担当者と話をしてみましょう。

また、DODAでは転職フェアのほか、キャリアアップに生かせる多数のリアルイベントやセミナーを開催中。面接準備セミナーに、キャリアアドバイザーとの個別相談会、また女性向けのキャリアイベントなど、どれも無料で気軽に参加できますよ。自分にマッチしたイベントを探し参加して、ぜひ自分のキャリアづくりに役立ててみてくださいね。

 

(オススメ記事)
在職を続けるべきか転職すべきか…もう悩まない! キャリアチェンジへの道