期日間近でいますぐ取りかからなくてはならない業務があるのに、頭も体も動いてくれない……。体調が悪いわけではないのに、なんだかだるいな……。そんなことってありませんか? 「新しいことが苦手」「行動力がない」「人づき合いが好きじゃない」――一見すると性格から生じていそうな“めんどくさい”の原因は、実は「人の脳がもともとめんどくさがりだから」と説くのが、株式会社脳の学校 代表取締役で医師・医学博士でもある加藤俊徳さんです。

今回は、いますぐ“めんどくさい”病から脱却するための脳力アップ法についてご指南いただきました。

 

“めんどくさい”は、脳が発するメッセージ

人はどうして、やらなければいけないと分かっていることでも、それを頭の中で「面倒なこと」だと捉えてしまうのでしょうか。ベストセラーにもなった『脳の強化書』シリーズの著者で、2017年には『「めんどくさい」がなくなる脳』を発表した、株式会社脳の学校 代表取締役で医師・医学博士、加藤俊徳さんにお話をうかがいます。

 

まず、そもそも「めんどくさい」とは何なのでしょう?

 

「例えば、20代の人はテレビゲームを“めんどくさい”と感じる人は少ないと思います。でも、50歳を過ぎている私からすれば、テレビゲームをすることがとても“めんどくさい”(笑)。人は好きなことに対して、めんどくささを感じません。すなわち同じ事柄であっても“めんどくさい”と感じるかどうかは人それぞれなのです」(加藤さん、以下同)

 

そもそも“めんどくさい”という感情は「人間にとって正常なもの」だと加藤さん。人間の脳は酸素が行き渡ることで覚醒しやすく、覚醒していればさまざまな情報処理を行うことができます。しかし覚醒しにくい状態だと、注意力が散漫になり、情報処理も思うようにできません。

 

「この状態で何かをやろうとすると、途端に“めんどくさい”という感情が湧き出てくる。いわば“めんどくさい”は『まだ動けません』『やりたくありません』という、脳からメッセージなんです」

 

8つの「脳番地」から、自分の脳の個性を知る

仕事上のケースとしては「不慣れなこと、不得意なことを求められたとき」に、人の脳は“めんどくさい”のメッセージを発することが多いのだとか。加藤さんはそれを理解する前提として、人の脳についてこんな興味深い話をしてくれました。

 

「脳は大きく分けて8つに分類できるんです。私はこれを“脳番地”と呼んでいます」

 

〈8つの脳番地〉

理解系 思考系 記憶系 伝達系 運動系 視覚系 聴覚系 感情系

 

加藤さんによれば、どの脳番地が発達していて、どの脳番地があまり発達していないかは、「人それぞれ」だそう。自分にとって不得手な脳番地に刺激が入ってくると瞬時に処理ができず、それが“めんどくさい”につながりやすいそうですが、「それこそがおのおのが持ち得る脳の個性」とのこと。

 

「“めんどくさい”も、この8つの脳番地に対応するかたちで発動しやすいのです。スポーツ選手など、運動が好きな人に『ちょっと走ってきて!』と言えば難なくこなしてくれるでしょうが、運動が苦手な人――運動系脳番地があまり発達していない人――にそれを命じると“めんどくさい”と感じる、それと同じこと。とくにビジネスシーンで大事なのは、自分がどの脳番地が得意・不得意なのかを理解することです」

 

〈8つの脳番地に対応する、8つの“めんどくさい”の例〉

理解系…人の話やそのときの状況を理解するのが“めんどくさい”

思考系…手順の多い仕事が“めんどくさい”

記憶系…あのときの大変な作業をまたやるのが“めんどくさい”

伝達系…人との密なコミュニケーションが“めんどくさい”

運動系…外出や地方出張が“めんどくさい”

視覚系…目で見た情報を正確に処理するのが“めんどくさい”

聴覚系…耳で聞いたことを正確に処理するのが“めんどくさい”

感情系…人の感情に配慮するのが“めんどくさい”

 

「ご自身の経験を振り返ってみてください。学校の授業科目でも、国語や数学では気だるそうにしていたのに、図工とか体育の時間になると人が変わったようにイキイキとする人っていましたよね? 例えば『聞くのと見るの、どっちの方がラクだと感じるか』といったことが分かれば、“めんどくさい”と感じる対象の特性が見えてきます。

また、仮に上記の『理解系』『思考系』に該当する脳番地から“めんどくさい”を感じたら、階段を上り下りしたり(運動系)、音楽を聴いたり(聴覚系)して別の脳番地を適度に刺激する。

そうすれば、その間、理解系や思考系が休まり、同じ作業に対しても“めんどくさい”が起こりにくくなります」

 

睡眠不足も“めんどくさい”の要因に……

さらに加藤さんによると、脳の酸素不足や低覚醒を生み出す6時間以下の睡眠、つまり、睡眠不足も、昼の時間帯で脳が覚醒しにくいときなどに“めんどくさい”を発動させやすくなるのだとか。「ほかにも、疲労や体調不良、空腹時なども人は“めんどくさい”と感じやすくなります」。

 

「脳を覚醒させるには、頭の体操が必要です。人の脳は、右半身を左脳が、左半身を右脳が司っています。右利きの人なら、日常生活の中でよく右手を使っているため左脳が覚醒しやすい。ですので、例えば朝起きたときなどに、左手で新聞紙を丸めたりするなど、生活の中で覚醒しにくい方の脳を刺激してあげましょう。そうすると、脳全体の覚醒をうながす効果があるはずです」

 

では、できるだけ“めんどくさい”と思わない脳にするにはどうしたらいいのでしょう? 加藤さんは「させられ脳から『する脳・したい脳』へと切り替えよう」と若手ビジネスパーソンに指南します。

 

「先ほど申し上げた通り、“めんどくさい”は目前のシチュエーション(例えば、上司からの作業指示など)に対する、脳からの『できません』『やりたくありません』というメッセージ。いわば心のブレーキです。しかし、なかには『あ~。めんどくさい、めんどくさい』と言いながら、やるべきことをさっさとやり始める人もいる。さっさと始められる人は何が違うのかというと、脳がそのシチュエーションを自分なりに咀嚼(そしゃく)し、その作業を『したい!』『やりたい!』へ切り替え、すぐにやり始める環境を整えているのです」

 

“めんどくさい”がやる気スイッチになることも

なぜ「する脳・したい脳」へと切り替えることができるのか――その要因の1つは「作業の手順化」だと言う加藤さん。先の8つの脳番地の中でも、理解系・運動系がうまく働けば「キビキビと動く」という行動につながりますが、とりわけ、次の行動につなげるには理解系脳番地の「理解」をうながすことが効果的なのだとか。

 

「理解系脳番地に仕事の内容や自分の役割を理解させるには、手順の明確化が必要なんです。例えば、お手玉が上達するコツは、お手玉の作業を『①投げ上げる』と『②片方の手からもう片方の手に渡す』というプロセスに分けて考えてみる。

それと同様で、誰かから丸投げされてどこから手をつけてよいか分からない、すなわち理解系脳番地が働かずに“めんどくさい”と思えるような仕事も、『最初は①、①が決まれば②、次は③……』と、作業をプロセスごとに細切れに切り出して、手順の視覚化をすることが大切なんです」

 

脳番地のことが分かると、仕事のやり方から準備の仕方まで、さまざまな角度からの改善方法やアプローチの方法が見えてきそうですね。そうすることで「めんどくさい」がなくなれば、大幅な業務の効率化だって見込めることでしょう。

20代の皆さんも、まずは自分の得意・不得意とする「脳番地」を見つけることから始めてみませんか?

(取材・文:安田博勇/編集:東京通信社)

 

(オススメ記事)
疲れが取れないのは睡眠不足のせいじゃない!? 疲労を回復する方法はこれだ!
キャリアアップには必須スキル? やる気を向上させる「メンタリング・マネジメント」とは
隙間時間でやる気が劇的に上がる! “5分間セルフコーチング”方法5つ

 

識者プロフィール
加藤俊徳(かとう・としのり)

加藤俊徳(かとう・としのり)
医師/医学博士/脳内科医。加藤プラチナクリニック院長、株式会社「脳の学校」代表。新潟県生まれ。14歳のときに「脳を鍛える方法」を知るために医学部への進学を決意。1991年脳活動計測「fNIRS法」を発見。現在、世界700カ所以上で脳研究に使用され、新東名高速道路走行中の脳活動計測にも成功。
95年から2001年まで米国ミネソタ大学放射線科MR研究センターでアルツハイマー病や脳画像の研究に従事。帰国後、慶應義塾大学、東京大学などで、脳の研究に従事。MRI脳画像を用いて、胎児から超高齢者まで1万人以上の脳を診断し治療。2006年、株式会社「脳の学校」を創業。2013年、加藤プラチナクリニックを開設。ビジネス脳力診断、発達障害や認知症などの予防脳医療を実践。著書に『脳の強化書』シリーズ(あさ出版)、『脳が知っている怒らないコツ』(かんき出版)、『脳科学者 加藤俊徳の脳若返り革命ドリル』(主婦の友社)、近著に『「めんどくさい」がなくなる脳』(SBクリエイティブ)がある。