決定版!一目でわかる20代の貯蓄額(全50職種) 決定版!一目でわかる20代の貯蓄額(全50職種)

正社員として就労中の22歳~29歳を対象に行った調査を元に貯蓄の実態をまとめました。営業系、ITエンジニア、企画/事務系、モノづくりエンジニア、金融系専門職、メディカル系専門職、建築・不動産系専門職、クリエイティブ系、販売/サービス系の9分類、全50職種の平均貯蓄額、貯蓄最高値、貯蓄額分布、順位を図解します。

全体平均


貯蓄額分布図平均貯蓄額と最高額貯蓄額分布図


ポイント
調査の結果、20代の平均貯蓄額は259万円でした。貯蓄額の分布を見ると、「50万円未満」が最も多く25%、次いで、「100~199万円」(19%)、「51~99万円」(15%)が続き、約6割の人は貯蓄額が200万円未満ということがわかりました。一方、「500~999万円」(10%)、「1000万円以上」(5%)という人もおり、20代でも貯蓄額は人によって大きく異なるようです。
職種別に見ると、平均貯蓄額が最も多い職種は「経営企画/事務企画」の484万円。次いで、2位の「法務」(446万円)、3位の「広報」と「薬剤師」(423万円)が続きます。1位の「経営企画/事務企画」の貯蓄分布を見ると、「1000万円以上」が22%を占めており、他職種に比べ高額貯蓄者が多い傾向が見られました。その他、貯蓄額「1000万円以上」の割合が多い職種は、「人事」(19%)、「調査・リサーチ」(18%)、「法務」(17%)、「購買・物流・貿易」(16%)と、企画・事務系の職種がTOP5を占めていることがわかりました。

営業系


  • 商社-営業
  • メーカー-営業
  • IT-営業
  • 不動産・住宅-営業
  • 広告-営業
  • 金融-営業
  • サービス-営業
  • MR

PAGE TOP

貯蓄を増やすために、まずは年収を見直そうキャリアをもとに「適正年収」を無料で診断!

適正年収を診断してみる


年収アップで、貯蓄を増やす!高年収(600万円以上)の求人を探してみよう! → 求人一覧はこちら

貯蓄を増やすために、まずは年収を見直そうキャリアをもとに「適正年収」を無料で診断!

適正年収を診断してみる


年収アップで、貯蓄を増やす!高年収(600万円以上)の求人を探してみよう! → 求人一覧はこちら

貯蓄を増やすために、まずは年収を見直そうキャリアをもとに「適正年収」を無料で診断!

適正年収を診断してみる


年収アップで、貯蓄を増やす!高年収(600万円以上)の求人を探してみよう! → 求人一覧はこちら

貯蓄を増やすために、まずは年収を見直そうキャリアをもとに「適正年収」を無料で診断!

適正年収を診断してみる


年収アップで、貯蓄を増やす!高年収(600万円以上)の求人を探してみよう! → 求人一覧はこちら

貯蓄を増やすために、まずは年収を見直そうキャリアをもとに「適正年収」を無料で診断!

適正年収を診断してみる


年収アップで、貯蓄を増やす!高年収(600万円以上)の求人を探してみよう! → 求人一覧はこちら

【 調査概要 】
■対象者
22~29歳のホワイトカラー系職種の男女
■雇用形態
正社員・契約社員
■調査手法
ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
■実施時期
2012年3月10日~2012年3月11日
■有効回答数
3,000件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加