次世代リーダーによる未来の授業

【中村貞裕の未来の授業Vol.1】最強ジェネラリストの生き方論 -ミーハーはスペシャリストに負けない才能?-

掲載日:2013/05/29

next_0001_Vol1Vol1eyecatch

PROFILE

中村貞裕/1971年東京都生まれ。慶應義塾大学卒業後、伊勢丹を経て、2001年にトランジットジェネラルオフィスを設立。カフェブームの立役者としてカフェ「Sign」をはじめ、アパレルブランドのカフェや「bills」などの運営を手掛けるほか、大阪の「堂島ホテル」、「the SOHO」などホテルやオフィス、商業施設のブランディングやプロデュースなど、その仕事は多岐に渡る。8月には「bills」のハワイ進出を控えている。

毎回、さまざまなジャンルの次世代を担うエキスパートを講師に迎え、来るべき未来への基礎体力を養成する、20代のための授業。第2回目の講師は中村貞裕さんです。

 

ミーハーというコンプレックス

高校生だった僕は「いい大学」に入ることが目標(ゴール)で、それを達成することに全ての情熱を注いでいました。晴れて希望の慶應義塾大学に入学してからの大学生活は、人が集まる場づくりに興味があったので、パーティーの企画に明け暮れる日々…。就職活動するときまで「将来は何になりたいか」についてはまったく考えなかった。読者にもそういう人は少なくないのでは? 僕が伊勢丹を受けたのも「合コンが多い、キレイな社員がいっぱいいる」という先輩の売り文句に「楽しそうだな」と感じたのが正直な理由(笑)。一方で、そういうミーハーな自分をコンプレックスにすごく感じていたんですよ。

next_0001_interview1

 

スペシャリストではなくジェネラリストに

ミーハーであった僕は、10代のころから流行に飛びつくのは誰よりも早かった。スケボー、ギター、テニス、DJ…。でもすぐに飽きてしまって、どれも長続きしなかった。20歳を過ぎた頃になると、当時一緒にやっていた周囲の友人は、それぞれのジャンルで一定の成果を出して活躍するスペシャリストになっていたんです。その事実を知ったとき、「中途半端でどれも投げ出したミーハーな自分には何もない」と、情けない気持ちを味わっていました。

でも改めて自分を見つめ直したときに「今、何が流行っているか」ということに関してはとても敏感で、周囲の友人からも“とりあえずいろんな流行や話題のことを知っている人”として、「今、何が面白いの?」「話題の○○って実際どうなの?」と、あれこれ聞かれる自分というのを発見したんです。

このときに、突出した100の才能を1つ持っているスペシャリストを「100(の才能)×1」とするならば、才能・技能は1しかなくとも、100個のコンテンツに興味を持ってかじっていれば、「1(の才能)×100」のジェネラリストになれるということに気づけたんです。超ミーハーな自分もジェネラリストとしての道を極めたら、スペシャリストの人とも対等に渡り合える可能性がある。そうであるならば、広く、浅く色々なことに興味を持って、あらゆるジャンルで知識を持った、ジェネラリストとして生きていこうと決心したんですよ。

 

カリスマバイヤー藤巻さんとの出会い

「ジェネラリストになる!」といっても伊勢丹に入社してからの最初の1年間は、華やかなイメージとは裏腹に店頭での品出しやストック管理に勤しむ地味な日々を送っていました。「辞めたいな」と考えていた頃、「解放区*」というプロジェクトをカリスマバイヤーの藤巻幸夫さんがやっているというのをTVで知りました。これに触発された僕はなんとか藤巻さんの下で働きたい! と考えて粘り強く必死にアプローチをしました。その甲斐あって、入社2年目から憧れの藤巻さんの下で働くことができるようになり、そこでミーハーな自分の能力を活かせる場を持たせてもらうチャンスをもらえたんです。

*解放区 … 若手デザイナーの作品を展示販売する編集売り場。本館一階の中央という一番良い場所で展開し、話題を集めた。

next_0001_interview7

 

リーディングカンパニーに就職するメリット

就職活動をしていた当時は「なんとなくモテそうだから」という理由で、広告代理店やテレビ局などのマスコミ関連の企業を、そして他には、伊勢丹などの、その業界を牽引するような大手企業を受けていました。今になって思い返すと、その選択は間違っていなかったと思います。それはリーディングカンパニーに就職することで、自分がその「ブランド」を使って人に会うことができたから。

業界や会社の規模は違えど、有能なスペシャリスト達、仕事での「勝ち方」を知っている人たちに会うチャンスは、ブランド力のある会社ならではだと思います。僕は社内で藤巻さんというカリスマに出会い、社外で「伊勢丹」という看板を使ってパーティーを開催することで、様々な人脈を築くことができました。なので、とにかく一流企業を目指すというのは、多いにアリだと思いますね。

 

本日の授業のおさらい
  • 1.広く浅くのミーハーを極めて、頼られるジェネラリストに!
  • 2.尊敬できる先輩を見つけて、自分を売り込もう!
  • 3.リーディングカンパニーで「勝ち方」を学ぶ!

自分自身の生き方を追求して、“はたらくを楽しむ”スキルを身につける無料セミナー

LEADER'S CAMP 2020
開催中!

 

この記事の関連タグ

関連記事

2016.11.04

コンパスニュース20

人生を楽しくするための「仕事選び」。“好き”以外で選ぶと、仕事はこんなに面白い!

「収入やスキルのアップ」、「人間関係などの職場環境の向上」などなど、転職を考え始める理由はさまざま。そんな中、結構な割合で「好きなことを仕事にしたい」という転職理由を耳にします。 確かに、1日24時間のうち1/3もの時間…

続きを読む

2016.06.21

コンパスニュース20

最小限のモノで最大限の人生を…「ミニマリスト」という生き方とは

近年、話題を集めている「ミニマリスト」。いったい、どんなライフスタイルやどういう考え方をそう呼ぶのでしょうか。 そこで今回は『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』の著者である佐々木典士さんに、ミニマリストとしての生き方や仕…

続きを読む

2016.06.20

コンパスニュース20

シリコンバレーで需要急上昇中! 「グロースハッカー」ってどんな仕事?

いまシリコンバレーで需要が急上昇している職種があります。それは従来とはまったく異なる手法と価値観でブランドを急成長させる「グロースハッカー」。 “ハッカー”という言葉からエンジニアやプログラマーなどの技術者を連想してしま…

続きを読む

2016.06.17

コンパスニュース20

管理栄養士が徹底解説! 残業後や飲み会で食べてもOKな夜食とは?

皆さんは、残業で遅くに帰宅した後に食事を取るときや、残業中に何かを食べたくなったとき、遅い時間からの飲み会に参加したときなど、「夜遅くに食べると太るのでは?」「睡眠に悪影響があるのでは?」と心配になることはありませんか?…

続きを読む

2016.06.15

コンパスニュース20

節約したいビジネスパーソン必見! 「お弁当」の基礎中の基礎

ビジネスパーソンにとって、毎日の節約は切実なもの。その方法として真っ先にあがるのが「お弁当」。しかし自炊はあまりしたことがない、する暇がない、という人にとっては、ちょっと敷居が高いものです。 「お弁当づくりって何からはじ…

続きを読む

今すぐ!twitterでチェック!

キャリアコンパスをみんなに広めよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加