収入、労働環境、ワークライフバランス……転職を決意する理由は人それぞれです。20代のビジネスパーソンは、いったいどのような理由で転職を決めているのでしょうか。

今回のはたらき世論調査では、業種別に20代の転職理由をランキングにまとめました。はたして皆さんの業種では、どんな理由で転職をする人が多いのでしょうか?

 

20代全体

まずは20代全体の転職理由の1位から5位までをみてみましょう。

上の表は、Googleスプレッドシートにより作成されています。
下記コードを埋め込むと、ブログなどに引用することができます。ぜひご利用ください。

 

1位には「他にやりたい仕事がある」がランクイン。2位以下は「給与に不満がある」「残業が多い/休日が少ない」……と続きます。

それではこの20代全体の結果をもとに、業種別の転職理由をみていきましょう。

 

IT/通信/インターネット

上の表は、Googleスプレッドシートにより作成されています。
下記コードを埋め込むと、ブログなどに引用することができます。ぜひご利用ください。

 

IT/通信/インターネットでは、「他にやりたい仕事がある」がトップに。これは全体の結果とも同じでした。

2位となった「専門知識・技術力を習得したい」は、全体よりも多く8.2%。ウェブデザインやプログラミングといったスキルが必要なこの業種では、スキルを身につけることが転職の大きな理由となるようです。

 

金融

上の表は、Googleスプレッドシートにより作成されています。
下記コードを埋め込むと、ブログなどに引用することができます。ぜひご利用ください。

 

次に金融の転職理由は、1位2位は全体と同じ。3位に「ノルマが厳しい」がランクインしました。

金融の業種で働く人は、厳しいノルマに追われ、少しでもノルマが少ない会社で働きたいという思いを持つことが多いのかもしれません。

 

メーカー

上の表は、Googleスプレッドシートにより作成されています。
下記コードを埋め込むと、ブログなどに引用することができます。ぜひご利用ください。

 

メーカーも首位は「他にやりたい仕事がある」と全体と同じである一方で、興味深いのは2位に「会社の将来性が不安」がランクインしたこと。

高度経済成長の時代には日本の経済を支えたメーカーも、現在は厳しい状況を迎えていることが、20代の転職理由にも反映されているのでしょうか。

 

メディカル

上の表は、Googleスプレッドシートにより作成されています。
下記コードを埋め込むと、ブログなどに引用することができます。ぜひご利用ください。

 

メディカルのトップも「他にやりたい仕事がある」ですが、その割合を見ると全体よりも少し高い数字になっていることが分かります。

医師や看護師などメディカル系の業種の方は、どうしても他の業種や業界との接点が少なくなりがちであることも、他の仕事に興味を持つ若者が多いことと関係があるのかもしれません。

 

メディア

上の表は、Googleスプレッドシートにより作成されています。
下記コードを埋め込むと、ブログなどに引用することができます。ぜひご利用ください。

 

メディアで特筆すべきは、「残業が多い/休日が少ない」が2位にランクインしたこと。

たしかに新聞記者やテレビのディレクターなど、メディア系の業種の仕事は深夜にまで及ぶことが多く、ハードになりがち。だからこそ、より残業が少なく、休日が多い仕事を求める人が多いのでしょうか。

 

商社/流通

上の表は、Googleスプレッドシートにより作成されています。
下記コードを埋め込むと、ブログなどに引用することができます。ぜひご利用ください。

 

商社/流通は、意外にも(?)「給与に不満がある」の割合が全体より高い結果に。

商社マンなど、給与が高い印象がありますが、実際はそうではないのか、あるいは求める給与の水準が高いのか……あらためて調査してみる必要がありそうです。

 

小売/外食

上の表は、Googleスプレッドシートにより作成されています。
下記コードを埋め込むと、ブログなどに引用することができます。ぜひご利用ください。

 

小売/外食では、「他にやりたい仕事がある」がトップであるものの、他の業種よりも割合が少ない結果に。その代わり、4位に「土日祝日に休みたい」、5位に「雇用形態を変えたい」がランクインしました。

この業種では、土日祝日も店頭に立たなくてはならない場合が多いこと、バイトやパートタイマーなどの非正規雇用が多いことが反映されているといえそうです。

 

サービス

上の表は、Googleスプレッドシートにより作成されています。
下記コードを埋め込むと、ブログなどに引用することができます。ぜひご利用ください。

 

最後にサービスでは、「残業が多い/休日が少ない」が全体よりも若干高い結果に。また、小売/外食と同様に「雇用形態」が5位にランクイン。

この業種でも非正規雇用が多いことが要因といえるでしょうか。

 

まとめ
   

どの業種でも、なんと「他にやりたい仕事がある」がトップという結果に。多くの若者が、現在とは別の仕事に興味を持っていることが見えてきました。

キャリアコンパスの「『私の天職は何?』20代に贈る、キャリアの悩みとの向き合い方」で、DODAキャリアコンサルタントの大浦征也さんが言っているように、20代はキャリアの探索期。今の仕事とは別の仕事に目を向けている人が多いということは、20代のうちにきちんとキャリアを探索している人が多いということだといえるのかもしれません。

次回のはたらき世論調査では、職種別に20代転職理由をまとめます。お楽しみに!

※今回の記事では、各ランキングから「その他」の項目は除外している。

 

(参考記事)

みんなが転職する理由は? 転職理由ランキング<2015年上半期> DODA