もし転職できるとしたら、あなたはどの企業に転職をしてみたいですか? 20代〜30代のビジネスパーソンが転職をしてみたいと思う企業と、その企業を選んだ理由について調べた結果をお伝えします。

多くの人に指示されるのは、どのような企業なのでしょうか? みんなのリアルな声と、その結果をのぞいてみてください。

 

年収別に見る、転職してみたい人気企業は…?

まず年収別に、転職してみたい企業のランキング表を見てみましょう。

 

sub

 

人気の企業には特に大きな差はありませんが、トップ2のグーグルとトヨタ自動車はほぼ固定されています。どの年収層からも多くの支持を得ているようです。 3位以下は、300万未満〜650万未満の年収ゾーンではクリエイティブ色の強い企業のランクインが目立ち、650万以上の年収ゾーンの人たちからは、三井物産やゴールドマン・サックスなど年収ランキングでも上位にランクインする会社が人気のようです。

 

その企業を選んだ理由は?

上位の会社を選択した理由で多かったのは、「給与・待遇がよさそう」・「やりがいのある仕事ができそう」・「将来性がありそう」ということでした。給与や待遇は自身のモチベーションにも直接つながるため、納得の答えといえますね。

とはいえ全体的には、会社と自己の成長を求める回答が上位を占めています。

 

企業を選ぶポイントは“成長できるかどうか”

次は選んだポイントごとに、企業ランキングを見てみましょう。

 

sub

 

自由な環境で働けることや裁量の大きな仕事、世の中にインパクトを与えられる会社という総合的な観点で、全ての結果にグーグル社が1位として挙がっています。

転職を検討するとき、「自分がさらに成長できる環境」で働けることを前提に選ぶ方が多いようです。

また、世界を舞台にした企業も多くランクインしていますね。

 

トヨタ自動車とグーグルはあらゆる職種の人が働きたい企業!

最後は職種別の人気企業ランキングです。職種によって転職したい企業が違うのか、そうではないのか? 探ってみましょう。

sub

 

モノづくりから営業、企画の仕事まで、昨年に続きトヨタ自動車とグーグルがダントツの人気を誇っています。3位以下も皆さんも知っている大企業の名が並んでいますね。

 

※さらに詳しい情報を知りたい方はビジネスパーソン5,000人に聞きました DODA転職人気企業ランキング2016をご覧ください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。転職を考えたとき、企業に何を求めるか、自分の目標をどこに設定するか、軸を置く場所によって変わってくると思います。今回挙がった人気企業を選ぶ基準も、人それぞれのようです。あなただったらどの企業に転職をしてみたいですか?

<調査概要>

対象者:22〜39歳のホワイトカラー系職種の正社員男女

調査手法:インターネット調査

調査期間:2016年3月19日~2016年3月24日

調査方法:投票者1名が最大3票を持ち、転職を希望する企業を1位から3位まで記入。志望順位別にポイントを付与し、合計ポイントの多い順にランキングを作成。(順位別のポイントは、1位5ポイント、2位3ポイント、3位1ポイントとした)

回答数:5,163件

総得票数:10,458件

 

 

(オススメ記事)
たった5つのポイントで交渉のプロに? 身につけておきたい「交渉術」の基本
人脈が驚くほど広がる!? 世界に一枚の“セカンド名刺”のすすめ