[掲載開始日: 2019/03/27] 求人コード 01615464

農林中央金庫

地域職(キャリアA)

  • 正社員

募集要項

仕事内容

地域職(キャリアA)
農林中央金庫の地域業務職とは、銀行業務における一般職に相当する職種で、定型的・類型的な一般業務を担っていただきます。
幅広い業務があり、3~5年程度でのジョブローテーションの中でいろいろな業務を担当し、さまざまなビジネスシーンで弊庫を支えるとともに、一人ひとりが活躍・成長していただくことを期待しています。弊庫の活動に欠くことのできない大切な役割であり、日本の農林水産業にも貢献できるやりがいのあるお仕事です。

◆業務例
①窓口業務
法人のお客様の預金口座における入出金や振込み手続き、融資部署が行うさまざまな金融取引の最終的なオペレーション等
②外為業務
お客様が海外へ送金する際や、ドルやユーロなどの外貨で融資を行う際の実務的手続き業務。
③営業実務(融資補助)
農林水産業や大企業向けの融資部署において、融資にかかる指示書の作成、契約書類の受渡しや管理、営業担当者の融資業務のサポート等
④秘書業務
役員のスケジュール把握、お客様の応対業務等。
⑤総務・人事業務
各部署の総括として、経費や各種報告物の全体取りまとめ、職場環境の充実等

◆職場の雰囲気
本店における様々な業務分野において、やりがいを持って仕事ができる職場です。また、福利厚生等も充実しており、女性が働きやすい職場でもあります。なお、障がいのある方には、その能力を十分に発揮していただくよう、さまざまなサポート・配慮をさせていただく中で、健常者の方と同様の業務・活躍を期待しています。

対象となる方

【学歴】短大卒以上
必要業務経験:◆必須条件
・事務職のご経験がある方(新卒者を除く)
・周囲の社員のサポートにやりがいを感じられる志向性の方

勤務地

■ 本店地区(有楽町)/東京都/東京都千代田区有楽町1-13-2
【上記勤務地最寄り駅】 JR・有楽町・三田・日比谷/ 有楽町
■本店地区(大手町 業務内容によって勤務あり)/東京都/東京都千代田区大手町1-3-1
【上記勤務地最寄り駅】丸の内・半蔵門・三田・東西/大手町
■本店地区(豊洲 業務内容によって勤務あり)/東京都/東京都江東区豊洲3-2-24
【上記勤務地最寄り駅】有楽町/豊洲

【補足】ご担当いただく職務内容によっては、大手町・豊洲での勤務可能性あり

勤務時間

08時50分~17時10分
・所定労働時間:7時間25分
・休憩時間:55分
時間外労働有り

雇用形態

正社員
 
・試用期間:ただし、個別にご経験等を考慮し、「無」となる場合もあり

給 与

月給制
・年収:320万円以上 600万円以下
・月給:195,000円以上 310,000円以下
 

待遇・福利厚生

通勤手当   住居手当 健康保険 雇用保険 労災保険 厚生年金   退職金制度
・年次有給休暇:毎年20日(初年度15日)付与
・半日休暇:年次休暇のうち5日間を半日単位で取得可
・永年勤続特別休暇:勤続10・15・20・25年目に5日以内の休暇を取得可
※その他、女性に優しい休暇制度多数。詳細は下記サイトをご確認ください
http://www.nochubank-saiyo.com/gyoumu/handicap/

休日・休暇

完全週休2日制(土日祝日)
・年間有給休暇:15日~20日
・年間休日日数:122日
年次有給休暇制度、半日休暇制度、永年勤続特別休暇制度、結婚休暇制度、産前・産後休暇制度、育児休業制度、看護休暇制度、介護休暇制度、ボランティア休暇制度、育児短時間勤務制度
  • 募集要項
  • 企業情報

企業情報

社名
農林中央金庫
所在地
100-8420 東京都千代田区有楽町1-13-2 DNタワー21(第一・農中ビル)
企業URL

https://www.nochubank.or.jp/

事業内容
◆「農林中央金庫法」を根拠とする金融機関
農林中央金庫は、大正12年に「産業組合中央金庫」として設立され、昭和18年に名称が現在の「農林中央金庫」に改められました。現在は、「農林中央金庫法」を根拠法とする民間金融機関です。市町村段階の農協・漁協等と都道府県段階の連合会などを会員(出資団体)とする協同組織の全国金融機関です。また、農林中央金庫法第一条の規定により、会員のみなさまのために金融の円滑を図ることにより農林水産業の発展に寄与し、国民経済の発展に資するという重要な社会的役割を担っています。

◆農林水産業を支える使命
農林中央金庫は、設立の根拠法「農林中央金庫法」が定めるとおり、「金融業務を通じて、農林水産業の発展に貢献するとともに、国民経済の発展に資する」という明確な使命を持っています。1923年の設立当初から現在まで、時代背景や農林水産業者のニーズにあわせてその役割や支援内容を変化させながら、農林水産業を支え続けてきました。そして農林水産業を取り巻く環境変化が著しいと予想されるこれからの時代を見据え、新たなニーズをとらえて様々な取り組みを展開していくことが、農林中央金庫の役割でありミッションです。

◆農林水産業と食と地域のくらしを支えるリーディングバンクへ
農林水産業を取り巻く環境は時代に応じて変化しています。そのなかで農林中央金庫は金融業務を通じて、農林水産業の発展に貢献する唯一の民間金融機関として役割を果たし続けるために、ビジネスモデルを柔軟に変化させてきました。現在、そしてこれからの時代に向けて、わたしたちが担う役割として主軸に置くのは「食農ビジネス」「リテールビジネス」「投資ビジネス」の3つのビジネス領域です。これからの農林水産業の成長と発展に向けて、使命をもって取り組んでいきます。
設立
1923年12月
代表者
代表理事理事長 奥 和登
従業員数
3608名
上場市場名
非上場
資本金
3480400百万
売上高連結区分
単体
  • 募集要項
  • 企業情報

応募方法

この求人情報は、採用企業からdodaチャレンジがお預かりしている求人情報です。

(1)ご応募には転職支援サービスへのご登録が必要です。
(2)ご登録いただいた求人はマイページに登録され、担当キャリアアドバイザーまたはカスタマーサービスより改めてご案内いたします。
(3) 募集期間を限定していないため、ご案内の時点で応募締切になる場合があります。あらかじめご了承ください。
(4)ご応募についての合否に関わるご連絡は、担当キャリアアドバイザーから行います。

※ご経験やご経歴などから、この求人情報へのご応募がいただけない場合があります。あらかじめご了承ください。