HOME  >  チャレンジャー  >  藤田 俊哉

チャレンジャー

転職支援サービスに申し込む

藤田 俊哉

藤田俊哉(プロサッカー選手)監督はメッシを外さない。比較されない存在になればいい

藤田俊哉
1971年生まれ。元日本代表のプロサッカー選手。ポジションはMF。筑波大学卒業後、ジュビロ磐田へ入団。ステージ優勝6回、年間優勝3回というジュビロ磐田黄金期の中心メンバーとして活躍し、年間最優秀選手(2001年)、ベストイレブン(1998、2001、2002年)に選ばれる。2003年にはオランダのFCユトレヒトへ移籍。その後、名古屋グランパス、ロアッソ熊本で活躍。来シーズンからはジェフユナイテッド市原・千葉でプレー、J1復帰を目指す。現在は、Jリーグ選手協会会長も務める。

サッカーを通じて小学生のときから親友である2人が対談。京谷はもちろんのこと、多くのプロサッカー選手が信頼し尊敬するという藤田選手。長い間、第一線で活躍を続けてきた藤田選手が語る「人との比較ではなくすべては自分」「自信を持つことの大切さ、強さ」といったメッセージには、転職や仕事の大事な場面で自分の力を発揮するためのヒントが隠されている。

人と比較されないように頑張ればいい。すべては自分だから

藤田さん
藤田
俺たち小学校から知ってるけど、こうやって仕事するのは初めてだよな。
京谷
初めて会ったのはサッカーの遠征で俊哉が室蘭に来た小学校5年生のときだよな。サッカー始めたのはいつ?
藤田
小学校4年のとき。身体的にすごく恵まれていたっていうわけではないけどすばしっこかったから、小学校5年で遠征にいけるようになった。
京谷
そう細かった。身体はどちらかというと恵まれていなかったよな。サッカー始めてすぐ他の選手より突き抜けていた?
藤田
突き抜けてたっていう時代はない。どの時代にも、とてつもなく上手い選手がいるんだけど、やっぱり一番の選手は充実感がありすぎて、どこかで満足感たっぷりで嫌になって辞めちゃったりするんだよね。でも俺はいつも2番手以降だから、続けてこれたんじゃないかなって。
京谷
ジュビロでは中心選手として黄金期を築いて、それからもずっと第一線で活躍してきて、常にチーム内外から追われる立場だったじゃない。プレッシャーを感じることはあった?
藤田
サッカーではあまりプレッシャーを感じたことはないな。人に追われることより自分がどうなりたいかばかりを考えてきたから。「世界に追いつけ!」って俺らサッカー選手は日本を飛び出すけど、同時に世界も伸びてる。大事なことは自分がどこまで目指すかを考えることで、人と自分を比べてもきりがないって思っていたから。
京谷
例えば優勝が決まる試合とか、ここは落とせない試合とかだと、チームの雰囲気ってどうなの?
藤田
1回優勝するまでは変に固くなったりした。例えば、Jリーグでも優勝が決まる1カ月前くらいを切るとマスコミのインタビューが妙に増えたりして、優勝することに慣れてないチームは生活のリズムを崩してしまったりするの。それが積み重なって試合で思いもよらぬ方向に進んでしまい、目前で優勝を逃してしまうことはある。だけど、勢いがあるときにそれを振り切って1回勝つでしょ。そうしてからはもう慣れたね。でも経験しないと分からないってことは今思うことかな。
京谷
そういえば、俊哉は大きいけがをしないよね。
京谷さん
藤田
「今日もけがなく健康でサッカーができるように」って、朝起きたら毎日願ってるから。願いはかなうんだよね。毎日願うことって時間もお金もいらないし。
京谷
毎日?すごいな。でもユース代表のとき、身体壊したよな?
藤田
昔はどちらかというと虚弱体質で、身体は小さい、飯が食えないで、体力的にはハンディがだいぶあった。だから1シーズンやってパンクして1、2週間まとめて休んでといった具合。大学までに入院も2回したからね。もともとけっこう弱いんだよ。だからこそ健康のありがたみは人一倍感じてる。プロになってから身体強くなったんだよ。
京谷
プロになって毎日健康でいられるようにと意識したことで強い身体になったんだ。日本代表の話になるけど、俺は絶対に俊哉が10番をつけるって思ってた。大事な試合で点を取ってW杯の予選でも活躍したのに、本戦では海外組が出場して試合に出れなかったでしょ。どんな思いだった?
藤田
実は意外とストレスにならないんだよ。一番うまくなれば絶対使われると思ってるから。じゃあ、監督はメッシを外さないでしょってこと。クリスティアーノ・ロナウドは使うでしょ?監督が選ばないってことはこの時点で俺には何かが足りないんだって。すごく悔しいけど、人と比較されないように頑張ればいいだけかなって思っていた。すべては自分なんだよ。
京谷
転職でも自分の友達があの会社入った、あんな仕事をしている、と自分と比較してしまう。そうじゃなくて、自分の技量や力量をちゃんと見極めてそれに合ったところからスタートしていくのが大事だよね。 ジュビロのとき現場監督のような選手いたじゃない。ドゥンガ。彼はチームではどんな存在だったの?
藤田
同じピッチにいて、あれだけチームメイトのこと言えるのはすごいよね。「お前なにミスしてるんだ!」って罵倒したり、パンチしたり…。でも俺はあそこまではチームメイトに言えない。根性あるっていうのはこういう人のことを言うんだなって。高校生くらいのときならあり得るけど、同じピッチ上にいるプロ選手に対して、同じプロ選手があそこまで言えるのはすごいよね。
京谷
サッカーしていないときはどんな人だったの?
藤田
普段はとても物静かな優しい男で、そのギャップはすごかった。あるとき「なんでそこまでチームメイトに言えるの?」って聞いたら「俺たちはプロだ。俺がお前に罵倒しても、試合に勝ってお前が喜べばそれでいいじゃないか」って。「勝てばファンも自分たちも家族も喜ぶ。みんなハッピーだろ?俺が何も言わないでサラッと試合して、勝てる試合で負けるほうがみんな寂しいだろ」と。

転職お役立ち情報