就活ゼミナールとは

就活ゼミナールは、2014年6月に開始した精神障がいのある方を対象とした参加無料セミナーです。単なる講義形式だけでなく、就職活動で問われる自己理解を促進するためのワークショップや面接トレーニングなど、より実践的なプログラムを実施しています。

※就活ゼミナールは、転職支援サービスとは異なり求人紹介は行っておりませんのであらかじめご了承ください。

ゼミナールの内容

個人ワーク(事前)

事前課題として参加者の皆さまに「障がいに関するガイドブック」を作成いただいています。

※詳細は参加ご希望の方に個別にご案内いたします

ゼミナール

精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方の就職/転職に精通した講師陣が「面接を突破するポイント」や精神障がい者の最新の採用動向について講義します。

ワークショップ

面接を突破するために、参加者全員での面接トレーニング。実践的なテクニックをお伝えします。

また、自己理解を深めるワークなどもご用意しています。

POINT

参加者の95%以上から「満足」、
99%から
「新たな発見があった」との
声をいただいています。

詳細を見る

サービスの流れ

STEP1 - ご登録

3分で完了。まずはご登録ください

まずは登録フォームより転職支援サービスにご登録ください、就活ゼミナール事務局よりご連絡いたします。

STEP2 - 個人ワーク(事前課題)

「障がいに関するガイドブック」の作成をお願いします。ご自身のパーソナリティや障がい特性、職務上の課題、企業側に配慮して欲しい事項などをまとめていただきます。企業側に分かりやすく説明するためのツールの元になるものです。主体的に作成いただくことで、自己理解にもつながります。ゼミナール後、講義やワークを踏まえて、加筆修正し、今後の就職活動に役立てていただけます。

STEP3 - 就活ゼミナール

精神障がい者の採用動向・転職市場や、企業が求める人物像などについて講義を行います。講師には、元・特例子会社の人事で心理カウンセラーの資格を保持している者や、法人/個人ともに障がい者の採用を支援をしてきた経験のある者など、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方の就職/転職に精通した者を揃えております。

STEP4 - ワークショップ

面接の雰囲気に慣れ、考えていることを的確に言葉で表現できるようになるため、講師陣が面接官となり、グループでの面接の予行練習をします。もちろん、予行練習は任意です。模擬面接をされた方からは、「同じ立場の参加者からのフィードバックが聞けてとても参考になった。」「参加者がオブザーバーなので本番さながらの緊張感を味わえた。」などのお声を多数頂いていて、より実践的なプログラムとなっています。

たくさんのお客様にご満足いただいています。

職場におけるストレスを、さらに具体化する(場面に置き換える)ことが大切。障がいは弱みではないということに気がつけた。就労の安定を全く重視していなかったことに気づいた。苦手なものを克服するために、自分の工夫と職場に配慮してほしいことの二軸で考える必要性を学べた。配慮してほしいことを明確にすることが大切。満足度トータル95%職場におけるストレスを、さらに具体化する(場面に置き換える)ことが大切。障がいは弱みではないということに気がつけた。就労の安定を全く重視していなかったことに気づいた。苦手なものを克服するために、自分の工夫と職場に配慮してほしいことの二軸で考える必要性を学べた。配慮してほしいことを明確にすることが大切。満足度トータル95%

就活ゼミナールお問い合わせ

パーソルチャレンジ株式会社
DODAチャレンジ 就活ゼミナール事務所
E-mail : shukatsu-challenge@persol.co.jp