HOME  >  採用企業インタビュー  >  ヤンセンファーマ株式会社

人事担当者の目線、転職成功者の視点
採用企業インタビュー

転職支援サービスに申し込む

ヤンセンファーマ株式会社

フラットで柔軟な環境の中で自分の「芯」を持つことが大切です ヤンセンファーマ株式会社

ヤンセンファーマ株式会社TOP画像

人事担当者から

能力を発揮するために最大限のサポートを約束

ヤンセンファーマ株式会社 採用戦略部 桑尾さん

仕事のことでも障がいのことでも同じですが、自分の言葉で伝えられることが大切です。仕事でいうと、「もっとこうしたほうが良いのではないか」と進言したり、受身ではなく積極的に取り組むことです。障がいに関してもできること、できないこと、サポートが必要なことなどをしっかり伝えてほしいですね。特に障がいに関しては、周囲は障がいがあることは分かっていても「何に困っているのか」、「何ができないのか」まではなかなか理解できません。逆に、それを教えていただければ、能力を発揮できるようサポートを惜しむことはありません。当社の企業理念である“Credo”には、「社員が能力を最大限に発揮できるような環境作りに会社として努める責任を負っている」という文言があるのですが、これは障がいのある社員に対しても変わることはありません。もちろん、待遇や評価も平等に行いますし、区別なく働ける風土が当社にはあります。

面接では、「なぜ当社を志望するのか」をはじめ、「当社で何をやりたいのか」「どういうキャリアを積み上げていきたいか」なども聞いていきます。ですから、自身のキャリアが明確に描かれているような人に入社してほしいと考えています。

転職者インタビュー

転職を決めたのは、自己裁量の大きい仕事がしたかったから

ヤンセンファーマ株式会社 購買部 齋藤さん 40代・下肢障がい 2007年入社で現在6年目。前職では中国から電気機器の開発・輸入を担当。現在は、購買部門でバイヤーとして商品やサービスの購買を担当。

転職を考えたのは、前職で担当していた仕事内容や今後の広がりや責任範囲が私の希望する働き方とは違ってきたためです。中国の企業から電気機器を買い付ける仕事だったのですが、私が勤めていた会社は業務に関する制約もきつく、仕事の進め方においても細かいところまで決められていました。また、オーナー企業だったためか、オーナーの色がさまざまな点で表れていたように思います。私は、そのようなところにやりにくさを感じており、購買する物や選ぶプロセスにおいて、もっと自由さや視野の広さのある環境で働きたいと思い、転職をすることにしました。

前職では私に下肢障がいがあることは特に伝えていなかったのですが、転職活動をするにあたり、オープンにしました。なるべく早く転職先を見つけるためにも、間口を広げたほうが良いと思ったんです。そこで、より多くの求人を紹介してもらえるよう、転職活動では一般と障がい者両方のエージェントに登録しました。そのかいあってか、人材紹介会社からヤンセンファーマの求人を紹介してもらうことができました。

職経験を存分に活かしてグローバルに働ける環境

ヤンセンファーマの面接は計3回ありました。とてもユニークで面接らしくなかったのが印象的ですね。人事担当者の服装もリラックスした格好でしたし、面接の内容も私自身を理解するようなことが中心でしたので、緊張もせず話をすることができました。入社後の仕事についても私が携わってきたことや転職の理由、私に期待することをじっくり聞いてくれました。また、私のキャリアから、今後同社の事業展開で活かせそうなところなどを話を聞くことができました。それらについても、前職の購買の経験が活かせると思い、納得できました。

実は当時、他にも並行してエントリーしていた会社があり、そこは内定直前のところまで進んでいました。しかしそのタイミングでヤンセンファーマから内定が出て、どちらに入社するか非常に迷ったのですが、最終的には取り扱う物やサービスに広がりを感じたのと、ヤンセンファーマならではのグローバルに働ける環境に魅力を感じ、ヤンセンファーマにお世話になることに決めました。

多文化が交じり合う会社で「芯」を持つことの大切さ

入社後は未経験の領域に携わることができるなど、よい経験を積めていると感じています。転職のきっかけとなった点も解消されました。会社と会社を横断するクロスカンパニーの仕事もあったり、いろんな文化が交じり合ったなかで働けるのはとても刺激になります。また、仕事の進め方やお昼休みの時間などが自己裁量で自身の責任のもと進められるため、気持ちよく働けています。私の障がいについては、知らない同僚も多いでしょうし、障がいの内容について詳しく理解している人もそれほどいません。それでも問題なく働けていますし、私自身、特に配慮してほしいとも思っていません。逆にいうと、それくらいフラットな環境なんだと思います。

当社はグローバルな環境であることからさまざまな文化や価値観を持った人が集まっています。そのため、意見がぶつかり、議論になることも少なくありません。しかし、それに押されてしまうのではなく、しっかりと意見を伝えられることが重要です。ですので、1本の強い「芯」を持った人であれば活躍できると思いますよ。

(取材日:2012年6月29日)

転職お役立ち情報