HOME  >  採用企業インタビュー  >  ソフトバンクグループ通信 3社

人事担当者の目線、転職成功者の視点
採用企業インタビュー

転職支援サービスに申し込む

ソフトバンクグループ通信 3社

誰もが平等に働ける環境。仕事での特別扱いはありません やる気と能力があればどこまでも成長できます
 ソフトバンクグループ通信 3社

ソフトバンクグループ通信 3社TOP画像

人事担当者から

すべての人がより良く働ける環境を実現

ソフトバンクグループ通信 3社(ソフトバンクモバイル㈱ ソフトバンクBB㈱ ソフトバンクテレコム㈱)
人事本部 採用企画部 伊藤さん

ソフトバンクグループは国籍、性別、障がいの有無に関係なく、誰もが平等に働ける環境です。障がいのある方に対しても、仕事においては良い意味で決して特別扱いはしません。基本的に正社員採用とし、選考基準、入社後の評価や就業規則、報酬等の待遇も一般の方と同一です。あえて障がいのある方専用の部署や仕事を設けておらず、一人一人の経験や能力に合った配属を、ご本人と一緒に考えていきます。障がいに対しては十分なケアをします。面接では、できることとできないこと、サポートが必要なことを率直に話してください。
長期間にわたり安心して働いていただけるよう、障がいに対する部署の理解は勿論のこと、ソフト・ハード面を含めたサポートも整っています。
例えばフレックスタイム勤務制度や車椅子に対応した設備、産業医とカウンセラーが常駐するウェルネスセンター聴覚障がいの方の受け入れセミナーなど社内教育・啓もう活動などを行っています。
自分に制限をつけずに頑張りたい、仕事を通して成長したい、世の中に貢献したいという方にとっては、どこまでもチャレンジのできる会社だと言えるでしょう。当社でイキイキと働き、大きく成長したいという方のご応募をお待ちしています。

転職者インタビュー

モチベーションは一般の方と同じ チャンスと頑張れる環境を求めて入社

ソフトバンクテレコム株式会社
屋代さん 30代・上肢障がい

転職活動にあたって一番懸念していたのは、障がいが原因で自分のやりたいことに制限が生じることです。モチベーションは一般の方と同じなので、目標を持ってやりがいのある仕事がしたいと思っていました。そしてそれを後押ししてくれるような、会社に入りたかったのです。
正直に言ってソフトバンクテレコムは、私にとってまったく意外な選択でした。これまで経験のない業種だったからです。しかしDODAチャレンジで、コンサルタントの方から話を聞くうちに、大きな会社ながらベンチャーの気質が溢れ、柔軟に意見を聞いてもらえる環境がありそうだというイメージを持ちました。
面接では、障がいのある方がどういう働き方をしているかなどを率直に質問しました。自分の素を出して、それで合わないと思われたら仕方ないという気持ちでした。
いろいろと話していただく中で、配属部署が決まっているわけではなく、その人の適性にあった部署があれば採用するということを聞き、逆に安心しました。障がい者だからという制限も一切なく、本人のやる気と能力があれば、どこまでも伸びていけるという話も。
当社以外に受けていた会社も複数あり、同じ質問をしましたが、いずれも、部署はある程度決まっていて、可能性としては、頑張れば、そこでリーダーになれるという回答でした。障がいの有無に関する制限がないこと、キャリアの柔軟性やチャンス、頑張れる環境、そして実際に会って話した方たちの印象で、ソフトバンクテレコムに決めました。

生きがいといっていいほどのやりがいを感じる毎日思い切って障がいを開示したことで開けた新たな道

現在は、法人向けのカンファレンス商材を扱っている部署で営業支援をしています。入社前に持った良い印象のままで、不満は一切ありません。異業種から転職してきましたが、主幹として仕事を任せてもらい、生きがいと言っても大げさではないほどに、やりがいを感じている毎日です。社内はモチベーションの高い人が多いですね。みんながやる気を持って、一つのことをやり遂げるという気持ちを強く感じます。障がいのことは、やはり偏見を持たれるのではと不安でしたが、そのようなことも一切なく、働きづらく感じたことは一度もありません。
実は転職はこれが2回目。前回は障がいのことはひた隠しにしていました。前々職で業務中にケガをして障がいを負ったのですが、その会社では、そこから「障がい者」という枠をはめられたような働き方になってしまいました。転職活動で障がいを開示すると、同じように制限されて希望の仕事ができないのではないかと不安でしたが、今回は、自分を全てさらけ出したことで、違うフィールドが見えてきました。障がいを開示しながらも、自分のモチベーションや能力を強く訴えれば、自分が働きやすい方向に道も開けるのだと実感しました。
「障がい者採用」という枠に抵抗がある方もいるかもしれません。でも私のように、今までの経験では考えが及ばなかった会社に出会えることもあります。可能性を広げるとポジティブにとらえてみてもいいのではないでしょうか。私はその結果、ソフトバンクテレコムという会社と出会い、満足しています。長く活躍したいと思っています。

(取材日:2012年8月29日)

転職お役立ち情報