HOME  >  採用企業インタビュー  >  江崎グリコ株式会社

人事担当者の目線、転職成功者の視点
採用企業インタビュー

転職支援サービスに申し込む

江崎グリコ株式会社

おいしさと健康、わくわくするような笑顔を届け、これからのグリコを一緒に作っていきましょう!
 江崎グリコ株式会社

江崎グリコ株式会社TOP画像

人事担当者から

「創る・楽しむ・わくわくさせる」それがグリコスピリット

江崎グリコ株式会社 グループ人事部 齋藤 尚美さん

当社が2011年から掲げているスローガン「みんなに笑顔を届けたい」。これには、食品を通じて企業理念である“おいしさと健康”、そして、わくわくするような笑顔をたくさんの人に届けたい…という想いが込められています。私たちが求めているのは、障がいの有無にかかわらず、そんな想いに共感し、これからのグリコを一緒に創りあげていこう!と強く思ってくださる方です。

私どもも障がいに対する配慮や業務習得への職場フォローを行っていますが、ただ、困難を乗り越えようとする前向きな気持ちや仕事に取り組む姿勢は本人次第。ですから、「創る・楽しむ・わくわくさせる」というグリコスピリットを継承すべく、明るく、前向きで、新しいことへのチャレンジを恐れない意欲のある方に来ていただきたいと思っています。

身近な食品を扱う当社のような企業では、幅広いお客様がターゲットとなり、多様な価値観を持つ人材が求められます。そのため、社内には障がいを持った社員も多数在籍し、グループ広報や研究所、お客様センターなど、様々な部署で活躍しています。

入社後も定期的に面談をするなど、必要な対応やサポートは随時行い、今後はさらなる職場開拓を図り、活躍のフィールドを広げていきたいと思っています。これから入社される方々には、会社と共にステップアップしながら、長く働いてくださることを期待しています。

転職者インタビュー

面接官を通して職場の明るさが伝わってきた

グリコお客様センター リーダー 小牧 沙織さん 下肢障がい 2006年入社

地元大阪にあって、子どもの頃から馴染みのある身近な会社だったこと。そして、私は食べることが大好きなので、食べるという楽しいことに仕事として携われるのがいいなと思いました。食べることは生きること。だから、おいしく食べて健康になり、そこに笑顔も生まれたら素敵だなと思ったのです。

あとは、面接をしてくださった面接官がとても朗らかな方で、職場の明るさや風通しのよさがその方を通して伝わってきたこと、勤務先が大阪で車通勤できることも決め手になりました。

職場にも仲間にも恵まれていると実感

現在は、グリコお客様センターのリーダーとして、お客様からの問合せ対応、お客様からいただいたご意見をまとめたVOCリポートの作成・発信、お客様対応の社内研修などを担当しています。

私にとってはここが最初の就職先なので他との比較はできませんが、楽しさや喜びはもちろん、厳しさも含めて、働くことの真髄をじっくり教わっている気がします。お客様の声がダイレクトに届くこの部署での仕事はやりがいもあるし、センター内の雰囲気もよいので、必要以上に苦労したということはないですね。職場にも仲間にも恵まれていると思います。

ありのままの自分を出して素直になること

障がいを持っているとどうしても内向的になり、自分の殻に閉じこもってしまう人も多いと思います。けれど、できないことも含めてありのままの自分を出せば、気持ちはきっと伝わるし、わかってくれる人も必ずいるはずです。大切なのは、自分を出して素直になること。それは、障がいを持っていようがいまいが同じことだと思います。

(取材日:2013年5月1日)

転職お役立ち情報