HOME  >  採用企業インタビュー  >  アビームコンサルティング株式会社

人事担当者の目線、転職成功者の視点
採用企業インタビュー

転職支援サービスに申し込む

アビームコンサルティング株式会社

『多様な個人の尊重』枠組みを設けない均等な雇用、働き方を促進しています。アビームコンサルティング株式会社

アビームコンサルティング株式会社TOP画像

人事担当者から

高いパフォーマンスを発揮できるよう、支援制度を充実しています

アビームコンサルティング株式会社 人事グループ 人事部 平塚さん

当社は、日本発アジア発のグローバルコンサルティングファームです。お客さまの経営課題を解決に導き、グローバルでの事業拡大を支援しています。お客さまのリアルパートナーとして、決して諦めずにやりぬく姿勢は高い評価をいただき、案件の高リピート率に繋がっています。

当社には、Core Values(コアバリュー)という5つの理念があり、その中の1つに『多様な個人の尊重』があります。これは、性別や国籍、障がいの有無に関係なく、一人ひとりの個性を尊重することを意味します。個人個人が高いパフォーマンスを発揮できるよう、カウンセリング制度、健康支援室の設置、育児制度といった支援制度が充実しており、これが枠組みにとらわれず、キャリアを描けるような、均等な雇用、働き方の促進につながっています。

障がい者の採用に関して、主には、コンサルタントの活動基盤を支える人事、総務、厚生、法務などの管理部門を中心にその領域で専門性のある方の雇用を進めています。また、別の取り組みとして、社員のマッサージをするリラクゼーションルームや沖縄県にサテライトオフィスを設立しています。沖縄オフィスでは、管理部門からアウトソースされたWEB監視や資料作成・アップデートなどの業務を行なっています。今後は基本的に大きな枠としては変わらず、管理部門を中心に専門性を持った方を雇用し、さらに社内連携を深めていき雇用促進を活発化したいと考えています。

協調性と積極性を持つ成長意欲のある方を求めています

当社が求める人材は、まず「協調性」のある方です。コアバリューの中の1つに「チームの力」が掲げられており、メンバー間で互いの経験と知恵を活かしながら、協力して業務に取り組んでいくワークスタイルが求められるためです。次に、受け身の体制で指示を待つだけではなく、自らが動いて仕事を創出し、進めていける「積極性」のある方です。当社は、やりたいと思ったことは積極的に上司に提案して、理に適っているものであれば任せてもらえる平等な環境があるので、いろいろなことにチャレンジしたい成長意欲のある方が向いていると思います。

面接では、自分の強みをしっかりアピールして、必要な配慮を遠慮なく、率直にお伝えいただきたいです。現在も、音声ソフトや拡大鏡など機器の導入をはじめ、不得意な仕事を無理にしていただくのではなく、お持ちの強みを存分に発揮できるポジションを見つけるなど、個々のさまざまな障がいに対して柔軟なサポートをし、安心して働いていただける環境を整えています。

転職者インタビュー

私のことを知ろうとしてくれた真剣な姿勢

アビームコンサルティング株式会社 人事グループ 人事部 大滝さん 上下肢機能障がい 2008年入社 40代

私は、会社の規模や業種、給与の条件など関係なく、安心して長く働くことができ、今まで培ってきたデータベース技術やVBAの経験を十分に発揮できる会社を基準に転職活動を行っていました。
特に、前職はファシリティ面でコミュニケーションが取りにくかったので、コミュニケーションが取りやすい環境で、なんでも気兼ねなく話せる会社かどうかが転職先を決める一番大切なポイントでした。

アビームコンサルティングとの出会いは、就業支援会社からの求人紹介です。
他にも数社の案件をいただきましたが、それぞれの企業を調べ、勤務地が遠いことや離職率が高いという情報があったところはお断りをしました。アビームコンサルティングでは、”くるみん”(※1)と呼ばれるダイバーシティマネジメントに積極的に取り組んでいるといった情報を見つけ、障がい者にも活躍できる場があるのではと思い応募しました。

実際の面接では、面接官との距離が近く、話しやすい環境をつくってくださり、自分の想いをしっかりと伝えることができました。鋭い質問もありましたが、真剣に私のことを知ろう、理解しようとしてくれているといったことや最終面接時の「困った時はいつでも相談しにきてください」との言葉から、アビームコンサルティングの社員に対する熱い思いや大切にする心、真剣さを感じ、入社したいと思いました。

今後も自分のスキルを高めつつ、会社に貢献できる存在でありたい

入社して良かったことは、Microsoft Officeの知識をさらに深められスキルが向上したところ、それからパーテーションがなくコミュニケーションが取りやすく、体調などの異変にも気づいてくれるところ、あと最終面接で言ってもらった通り、困ったことがある時に相談できるところです。安心感がある中で仕事をすることができています。その他には、資格取得支援制度といったものがあり、資格を取得すると一時金の支給があったり、一部の資格では維持費も会社が負担をしてくれます。さらにスキルを磨きたい私にとっては大変ありがたい制度です。

私が入社する前までは、紙ベースで管理していたものを、今まで習得してきたAccessやVBA(※2)などのスキルを活かし、迅速かつ正確に業務を遂行できるシステムの構築をしました。現在では、人事部門のみならず、他部署にも提供して業務効率化が図られています。
今後は部署の垣根を問わずシステム構築のニーズのあるところにお応えしたいと思っています。
面接では、ただ単に自分の持っているスキルを説明するのではなく、例えば「前職ではこのスキルを使い、こういったことをしてきたので、御社でもこういう貢献ができる」など、自分の経験やスキルを活かした具体的なメリットをアピールポイントとして、面接官に分かりやすく伝えることが大切だと思います。私自身転職に半年かかったので、転職活動中の方は諦めず活動を続けてください。

※1…子育て支援に取り組む企業を認定するマークの愛称
※2…Visual Basic for Applicationの略。Visual Basicの派生で、Officeでの作業の自動化を図る

(取材日:2014年6月20日)

転職お役立ち情報