HOME  >  転職成功者のホンネ  >  VOL.1

転職成功者のホンネ

転職支援サービスに申し込む

一人で転職活動するより、良い転職ができました!VOL.1

VOL.1

瀬戸口 絵美さん 20代上肢障がい

  • 転職活動期間 2ヶ月
  • 転職回数   3回
  • 前職     アパレル販売職
  • 現職     事務職

安定した仕事希望したが、経験が短くて不安

転職前はアパレルのショップ店員をしていました。転職のきっかけは、お店の仕事が不規則だったのと、収入面の安定を考えたんです。次に就く職種は仕事の安定感で、事務を希望していました。事務職の経験は昔、5カ月ほどあったのですが、経験の短さなどを考えると、転職活動は難しいものになると思っていました。
DODAチャレンジを知ったのはそんなときです。インターネットで障がい者雇用枠で仕事を紹介してもらえる転職サービス会社をいくつか調べていたのですが、サイトの見やすさや分かりやすさで、ここにお願いしようと思ったんです。

何でも話せ、信頼できるキャリアアドバイザーで良かった

「なんでも話せるので、安心した」と瀬戸口さん登録後、担当キャリアアドバイザーとの面談がありました。その第一印象は、とても元気な人だなあ、ということ。私はDODAチャレンジのサービス内容もあまりよく分かっておらず、やや緊張しながら面談を受けに行ったのですが、その元気さをみてリラックスできました。職歴や希望職種といったキャリアカウンセリングだけでなく、プライベートの話なども交えながらでしたので、楽しく過ごせたことを覚えています。
また、キャリアアドバイザーの方は、私の職歴が浅いことがネックになりそうということや、そのため書類選考で落ちやすい可能性があるなど、厳しい点も正直に伝えてくれました。一方で、私がより興味を持った企業に対しては、人事担当者に強くプッシュしてくれるなど、とても一生懸命対応してくれました。不採用になった企業も多かったですが、本当に親身というか、私に代わって転職活動してくれているような感じだったので、全面的に信頼し、お任せすることができました。

手厚いフォローを受け、希望の会社で内定もらいました!

書類選考を通過したいくつかの会社に面接に行ったのですが、事前に面接対策をしていたので準備万端で挑むことができました。また、ある会社の最終面接では担当キャリアアドバイザーも同席もしてくれたんです。もちろん当日は緊張したのですが、同席していただいたおかげで自信を持って受け答えできました。そして、結果として希望していた企業から内定をいただくことができました。実は他社からも内定をいただいていており、そちらのほうが給料も良かったのですが、そちらはお断りすることにしました。理由は、その会社での担当業務が障がい者向けという感じで、業務範囲が限定されたものだったからです。私はそれよりも、仕事がハードでも自分がより求められ、仕事を任せてもらえる会社で頑張りたいと思ったんです。

実際、入社後の仕事は大変でしたが、頑張りが認められてきたのか、入社から半年で正社員に登用されました。障がい者で正社員として働くというのは当社では前例がないようなので、会社からは今後もモデルケースとなるように頑張っていってほしいと言われています。また、障がいに関しても入社当初は周囲の方は気を使っていただいている感じがしたのですが、徐々に打ち解けてきたり、私も積極的にできることできないことを伝えていったので、今ではまったく距離もなく働けています。

DODAチャレンジの良いところは、紹介してくれる企業の数が多いこと。ハローワークに行ったこともありますが、企業は自分で探さないといけないし、その数は決して多くありません。また、求人票に載っていない情報を提供してくれますし、担当キャリアアドバイザーもフランクに接してくれるので、なんでもざっくばらんに話せます。面接対策や面接後のフォローもしっかりしているので、私はDODAチャレンジを利用して本当に良かったです。

(取材日:2012年6月8日)

転職お役立ち情報