株式会社本田技術研究所の過去求人・採用情報/ 【二輪開発センターの設計/研究職】Hondaにおいて出身業界は関係ない

  • 埼玉県和光市中央1-4-1
  • 自動車(四輪・二輪)

株式会社本田技術研究所についての情報を見る

【二輪開発センターの設計/研究職】Hondaにおいて出身業界は関係ない

  • 正社員

※掲載終了

※この求人情報は、既に掲載が終了しています。

株式会社本田技術研究所の募集中求人

さらに読み込む(6-10件/99件

募集要項 ※この求人情報は、既に掲載が終了しています。掲載されていた時点での求人情報の概要を確認することができます。

募集背景
常に次世代の新しい技術開発を目指す本田技術研究所。
既成概念にとらわれない技術開発を目指し、社歴や年齢に関係しない
フラットな社風のもとに、さまざまなバックグラウンドを持つ方の参画を歓迎しています。
仕事内容

二輪開発センターで設計および研究業務などを担当します。

具体的な仕事内容
■次世代内燃機関の設計・研究
○エンジン機構設計、および3D-CAD/CATIA設計(新機構/環境対応技術の研究開発なども含む)
○エンジン研究開発、およびFI制御仕様検討をはじめとする燃料供給系システムの研究開発

■車体設計・研究<振動騒音・実車性能の研究含む>
○車体設計
フレームボディー、燃料系、吸・排気系、冷却系、艤装系、操作系、サスペンション、ブレーキ、ステアリング、ホイール・タイヤ、駆動系の設計及びエンジン・電装を含めた完成車設計、3D-CAD/CATIA設計

○車体研究
操縦安定性、空力、人間工学、パワートレイン、ブレーキ(ABS)、冷却系、強度・耐久性の研究・操縦安定性・乗心地研究、振動騒音研究、CAE解析
※上記に関する先行技術開発も含みます

■電装設計・電子設計・研究
○車両のエンジン制御、駆動制御、車体制御(FI、AT、ABS、電動パワステなど)の電子制御システム開発
○電装システム設計および電装品の設計・研究業務
※上記に関する先行技術開発も含みます

対象となる方

学歴不問 ※業界未経験・第二新卒歓迎

■次世代内燃機関の設計・研究
○設計
機械工学、材料力学の基礎知識。エンジン、トランスミッション、燃料系(キャブ、インジェクター)設計経験者。3D-CAD知識、CATIA、CAE経験あれば尚可

○研究
機械工学・物理化学・各種計測技術の基礎知識。※燃料供給系システムの研究開発については二輪乗車経験者

■車体設計・研究<振動騒音・実車性能の研究含む>
○設計
機械工学、材料力学の基礎知識。工業製品・輸送機器開発の実務経験者。二輪車・四輪車の設計実務経験や3D-CAD知識、CATIA、CAE経験があれば尚可

○研究
機械工学、自動車工学、材料力学の基礎知識。操縦安定性解析、振動騒音解析、空力技術、輸送機器メカトロ技術経験あれば尚可

■電装設計・電子設計・研究
車輛用電装品、メカトロ・制御デバイス、灯火器・SW類、制御システム設計(プログラム開発・電子回路設計)の開発経験者。その他電気・電子関連技術者

※電気、メカの混合システムの開発経験、モーター制御経験、安全性・信頼性設計経験・モビリティ用電装品の設計、研究経験(エンジン制御ECU、駆動系制御ECU、関連センサ設計など)、CATIA経験、制御シミュレーション経験(MatLab/SimLink)などがあれば尚可

勤務地

二輪開発センター/埼玉県朝霞市
※U・Iターン歓迎

■最寄駅
東武東上線 朝霞台駅

勤務時間
フレックスタイム制
標準労働時間 1日 8時間
標準労働時間帯 8:30〜17:30
雇用形態

正社員

試用期間 2カ月

給与
月給:17万4520円以上+賞与(6.65カ月/2006年度実績)
■社員の年収例
【月収例】(2006年度実績)

24万8440円(大卒・26歳)

待遇・福利厚生
給与改定年1回(6月)、賞与年2回(6月、12月)
■各種手当
住宅手当、家族手当、残業手当、通勤手当
■社会保険完備
健康保険、雇用保険、厚生年金保険、労災保険
■各種制度
社宅制度、退職金、厚生制度(互助会・財形貯蓄・住宅融資など) ほか
■福利厚生
保養所、各種クラブ活動 ほか
休日・休暇
<休日・休暇>完全週休2日制(同社カレンダーによる)、GW、夏季休暇、年末年始休暇
有給休暇、慶弔休暇、特別休暇 など
※年間休日121日
設計担当もテストコースを走ることがある

「テスト・評価の段階でここがおかしいといわれた場合、納得いかないことがあるので、そういう時には、自分でテストコースを走ってみるのです。苦労して生み出した機種は、本当に達成感があります。
結構、プライベートでも担当した機種に乗っている方が多いんです。
それくらい、二輪車の設計開発はやりがいがあります。積極的なチャレンジを待っています」(坂本氏)

積極性を歓迎するHondaの社風

「私もそうだったのですが、すぐにはできないかもしれませんが、『このような考えでこういう二輪がやりたい』とアピールできる人には、Hondaはチャンスを与えてくれます。
Hondaは、異業界出身の私にも、量産が始まるモデルの設計開発責任者を任せてくれました。その期待に応えるためにも、企画段階からレイアウトを決めて、量産まで進めていく大きな責任を果たしていきたいと考えています」(根来氏)

株式会社本田技術研究所の過去求人一覧