株式会社ステムリムの過去求人・採用情報/ 世界初の「再生誘導医療」を目指すバイオベンチャー企業で取り組む【医薬品開発研究員】の募集です。◎特許出願中の技術損傷組織の機能的再生促進医薬/特願2006-293582による研究です。 ◎大阪大学内や近隣のラボでの勤務です。転勤はありません。

  • 大阪府茨木市彩都あさぎ7丁目7番15号
  • バイオベンチャー

この企業についての情報を見る

世界初の「再生誘導医療」を目指すバイオベンチャー企業で取り組む【医薬品開発研究員】の募集です。◎特許出願中の技術損傷組織の機能的再生促進医薬/特願2006-293582による研究です。 ◎大阪大学内や近隣のラボでの勤務です。転勤はありません。

  • 正社員
  • 転勤なし

※掲載終了

※この求人情報は、既に掲載が終了しています。

さらに読み込む(6-10件/99件

募集要項 ※この求人情報は、既に掲載が終了しています。掲載されていた時点での求人情報の概要を確認することができます。

募集背景
◎バイオベンチャー企業の未来を担う増員募集

現在、特許出願中の技術である
損傷組織に骨髄多能性幹細胞を動員する“生体内蛋白”で高い評価を受け、
ジェノミックスは現在、大手製薬会社と提携をはじめています。
あなたにはバイオベンチャー企業の中核研究メンバーとしての活躍を期待しています。

「KOI2」発見の経緯について

骨折時に健常骨髄から末梢循環血中に骨髄多能性幹細胞が動員され、
骨折部位に集積し、骨芽細胞に分化し骨折治癒を促進し、さらにその骨折治癒促進機構に
BMP-2が中心的役割を果たしていることを見出しました。
その研究過程で生体組織より産生・放出されるBMP-2と異なる生体内蛋白が骨髄多能性幹細胞を局所に動員する
強い活性を有することを見出し、特許「損傷組織の機能的再生促進医薬」を申請しました。

仕事内容

研究員として、大阪大学内や近隣のラボにて「再生誘導医療」医薬品の研究開発を行っていただきます。

具体的な仕事内容
主力開発技術である骨髄多能性幹細胞動員因子(生体内蛋白)をメインとした
「再生誘導医療」の実現を目指し、医薬品の研究開発を行っていただきます。
大阪大学内や近隣のラボにて、疾患モデル動物(マウスやラット)に対し、
骨髄多能性幹細胞動員因子(生体内蛋白)を投与することによる
薬効確認などの研究がメインとなります。

「再生誘導医療」を取り巻く環境

「再生誘導医療」の医薬品は非臨床試験までは到達していませんが、
大手製薬企業と提携し、研究を進めています。

機能性の高さや、人体への安全性、大量生産が可能など、
「再生誘導医療」は、業界内でもこれまでなかった新しいコンセプトです。
この開発が成功すると、世界初の革新的な製品となることが期待されています。

キャリアパスについて

「再生誘導医療」が軌道に乗れば、他の研究開発案件である、
遺伝子関連の治療分子の開発に携わっていただくケースもあります。
バイオベンチャーとして、世界初の再生誘導医療の実現を目指すことは、
バイオや生化学で磨かれたあなたのキャリアにとってもプラスに働くと考えています。

対象となる方

バイオ、生化学、薬学、農学に関する大学卒者、および動物を用いた研究経験のある方

【必須条件】※下記2つとも当てはまる方を募集します
・バイオ、生化学、薬学、農学に関するの大学卒者
・動物を用いた研究経験のある方

勤務地

■大阪大学 遺伝子治療学講座(大阪府吹田市山田丘2-2)
■彩都バイオインキュベータ(ラボ)(大阪府茨木市彩都あさぎ7-7-15)

※業務の内容によっては、双方の勤務地を行き来することがあります。
※転居を伴う転勤なし
※U・Iターン歓迎

■大阪大学 遺伝子治療学講座
 大阪モノレール彩都線「阪大病院前」駅より徒歩5分

■彩都バイオインキュベータ
 大阪モノレール彩都線「彩都西」駅より徒歩9分

勤務時間
10:00〜19:00
(実働時間 8時間、休憩60分)
※基本的に残業はありません。
雇用形態

正社員

試用期間3カ月

給与
年棒380万(1/12を月々支給)
■社員の年収例
【年収例】
年収380万円(28歳/研究員)
待遇・福利厚生
■昇給年1回(4月)
■各種社会保険完備(健康・雇用・労災・厚生年金)
■通勤交通費全額支給
休日・休暇
<休日・休暇>■完全週休2日制(土・日)、祝日
■年次有給休暇(入社6カ月後に10日付与)
■夏季休暇
■年末年始休暇

◎年間休日120日以上

過去の求人一覧