転職・求人DODAエンジニア/トップ > Weekly Report > 回路設計経験をよりアピールするために必要なものは? | DODAエンジニア Weekly Report

DODAエンジニア Weekly Report

回路設計経験をよりアピールするために必要なものは?

2009.05.25

世界同時不況や、デジタル家電の価格競争の激化に伴い、半導体業界全体が今後の方針の見直しを迫られています。大手半導体メーカーでの減産や人員整理といった先行きに不安を感じさせるようなニュースが連日報道されているように、業界再編の動きは国内に限らず国際レベルで検討・実施されており、業界の見通しは決して楽観視できるものとは言えないでしょう。

2008年夏まで、回路設計職は中途採用市場における超売り手(転職者)優位の代表職種であり、企業側は回路設計職の経験年数を問うのみで、細かい経験内容までは必須での採用の条件となっていないことが多く見受けられました。

しかし、景況感の悪化に伴い、回路設計職での中途採用が見直されるにつれ、下記の3つのポイントが重要な選考判断基準として問われ、企業の求める人材像とマッチしていなければ、選考を通過できないという状況となっています。

まず、企画/要件定義/設計/評価という一連の工程の中で、どの工程を経験してきたか、もしくは複数の工程を経験してきたのかがポイントとなっています。

そのうえで、電子ないし電気設計において、どのような機能(CPU、メモリなど)を担当してきたか、また車載向け、アミューズメント機器向けなど、担当してきた製品も重要なポイントとなっています。

DODAエンジニアでは書類のサンプルを掲載していますので、ぜひ参考にしたうえでご自身の経験を存分にアピールしてください。

エージェントサービスに登録する 3分でわかるエージェントサービスのメリット

無料エージェントサービスに申し込む

IT業界に精通した専任のキャリアアドバイザーが、エンジニアの転職活動を無料でバックアップします。

イベント情報

転職のプロに相談できる DODAエンジニア個別相談会

おすすめ診断コンテンツ

ITエンジニア・クリエイター合格診断

あなたの“本当の年収”や今後の“年収推移”も分かる!年収査定サービス[無料]

インタビュー、コラム

アプリケーションエンジニアのための転職力アップ法

アプリケーションエンジニアのための転職力アップ法

エンジニア特有の転職成功ノウハウや市場動向をご紹介

インフラエンジニアのための転職力アップ法

インフラエンジニアのための転職力アップ法

インフラ領域特有の転職成功ノウハウや市場動向をご紹介

業界専任キャリアアドバイザーの連載コラム Webクリエイターのための転職力アップ法

Webクリエイターのための転職力アップ法

クリエイター転職特有のノウハウ・事例などご紹介!

未来を創る 意志あるエンジニアたち

未来を創る 意志あるエンジニアたち

最前線で活躍するエンジニアのこだわりに迫る

GEEK ACADEMY

GEEK ACADEMY

先端を走る技術を、ギークに学ぶ

メールマガジン無料配信

簡単登録で最新の転職情報、
希望の求人が届く