転職・求人DODAエンジニア/トップ > Weekly Report > 企業はここを見る!あなたの担当領域・業務内容 | DODAエンジニア Weekly Report

DODAエンジニア Weekly Report

企業はここを見る!あなたの担当領域・業務内容

2009.08.17

以前のレポートの中で、「担当領域・業務内容を上手に伝えるコツは?」と題し、あなたの仕事内容をよりうまく企業に伝える方法を記しましたが、今回は、企業側の目線から、職務経歴書で見る担当領域・業務内容のポイントを紹介します。

まず、企業は、入社後に任せる役割を確認するために、各プロジェクトにおけるあなたの工程を担っていたのかをチェックします。その際に、いかにしてあなたの担当領域・業務内容が具体的に伝わるかがポイントになります。たとえば、単に「要件定義経験」というだけでなく、「誰と・どのように」要件定義を進めたのかを記載するだけでも伝わり方は異なってきます。

また、プロジェクト規模に関しては、人月だけではなく、プロジェクトの期間や金額規模に加えて、あなたが担っていた役割を把握しようとします。それに加えて、あなたがマネジメント経験を持っている場合は、人数規模だけではなく、どのようなスキル・経験のあるエンジニアをまとめていたかが記載されていると、企業側も期待するマネジメント経験とすり合わせることができるようになります。たとえば企業が「新人教育の経験者を採用したい」と考えており、せっかくあなたがその経験を持っていたとしても、ただ「マネジメント経験がある」、と記載しているだけでは伝わらない、といったようなケースです。マネジメント経験を記載する時も、職務経歴書を一度作成してそれで終わりとするのではなく、時間を要すものの、応募企業の仕事内容を把握したうえで、具体的にどのようなマネジメント経験であったのかを振り返り、どのように伝えるかと準備することが転職成功の鍵になるでしょう。

エージェントサービスに登録する 3分でわかるエージェントサービスのメリット

無料エージェントサービスに申し込む

IT業界に精通した専任のキャリアアドバイザーが、エンジニアの転職活動を無料でバックアップします。

イベント情報

転職のプロに相談できる DODAエンジニア個別相談会

おすすめ診断コンテンツ

ITエンジニア・クリエイター合格診断

あなたの“本当の年収”や今後の“年収推移”も分かる!年収査定サービス[無料]

インタビュー、コラム

アプリケーションエンジニアのための転職力アップ法

アプリケーションエンジニアのための転職力アップ法

エンジニア特有の転職成功ノウハウや市場動向をご紹介

インフラエンジニアのための転職力アップ法

インフラエンジニアのための転職力アップ法

インフラ領域特有の転職成功ノウハウや市場動向をご紹介

業界専任キャリアアドバイザーの連載コラム Webクリエイターのための転職力アップ法

Webクリエイターのための転職力アップ法

クリエイター転職特有のノウハウ・事例などご紹介!

未来を創る 意志あるエンジニアたち

未来を創る 意志あるエンジニアたち

最前線で活躍するエンジニアのこだわりに迫る

GEEK ACADEMY

GEEK ACADEMY

先端を走る技術を、ギークに学ぶ

メールマガジン無料配信

簡単登録で最新の転職情報、
希望の求人が届く