スマートフォン版で表示

インドネシアで働く! 現地キャリアアドバイザーのエリアレポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

成長市場インドネシア。年齢に関係なくマネジメントを担える環境
運転手付きの車やプール付きの家が支給され、生活環境は抜群

パーソルインドネシア
佐藤大介

東南アジア屈指の親日国であるインドネシアは、資源が豊富で、人件費が安いこともあり、製造業を中心に発展を遂げてきました。現在は人口の増加により、製品を購入する消費者や飲食などのサービス利用者が増加していることから、日系を含む外資系の製造業やサービス業が多く進出。外国人向けの求人数は増加傾向にあります。その内訳は営業職を中心に、エンジニア、カスタマーサポート、SE、経理などが多いです。ただ、もともとインドネシア政府が外国人を採用する目的は、自国にない技術を習得することにあるため、誰にでも就労ビザを発行するわけではなく、何かしらの業務経験や技術力を求めることが一般的です。

インドネシアで就業した人が身につけられるスキルは、人材のマネジメント力です。成長市場のインドネシアでは、現地スタッフをマネジメントする管理職の人数が足りていません。そのため、実力次第では年齢に関係なく裁量権が与えられ、マネジメントを任されることも珍しくありません。また現地企業では、英語やインドネシア語がビジネスを進める上で必須のことが多く、実務を通して語学力を高めることも可能です。

インドネシアで語学力を高め、現地スタッフのマネジメント経験を積んだ人には多様なキャリアパスがあります。そのままインドネシアに残り、より高待遇の企業に転職したり、シンガポールや香港など、アジアビジネスの中心地で活躍することができます。日本に帰国してアジア進出を目指す企業で活躍するといったチャンスもあるでしょう。

勤務先の企業から運転手付きの車が支給されたり、プール付きの家が用意されることもあるため、日本では考えられない豊かな生活を送りながら、ご自身のスキルを高めていける環境も魅力です。

就業情報

待遇・就業に必要な条件

給与の目安
※日本円は1ドル120円で換算
※現地通貨はルピアですが、給与はドルで支給されることが多いため、ドル表記としております。
営業:月収1,500~3,000ドル(月収180,000~360,000円 )
事務:月収1,500~2,500ドル(月収180,000~300,000円)
カスタマーサービス:月収1,500~2,500ドル(月収180,000~300,000円)
技術者:月収2,000~4,000ドル(月収240,000~480,000円)
就労ビザ 就労ビザを取得するためには、短大卒以上で実務経験(5年以上が目安)があること。これから就こうとする仕事と前職との関係性が認められないと、就労許可が下りないことがあります。
※昨今では外国人に対する就労ビザの発給要件が厳格化されているため、事前に確認が必要です。
必要な語学スキル 日本語および英語(ビジネスレベル)
※インドネシア語のテストが課される可能性があります。その場合、インドネシア語の基礎レベルが求められます。

日系企業の進出状況

代表的な業種 自動車(四輪・二輪)、機械、電子、電気メーカー、商社・金融・通信・サービスなどが代表的ですが、小売りやサービス業の進出も増えています。
職場環境 近隣のアジア各国との関わりが深く、英語をはじめ、インドネシア語、中国語、韓国語などを使用するマルチリンガルなビジネス環境がインドネシアの特徴です。日系企業の進出の歴史も長く、社内の公用語が日本語という企業もあります。

生活環境

家賃相場
(1カ月)
※日本円は1ドル120円で換算

【ジャカルタ市内】
アパートメント(マンション):700~2,500ドル(84,000~300,000円)
コス(ワンルームタイプの下宿):300~1,000ドル(36,000~120,000円)
※コスの場合、家具およびインターネット付き、洗濯・アイロンがけ、水道光熱費込みです。

【ジャカルタ郊外】
借家(戸建て):1,000~2,000ドル(120,000~240,000円)
サービスアパート(ホテル式のサービス付きマンション):
900~3,000ドル(108,000~360,000円)
アパートメント(マンション):
500~2,000ドル(60,000~240,000円)
※ほとんどの場合は家具付きです。

生活費相場
(1カ月)
※家賃含まず
※日本円は1ドル120円で換算

平均合計:約500ドル~(約 60,000円~)

(内訳)
通信費:50~100ドル(6,000~12,000円)
光熱費:50~100ドル(6,000~12,000円)
交通費:20~50ドル(2,400~6,000円)※タクシーを使う場合
食費・交際費:200~500ドル(24,000~60,000円)
雑費:100~300ドル(12,000~36,000円)
インドネシアで
暮らす日本人
17,893人
2014年10月1日時点 出典:海外在留邦人数調査統計/外務省

他のエリアにも興味がある方はこちら

関連情報

グローバルの転職に興味がある方に、転職のプロがカウンセリング&求人紹介
dodaエージェントサービス 専任のキャリアアドバイザーが、キャリアアドバイスから求人紹介、退職フォローまでを一貫してサポートします。ご利用になりたい方は、こちらからご登録をお願いします。はじめて退職する方のために3分でわかるエージェントサービスのメリットを紹介 エージェントサービスに申し込む(無料) 3分でわかるエージェントサービスのメリット
このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ情報・注目記事

  • 【アジア×はたらく】アジアで就業を実現するための転職・求人情報を紹介します
  • 英語力を活かせる仕事【全18職種】
  • STEP1・2・3で学ぶ!英文履歴書の書き方
  • 事前準備や本番戦術も!英語面接の落とし穴

関連サービス

  • 外資系企業などで働きたい バイリンガルのためのエージェントサービス【BRS】