スマートフォン版で表示

マレーシアで働く!現地キャリアアドバイザーのエリアレポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

経済成長を肌で感じることができる国
英語力を活かして海外で働きたい方に最適

パーソルマレーシア
倉川紫音/佐藤琢也

マレーシアには、20~30年前に外資系製造業が多数進出してきました。ASEAN内では第3位のGDPを誇り、毎年5%前後の成長を続けている国です。製造業を中心とした成長戦略が成功し、増加した国民の所得を消費に向けるべく、現在は政府主導でサービス業の成長を促進しています。

中途採用の求人を見ても、製造業が中心でありますが、ITやアウトソーシングなど、サービス系の求人も増加しています。営業、秘書、コールセンターサポート、エンジニアが代表的な募集職種です。なお、人件費のかかる駐在員を帰国させて現地採用の日本人に切り替える動きもありますので、求人は減少することはなく今後も増加していくものと考えられます。

マレーシアの魅力は経済の成長性が高いことです。特にサービス業に関しては、政府の方針もあり今後マーケットの拡大が予想されます。日本のサービスはマレーシアでも評価が高く、日本で培ったノウハウをマレーシアで展開するチャンスもあるでしょう。例えば顧客への丁寧な対応で評価が上がるアウトソーシングや、人材採用に苦戦する企業からの評価が高い人材紹介業などです。さらに食品関連の市場も成長が見込まれます。ハラルフードと呼ばれるイスラム教の教義に則った食品の市場規模は巨大ですが、マレーシアはいち早くその成長性に着眼し、生産・物流体制を整備しています。ハラルフードに注目している日系企業の進出は今後も増加するでしょう。

マレーシアで就業する場合、英語力を活かして活躍できることが特徴です。アジアで英語力を活かせる国の大半は就労ビザの発給要件が厳しいため、まずは就労ビザを取得しやすいマレーシアで仕事をしたいという人が多いです。数年マレーシアで就業した後は、高い英語力が求められるシンガポールなどアジア内のほかの国で転職したり、現地採用から駐在員になり、役職を目指すなどのキャリアが想定されます。また、日本に戻り、マレーシア進出を狙う企業でアドバイザーとして活躍するケースもあります。

就業情報

待遇・就業に必要な条件

給与の目安
※日本円は1リンギ33円で換算
営業:月収5,000リンギ~(月収165,000円~)
事務:月収5,000~8,000リンギ(月収165,000~264,000円)
カスタマーサービス:月収5,000~8,000リンギ(月収165,000~264,000円)
技術者:月収5,000リンギ~(月収165,000円~)
就労ビザ 就労ビザを取得するためには、最低月給が5,000リンギ(165,000円)以上であることが必要です。就労ビザ取得には通常、2~3カ月かかります(さらに長期化する傾向あり)。また、配偶者ビザ(配偶者が就労ビザや永住権を所有している場合に取得できるビザ)でも、就労許可の取得が可能です。通常2年ごとの更新です。
※現地事情により変更になる場合があります。最新情報は、大使館HPなどでご確認ください。
必要な語学スキル 日本語および英語(日常会話~ビジネスレベル)

日系企業の進出状況

代表的な業種 メーカーを中心に、商社、金融、アパレル、IT、サービスなど多種多様。
職場環境 マレー系、中華系、インド系を中心に、さまざまなバックグラウンドを持つ人々が働いている。ビジネスの公用語は英語。

生活環境

家賃相場
(1カ月)
※日本円は1リンギ33円で換算

【クアラルンプール中心部】
シェアルーム:1000~2,000リンギ(33,000~66,000円)
マンション(1R):1,600~3,500リンギ(52,800~115,500円)

【クアラルンプール郊外】
シェアルーム:700~1,500リンギ(23,100~49,500円)
マンション(1R):1,400~3,000リンギ(46,200~99,000円)

生活費相場
(1カ月)
※家賃含まず
※日本円は1リンギ33円で換算

平均合計:約2,770リンギ(91,410円)

(内訳)
通信費:200リンギ(6,600円)
光熱費:70リンギ(2,310円)
交通費:300リンギ(9,900円)
食費・交際費:1,700リンギ(56,100円)
雑費:500リンギ(16,500円~)
マレーシアで
暮らす日本人
22,056人
2014年10月時点 出典:海外在留邦人数調査統計/外務省

他のエリアにも興味がある方はこちら

関連情報

グローバルの転職に興味がある方に、転職のプロがカウンセリング&求人紹介
dodaエージェントサービス 専任のキャリアアドバイザーが、キャリアアドバイスから求人紹介、退職フォローまでを一貫してサポートします。ご利用になりたい方は、こちらからご登録をお願いします。はじめて退職する方のために3分でわかるエージェントサービスのメリットを紹介 エージェントサービスに申し込む(無料) 3分でわかるエージェントサービスのメリット
このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ情報・注目記事

  • 【アジア×はたらく】アジアで就業を実現するための転職・求人情報を紹介します
  • 英語力を活かせる仕事【全18職種】
  • STEP1・2・3で学ぶ!英文履歴書の書き方
  • 事前準備や本番戦術も!英語面接の落とし穴

関連サービス

  • 外資系企業などで働きたい バイリンガルのためのエージェントサービス【BRS】