スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

みんなが答えるQ&A

パーソルグループの株式会社ライボが運営する、キャリアや転職に特化した匿名相談サービス「JobQ」の情報を掲載しています。「doda×JobQ」の取り組みについてはコチラ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Q. 転職活動での年収交渉はどのように交渉をすればいいですか?

準大手ゼネコンの年収についての質問です。
現在私は建設業界で転職しており、準大手ゼネコンの選考を受けております。
もし内定をいただいた際に年収の交渉があると思うのですが、そのために年収の指標があればとネットで探したのですが、大まかな年代の指標しかないため質問しました。

・20代後半。
・これまで建築業界内で仕事をしていたが、ゼネコンやサブコンに在籍していない。
・全国型の総合職で応募中

上記が私の状況なのですが、準大手ゼネコンの年収といたしましては、どの程度が妥当でしょうか?

もっと見る

ユーザー名非公開    2019年10月18日

  • ユーザー名非公開1

    「妥当な年収」が希望なのであれば、
    「現在の年収を下回らなければ問題ありません、御社の人事制度に従います」と伝えればOKです。

    内定後に年収を決めるパターンもありますが、
    希望年収聞かれる→妥当なラインを答える→内定
    という流れも多いです。

    その場合は現在の年収からあまりにも高く希望を出しすぎると、
    当然目が厳しくなりますので不採用になったりします。

    「妥当な年収」は前職での年収に左右されるものなので、
    一概には言えません。

    2019年10月18日
  • jobq78158

    相場感があったとしてもあなたのスキル、与える予定の役割などがあるのであまり参考にはならないと思います。
    また、準大手だと給与テーブルが決まっている可能性もあるので、交渉の余地があるかも微妙です。

    一級建築士など資格があって需要が高いものでもなければ、あまり交渉で欲張らないことを勧めます。

    2019年10月18日
  • ユーザー名非公開2

    一般論で言えば、

    ①他業界や他業種へのチャレンジの転職→現年収と同水準
    ②同業種内でスキルを持ったステップアップ→1割から2割増
    ③同業種内で上位企業への転職→現年収と同水準か、今後を見据えて現年収より1割減でも受け入れる
    ④現職種からのドロップ→1割減程度
    ⑤外資などへのリスクあるチャレンジ、上位ポジションへのチャレンジ→3割増程度(受かればラッキーくらいの場合)

    という感じじゃないでしょうか

    あっているか分かりませんがまだ若く、
    ③にあたるのだとしたら、同水準を希望します。
    と言っておくのが将来的には良いんではないでしょうか。
    上位企業であれば、環境に馴染めばすぐに現年収を超えるのが普通ですから。

    2019年10月19日
  • ユーザー名非公開

    ご回答ありがとうございます。
    ''「妥当な年収」は前職での年収に左右されるものなので、
    一概には言えません。''
    そうですよね。参考とさせていただきます。

    2019年10月20日
  • ユーザー名非公開

    ご回答ありがとうございます。

    ’’準大手だと給与テーブルが決まっている可能性もあるので、交渉の余地があるかも微妙です。’’
    →そうなんですね。知りませんでした。

    回答者様のおっしゃる通り、あまり欲張らずに交渉を進めようかと思います。

    2019年10月20日

※質問・回答は「JobQ」から投稿できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
転職の疑問・悩みを直接キャリアアドバイザーに相談したいなら
エージェントサービスに申し込む(無料)
疑問・悩みが解決したら、気になるこだわり条件から求人を探そう!
求人情報を検索する

doda転職オンライン予備校