転職者リアルレポート 実際に働いてみないと分からない意外な魅力やユニークな制度。そんな各社の「常識・非常識」を実在の先輩転職者が教えます。理想の会社探しにぜひご活用を!
今回の常識・非常識
語学アドバイザーの7割が、海外研修に参加しています。
私がお話しします。

トムス株式会社

大学時代、英文学科で英語を専攻。前職は、販売・サービス業に就いており、人と接する仕事、かつ英語を活かす仕事がしたい、という思いから入社する。

これまでの研修は、バルセロナやハワイ。2010年はバリ島を予定。

当社は英会話教室を運営しているのですが、英会話の習得は、「基本的な会話力を身につけたい」「ボーダレス化が進む世の中にも適応したい」「仕事のフィールドを海外に移したい」など、明確な目的や目標がないと断念してしまいがちです。ですから、習得をサポートする立場の語学アドバイザーこそが、目に見える目的や目標を持って働いていないと十分なサポートができないと思います。私にとっては、その目標の一つが年1回の海外研修です。これまでの研修先は、スペインのバルセロナやハワイなど。2010年はバリ島の予定です。日本を離れ、海外の文化に触れることができる1週間を、私たち社員はとても楽しみにしています。

同じ目標があるとモチベーションが上がります。

入社前にHPを見ていたので、海外研修制度があることは知っていましたが、ごく一部の優秀な人しか行けないと思っていました。でも、入社後に先輩に聞いてみると、2009年は語学アドバイザーの約7割が参加したということ。実際の写真を見たり、話を聞いたりするうちに「私も来年は絶対に行きたい」と思うようになりました。一緒に働く仲間の中にもこの研修を目指す社員は多く、みんなで同じ目標に向かって頑張ることができています。海外研修という具体的な目標が手の届くところにあるので、それが仕事のモチベーションになっています。

普段会わない社員との交流が刺激になります。

海外研修制度も、社員の交流のための取り組みですが、このほかにもさまざまな企画があります。社長の誕生日パーティーや、2泊3日の国内旅行、スポーツ大会などです。普段は各地区のスクールで働いているので、お互いが顔を合わせる良い機会になりますし、チームワークの大切さを改めて感じることもできます。海外の文化に興味があり、それに触れながらスキルアップしたいという同じ目標を持つ仲間と交流できることは、とても刺激になります。こんな環境の中で、どんどん成長していきたいと思っています。

COMPANY DATA

トムス株式会社

■ 設立

2005年

■ 本社所在地

〒160‐0023 東京都新宿区西新宿1-4-11 全研プラザ7F

■ 事業内容

  • ・学習教室の運営
  • ・学習出版物の製作および販売

dodaエージェントサービス 専任のキャリアアドバイザーが、キャリアアドバイスから求人紹介、退職フォローまでを一貫してサポートします。ご利用になりたい方は、こちらからご登録をお願いします。はじめて退職する方のために3分でわかるエージェントサービスのメリットを紹介 エージェントサービスに申し込む(無料) 3分でわかるエージェントサービスのメリット

ご登録後、すぐにご紹介できる求人がない場合は、パーソルキャリアのdodaカスタマーセンターよりその旨をご連絡の上、求人発生時まで求人紹介・カウンセリングをお待ちいただいております。あらかじめご了承ください。