転職者リアルレポート 実際に働いてみないと分からない意外な魅力やユニークな制度。そんな各社の「常識・非常識」を実在の先輩転職者が教えます。理想の会社探しにぜひご活用を!
今回の常識・非常識
プレゼン上手な技術者がゴロゴロいます
私がお話しします。

三菱地所ビルマネジメント株式会社

転職前は不動産ディベロッパーにて、電気設備の設計監理を担当。2002年、これまでの経験を活かしながら大規模なプロジェクトに参加してみたいという思いを実現すべく、三菱地所ビルマネジメントへ転職。現在は電気設備設計監理を担当。

2カ月に1度の「情報連絡会」でプレゼン力が磨かれる

当社では、設計監理一人ひとりが高い知識・技術レベルを持つために三菱地所グループで実施する「情報連絡会」という定例ミーティングを2カ月に1度、実施しています。出席するのは、三菱地所グループ各社の技術関係者たち。事故やトラブル内容の共有を行うことはもちろん、それぞれがテーマに基づいてリサーチした技術や知識を60分間で発表し、情報共有をします。ポイントは知識や技術を吸収するだけでなく、自ら発表もするということ。仕事現場では、テナントに入居されているお客さまとの折衝・交渉業務も多々あるので「情報連絡会」はプレゼン力を磨くいい練習になります。当社の技術者にプレゼン力があるのは「情報連絡会」のおかげかもしれません。

高さ、296m。入社後すぐに日本を代表する超高層ビルを担当

私が入社後に担当したのは、高さ296m、延床面積39万2885平方メートルの「横浜ランドマークタワー」。オフィス、ホテル、ショッピングモールなど多様な施設を備えた日本屈指のビルです。入社後すぐに、この超大型物件の電気設備設計監理を担当できることに驚きとやりがいを感じたのを覚えています。現在は、横浜から丸の内へと異動し、「新丸ビル」など3物件の管理を手がけています。当社には「スケール感のある仕事を手がけてみたい」という思いに応えられるフィールドがありますね。もちろん、スケールが大きくなると、それだけ責任やプレッシャーも大きくなりますけど(笑)。その分、知識や技術、ノウハウなどが身につくので成長できる環境です。

基本的には土日休み。休日出勤したら代休取得を徹底

転職して良かったことは、携わる物件規模や独自の研修だけでなく、働き方も変わったことです。当社では、高い専門性を備えた社員一人ひとりが、現場で力を発揮できるように、仕事とプライベートのバランスを重視しています。過度な残業もなく、土日出勤は緊急対応時以外、ほとんどありません。だから、働くときは全力で働き、休むときは全力で休む、という文化が浸透していますね。仮に、緊急対応で土日出勤した場合でも代休を取ることを推奨されているので無理なく働ける環境です。プライベートが充実すると、自然と仕事も充実すると実感しています。

COMPANY DATA

三菱地所ビルマネジメント株式会社

■ 設立

1991年10月

■ 本社所在地

〒100-0005  東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル

■ 事業内容

オフィスビル、商業施設等の建物の総合的な運営・管理サービス

dodaエージェントサービス 専任のキャリアアドバイザーが、キャリアアドバイスから求人紹介、退職フォローまでを一貫してサポートします。ご利用になりたい方は、こちらからご登録をお願いします。はじめて退職する方のために3分でわかるエージェントサービスのメリットを紹介 エージェントサービスに申し込む(無料) 3分でわかるエージェントサービスのメリット

ご登録後、すぐにご紹介できる求人がない場合は、パーソルキャリアのdodaカスタマーセンターよりその旨をご連絡の上、求人発生時まで求人紹介・カウンセリングをお待ちいただいております。あらかじめご了承ください。