転職・求人doda(デューダ)トップ > なるほど!転職ガイド > 転職者リアルレポート >  株式会社日本ビジネスエンジニアリング
転職者リアルレポート 実際に働いてみないと分からない意外な魅力やユニークな制度。そんな各社の「常識・非常識」を実在の先輩転職者が教えます。理想の会社探しにぜひご活用を!
今回の常識・非常識
入社2年目で、社長と直談判しました
私がお話しします。

株式会社日本ビジネスエンジニアリング 第3事業部 部長 仲原 秀和 さん

2001年、日本ビジネスエンジニアリングに入社。プログラマとしておサイフケータイの基礎部分の開発、SEとしてGIS開発に携わるなど多様なプロジェクトを経験。現在は人事系ソリューションに関するプロジェクトのPMとして活躍中。

社長をはじめ、「モノづくり」へのモチベーションがとても高い

社長の野上は、大手メーカーで営業もエンジニアも経験してきた人物。自社でソリューション製品を持ちたいという意欲を強く持っています。その影響からか、社員一人ひとりの「モノづくり」に対するモチベーションが高いですね。実際に、Delphi用ドキュメント生成ツール「!Doc(ビックリドック)」という自社企画・開発プロダクトを世に出していますが、新たに特許取得も視野に入れた製品づくりを着々と進めています。2010年には、新しいビジネスを生み出すための「NBEM(New Business Enhance Movement)」という社内横断プロジェクトが誕生。社長はもちろん、役職者からメンバーに至るまで立場を問わず、積極的に意見交換を行っています。

新米社員にも「チャレンジの場」を提供してくれる

「NBEM」では、実際に現場レベルから次々と、企画やアイデアが挙がってきています。既に、モバイル向けのソリューションで、2011年中にリリース予定のものもあります。「モノづくり」への意欲が旺盛な方にとっては、やりがいのある環境だと思います。実際、入社して2年後、私は新しい事業を立ち上げたいと社長と直談判。社会貢献できるシステムを世に出そうと、視覚障害者向けのナビゲーションシステムを企画しました。研究開発費用も支給され、3カ月間、入念にリサーチ。結果的に事業化するのは難しいという結論になったのですが、新米社員にもやる気や熱意があれば、挑戦の場を与えてくれる会社です。

社内交流が盛ん。25年以上続く、歴史ある野球同好会も

社長、役員、管理職、メンバーと、ポジションにかかわらず、コミュニケーションが取りやすいのも、当社の特徴ですね。部署を横断して社員同士が交流できる場は、「NBEM」以外にも多く、研修や勉強会など、社内で顔を合わす機会が定期的にあるため、会社への帰属意識がとても高いです。同好会活動も活発で、軟式野球、テニス、ゴルフ、スキー、音楽、バトミントン、バレーボール、フットサルなど、多くの同好会があります。なかには、1984年発足の軟式野球同好会のように25年以上の歴史のある同好会もあり、社内交流に最適な場となっています。

COMPANY DATA

株式会社日本ビジネスエンジニアリング

■ 設立

1981年

■ 本社所在地

〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島2-12-6 ヨコハマジャストビル6F

■ 事業内容

    □システムの企画・設計・構築・開発および監査
    □独自ソリューション及びパッケージソフトの企画・開発・販売

dodaエージェントサービス 専任のキャリアアドバイザーが、キャリアアドバイスから求人紹介、退職フォローまでを一貫してサポートします。ご利用になりたい方は、こちらからご登録をお願いします。はじめて退職する方のために3分でわかるエージェントサービスのメリットを紹介 エージェントサービスに申し込む(無料) 3分でわかるエージェントサービスのメリット

ご登録後、すぐにご紹介できる求人がない場合は、パーソルキャリアのdodaカスタマーセンターよりその旨をご連絡の上、求人発生時まで求人紹介・カウンセリングをお待ちいただいております。あらかじめご了承ください。