転職者リアルレポート 実際に働いてみないと分からない意外な魅力やユニークな制度。そんな各社の「常識・非常識」を実在の先輩転職者が教えます。理想の会社探しにぜひご活用を!
今回の常識・非常識
年間1000回以上の技術勉強会が開かれています
私がお話しします。

株式会社アルプス技研 技術部技術教育グループ長 栗林 静雄 さん

電気・電子技術者として株式会社アルプス技研に転職して以来、20年にわたり設計開発現場の一線で活躍。2004年には「技術者育成支援システム」の立ち上げに参加。現在は技術研修を主催する本社部門でエンジニアの技術育成に携わっている。

「エンジニアに成長してほしい」という会社としての“想い”がカタチに

「アルプス技研の歴史は社員教育の歴史」と言われるほど、当社は技術者への教育投資に力を入れています。例えば、全国どこでも受講可能なWeb配信型技術研修や、300種類を超える通信教育プログラム、さらにはベテランエンジニアが主体となる技術勉強会も随時開催されていて、その数はなんと年間1000回以上にも上ります。エンジニアがスキルアップできる環境を整えている背景には、創業者であり最高顧問でもある松井利夫の、「技術者は会社の財産である」という哲学があります。誰もが成長し、自己実現してほしいという会社の“想い”がカタチになっています。

大手メーカーから表彰されるほどの、総合的なスキルが身につく

アルプス技研は創業以来40年以上、一貫してエンジニアの「総合力」にこだわってきました。技術だけでは、これからの時代を勝ち残っていくことはできない。だからこそ、当社では技術研修に加え、コミュニケーションスキル、マネジメントスキル、ファシリテーションスキル、そして人間力向上のためのヒューマンスキル研修などの教育制度を取り入れています。取引先の大手メーカーからも、当社のエンジニアが個人表彰を受けるほど、総合的な能力を評価されています。しかしそれらは、会社が取り組んできた教育研修の成果だけでなく、エンジニア自身が向上心を持って努力し、自分たちでマーケットプライスを高めた結果でもあると思っています。

ロボットコンテスト、カーレースなど多数のモノづくりイベントあり

社員の90%以上がエンジニアであるアルプス技研は、モノづくり企業としてさまざまな取り組みを行っています。その中のひとつに、年一回開催されている最大のイベント「ロボットコンテスト」があります。このコンテストには、全国の拠点から有志で集まった数十チームが半年以上にわたる準備期間を経て出場。その年ごとに設けられる、パワー、スピード、テクニックなどの各テーマに基づき、技術力とチーム力の総合的な審査項目で競い合っています。ほかにも、自作のカートによるモータースポーツイベント「Honda エコマイレッジチャレンジ」など、各種モノづくりイベントに積極的に挑戦する社員が多くいるのが特徴です。“真面目に遊ぶ”エンジニア集団。それがアルプス技研です。

COMPANY DATA

株式会社アルプス技研

■ 設立

1971年1月(創業1968年7月)

■ 本社所在地

〒220-6218 
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-5 クイーンズタワーC 18階

■ 事業内容

技術者の派遣事業
技術プロジェクトの受託事業(開発、設計、試作、製造、評価)
一般労働者派遣
事業許可番号 般 14-090001

dodaエージェントサービス 専任のキャリアアドバイザーが、キャリアアドバイスから求人紹介、退職フォローまでを一貫してサポートします。ご利用になりたい方は、こちらからご登録をお願いします。はじめて退職する方のために3分でわかるエージェントサービスのメリットを紹介 エージェントサービスに申し込む(無料) 3分でわかるエージェントサービスのメリット

ご登録後、すぐにご紹介できる求人がない場合は、パーソルキャリアのdodaカスタマーセンターよりその旨をご連絡の上、求人発生時まで求人紹介・カウンセリングをお待ちいただいております。あらかじめご了承ください。