転職者リアルレポート 実際に働いてみないと分からない意外な魅力やユニークな制度。そんな各社の「常識・非常識」を実在の先輩転職者が教えます。理想の会社探しにぜひご活用を!
今回の常識・非常識
社員の笑顔と元気があってこそのお客さま満足。だからこそ「社員第一主義」を貫く。
私がお話しします。

株式会社日本教育協会 スクールマネージャー  杉山 裕一郎さん

大学卒業後、2003年に飲食店を運営する会社に就職し、店長として活躍する。その後他の飲食店運営会社に転職し、レストランの立ち上げと運営に関わる。2010年、株式会社日本教育協会に入社し、学習塾の運営を担うスクールマネージャーに。子どもたちの成長に情熱を燃やし、保護者からの信頼も厚い人気者。

保護者さんの口コミが最大の宣伝

どんなサービスにあっても、お客さまにサービスの存在を知っていただき、ご利用いただけるかどうかは重要な要素です。前職は飲食店の店長を務めていましたが、お客さまにお越しいただくために広告を出したり、チラシを配ったりといった活動をしていました。学習塾の運営においても、生徒さんを募集するために同様の宣伝活動があるとイメージしていましたが、日本教育協会のスクールマネージャーは、お問い合わせいただいた保護者さんへの対応はあっても、それ以外の宣伝活動を行っていません。では、どうやって生徒さんを獲得しているかというと、口コミの力にほかなりません。生徒さんの成績アップや成長を実現し、保護者の方々の信頼を得ることが、次の生徒さんのご紹介につながるのです。保護者の皆さまのネットワークの強さを、本当に実感しましたね。

子どもが成長していく喜びを、保護者さんと共有する

学習塾に来る子どもたちが抱える問題は、「成績が伸びない」「苦手科目がある」「学校に居場所がない」などさまざまです。日頃から子どもたちとじっくり対話し、ときには叱り、ときには褒めながら、一緒になって目標の達成を目指しています。スクールマネージャーは特別な宣伝活動をしないと言いましたが、その時間は保護者の方とのコミュニケーションに使います。お子さんの学習塾での様子や成長を電話で報告し、安心していただく。それが保護者の方にとっての信頼につながり、「ありがとう」という言葉につながるのです。同じサービス業でも、日本教育協会では関わる人たちとの距離がぐっと近くなりました。生徒さんは、下は小学生から高校生まで。講師として働いてくれる大学生。そして保護者の方まで、接する人たちの年齢層が幅広いので、コミュニケーションの幅も大きく広がったと思います。

社員の元気と満足があってこそ、会社は成長する

スクールマネージャーは、子どもたちの成長過程を共に過ごします。努力の末に苦手科目を克服して、「人は変われるよ!」と笑顔で言ってくれた生徒さん、志望大学に合格してからもアルバイト講師として働いてくれる生徒さん…。数々のドラマがこの校舎から生まれ、その体験が大きなやりがいになっています。 代表の宮浦や上司からはよく、「とにかく君自身が明るく、元気であること。そうでなければ、誰も元気にならない」と言われます。良いサービスを提供するためには、社員がまず元気でなければならないという「社員第一主義」の考え方が浸透しているのです。サービス業としては珍しく土日休みが確保できますし、遅くまで働いていると「早く帰れよ!」と上司に声をかけられます。社員1人1人の元気が周囲に伝播し、それがビジネスとしても機能している。日本教育協会はそんな会社だと思います。

COMPANY DATA

株式会社日本教育協会【代々木個別指導学院】

■ 設立

1989年3月

■ 本社所在地

〒162-0845
東京都新宿区市谷本村町3-28新日本市ヶ谷ビル8F

■ 事業内容

小学1年生から高校3年生までを対象とした、個別指導学習塾「代々木個別指導学院」の運営。
東京都内・神奈川県・埼玉県内で現在47校、および3つの地区オフィスを展開。
圧倒的な教育の質で、多くの生徒・保護者に支持をいただき、約7割が口コミで入会するほどの評判です。
生徒一人ひとりの能力や個性にあった学習プランを提案し、成長を応援しています。

dodaエージェントサービス 専任のキャリアアドバイザーが、キャリアアドバイスから求人紹介、退職フォローまでを一貫してサポートします。ご利用になりたい方は、こちらからご登録をお願いします。はじめて退職する方のために3分でわかるエージェントサービスのメリットを紹介 エージェントサービスに申し込む(無料) 3分でわかるエージェントサービスのメリット

ご登録後、すぐにご紹介できる求人がない場合は、パーソルキャリアのdodaカスタマーセンターよりその旨をご連絡の上、求人発生時まで求人紹介・カウンセリングをお待ちいただいております。あらかじめご了承ください。