スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

社長の哲学/INTLOOP株式会社・林 博文社長の哲学/INTLOOP株式会社・林 博文

はやし・ひろふみ。1972年生まれ。大手コンサルティングファームに入社し、製造業のBPRプロジェクトを中心に4年間コンサルタントとして従事。ゼロから会社づくりに携わりたいと、大手コンサルティングファームを退職。創業間もないベンチャー企業の立ち上げに参画。その後、元いた大手コンサルティングファームに再入社。2005年に独立して、経営・業務改革コンサルティングを事業の柱とするINTLOOP株式会社を設立。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの本

「関係(グワンシ)中国人との関係のつくりかた」(吉田茂美 共著/ディスカヴァー・トゥエンティワン)

中国でビジネスを行うにあたって、円滑に関係構築を行うための方法について書かれています。香港貿易発展局に勤務している日本人の長年の体験を踏まえて書かれているため、大変分かりやすい文章になっています。中国と取引をしている企業では、この本をバイブルとして使っている会社もあるようです。中国とビジネス上の接点がある方はもちろん、中国を舞台にこれからビジネスを仕掛けていきたい方にはぜひおすすめしたい一冊です。

コンサルティングとリアルビジネスでアジアマーケットを開拓する

INTLOOPでは通常のコンサルティング事業に加えて、さまざまなリアルビジネスを展開しています。リアルビジネスとは、実際に自分たちで手を動かして事業計画を立てたり、営業活動を行うことを指します。机上の空論ではビジネスは成立しません。特に、文化や風習が異なる海外においては、リアルな現場を体験することで、生きたノウハウやマニュアルが蓄積されていくのです。実際、日系企業のアジア進出支援やアジア企業の日本進出支援事業のコンサルティングをする中でも、現地での販売ルートの開拓といった実行支援まで手掛けています。現在、ベトナムのホーチミンと中国の香港に海外拠点を構え、上海では法人設立の準備中。現地での実績を積みながら、今後は韓国、台湾、シンガポールなど、その他アジア圏にも進出していこうと考えています。

アジアマーケットをつなぐことで、産業を発展させていく

中国の経済成長と市場規模の拡大は言わずもがなですが、その他のアジア地域にも強いビジネスポテンシャルを感じています。また、ビジネス観点だけではなく、こうしたアジアの国々に事業を根付かせ産業発展を支援したいですね。例えば現在、INTLOOPはBtoCのビジネスを拡大するべく扱う商品数も増やしていく構えです。日本からアジアへは最先端の化粧品などを中心とした美容製品。アジアから日本にも、各地域で生産される低価格高品質の商品が多くあります。文化や食べ物、人の体型に親和性がある日本とアジアの間に立ち、相互に流通チャネルを増やすことで物品の供給による利益拡大はもちろん、優れた文化の輸出入も見込めます。そして、結果的には国の産業活性化にまで発展させていきたいですね。

林氏が考える“いい転職”とは?

いい人と巡り合い、その人と一緒に仕事ができる環境を得ることが“いい転職”だと思います。転職活動を進めていく中で、「内定した会社に入社を決めてしまいたい」と焦る気持ちもよく分かるのですが、最終的な決断を下す前に、できるだけ多くその会社の社員と会って見極めを行った方がいいですね。面接で会った数人がその会社らしい人物とは限らないですし、面接という限られた場では判断しきれないはずです。飲みに行くのもいいと思いますね。飲まないと素が出ない人もたくさんいますから。

COMPANY DATA

INTLOOP株式会社

■ 設立 2005年2月
■ 本社所在地 〒108-0073 東京都港区三田3-12-17 芝第3アメレックスビル5F
■ 事業内容 ・経営・業務改革コンサルティング
・ITコンサルティング
・プロジェクトマネジメント支援
・海外進出支援
・プロ社員派遣
このエントリーをはてなブックマークに追加

dodaエージェントサービス

dodaエージェントサービス

専任のキャリアアドバイザーが、キャリアアドバイスから求人紹介、退職フォローまでを一貫してサポートします。ご利用になりたい方は、こちらからご登録をお願いします。

エージェントサービスに申し込む(無料)

doda転職オンライン予備校