スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

社長の哲学/ アバナード株式会社 安間 裕社長の哲学/ アバナード株式会社 安間 裕

あんま ゆたか。団体系保険会社、外資系商社を経て、1998年にアクセンチュアに入社。その後外資系広告代理店を経て、2001年に再度アクセンチュアに入社、アクセンチュア・テクノロジー・ソリューションズ株式会社の設立に携わり、2002年8月に同社代表取締役社長に就任。2009年、アクセンチュア株式会社 執行役員アウトソーシング本部長、2010年執行役員ビジネスプロセス・アウトソーシング統括本部長を歴任。国内ITコンサルティングファームの経営に携わった後、2014年4月にアバナードに入社し、5月に代表取締役社長に就任。1982年明治大学文学部文学科フランス文学専攻卒。1959年生まれ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの本

『闘うプログラマー』(G・パスカル・ザカリー著、山岡 洋一(翻訳)/日経BP社)

マイクロソフト社の世界戦略の一端を担ったOS「ウィンドウズNT」の開発物語で、開発プロジェクトに関わった「伝説のプログラマー」を主人公に、開発者たちの壮絶な人間ドラマが展開されます。サスペンスを読んでいるかのようなハラハラ感と、モノづくりの醍醐味を味わうことができ、システム開発への情熱とロマンを呼び起こしてくれる1冊です。

ITコンサルタントであることにこだわり続ける理由

若い頃は、ITコンサルタントとして働いていました。「コンサルタント」というと、クライアントからすると立場が上のような印象を受け、現状を否定してばかりの煙たい存在になりがちです。私は、あえてクライアントと向き合うのではなく、「隣に座る」ことを意識して、同じ価値観を築いて一緒に結論を出すことに腐心し、プロジェクトを推進していました。事業会社(クライアント)と、それを外部から支援するITコンサルティング会社(ベンダー)両方を経験したことにより、クライアントの社内事情や人間関係をリアルにイメージできることが、私のひとつの武器になっています。

ある時、アクセンチュアから事業会社のIT部門に転職したのですが、アクセンチュアのスピード感と、数々のプロジェクトを手掛けていくダイナミズムが身に沁みついていた私は、事業会社の仕事が物足りなくなってしまいました。大掛かりなプロジェクトはあって3年に1度、日常的には社員の増減や組織編制に伴うユーザーIDの修正処理が中心です。楽ではあったのですが、このままではITの世界で生きる者として最先端を走ることは難しいと考え、アクセンチュアに戻ることを決意しました。それ以来、ITコンサルタントという立場にこだわりを持ってキャリアを積んでいます。

ITプロフェッショナルとして高い技術力で日本企業に貢献したい

日本の企業はIT投資が全支出の1%程度に留まっており、これは世界的に見て非常に低い水準です。それに対して販売管理費は世界一高い。これでは、大きな利益を創出するのは難しい。日本企業は、IT投資を増やして業務効率を高め、販管費を縮小する努力をすべきです。しかし、事業会社が数年に1度しかないプロジェクトのために、高い技術力を持ったIT人材を育てるのはコスト的に見ても非効率です。だからこそ外部から支援するITプロフェッショナルの存在が必要であり、私たちは高い技術力をもって、日本企業が元気になるよう、そして世界で戦えるよう貢献していきたいと考えています。

一方で、「ベンダーだから忙しい」という世の中の固定観念を崩していく必要もあると思っています。なぜ忙しくなるかというと、プロジェクト単位での仕事は時間的なゴールが決まっているからであって、進捗に遅れが出ることによって業務が逼迫するからです。科学的なアプローチによってプロジェクトの進捗と品質を管理できれば、バランスのとれた働き方は可能です。そのほかにも、事業会社のユーザーID管理などの負荷が低い案件を獲得して、社員のライフステージに合わせてアサインできるようにする。または、多少忙しくても技術者としてわくわくするような仕事を獲得するなど、経営者としてなすべきことはたくさんあります。アバナードにはすでに良いところがたくさんありますが、より「エンジニアを幸せにする」会社にすべく、尽力していきたいですね。

安間氏が考えるいい転職とは?

キャリアアップやステップアップなど、転職にはさまざまな目的があるとは思いますが、まずは自分にはどのような強みがあって、その会社に対してどのような貢献ができるのかをじっくり考えてみること。その次に、その会社が自分に対してどのような機会を与えてくれるのかを考えてみてほしいと思います。どの会社にも良し悪しがありますから、特にネガティブなことをシミュレーションして、それを越えるだけの魅力を感じられるかどうかで、転職の判断をしていただきたいと思います。

COMPANY DATA

アバナード株式会社

■ 設立 2005年7月
■ 本社所在地 〒106-0032 東京都港区六本木1丁目8番7号 アーク八木ヒルズ
■ 事業内容 テクノロジーサービス(ITコンサルティング、システム・インテグレーション)
このエントリーをはてなブックマークに追加

dodaエージェントサービス

dodaエージェントサービス

専任のキャリアアドバイザーが、キャリアアドバイスから求人紹介、退職フォローまでを一貫してサポートします。ご利用になりたい方は、こちらからご登録をお願いします。

エージェントサービスに申し込む(無料)

【人気企業300社の合格診断】今、転職できる可能性は?