スマートフォン版で表示

三田紀房先生インタビュー後編
漫画は商売だ! 『ドラゴン桜』
漫画家なんて誰でもなれる!?
『ミナミの帝王』に見つけた漫画の法則

このエントリーをはてなブックマークに追加

『ドラゴン桜』『インベスターZ』……フィクションでありながら指南書のようにも使える漫画で、読者を惹きつけてきた三田紀房先生。後編では、『ドラゴン桜』のキャラクターが魅力的な理由、そして「漫画家は誰でもなれる」と語る三田先生の真意を語ってもらった。

前編の記事はこちら

三田紀房(みた・のりふさ)

1958年生まれ、岩手県北上市出身。明治大学政治経済学部卒業。 代表作に『ドラゴン桜』『インベスターZ』『エンゼルバンク』『クロカン』『砂の栄冠』など。 『ドラゴン桜』で2005年第29回講談社漫画賞、平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。 現在、「ヤングマガジン」にて『アルキメデスの大戦』を連載中。

『ドラゴン桜』はなぜ魅力的なのか?

――『ドラゴン桜』は、受験のテクニックを教える漫画で、現実に即する部分が非常に強いですよね。実在するネタを題材にする際、どこまでうそをついてフィクションにするか、先生が考える線引きの基準を教えてください。

三田ぼくの場合は徹底的にリアルにやる。本物というか、真実を描かないと駄目で、裏の取れる情報だけを入れて、怪しい情報は入れません。

――「東大は簡単だ!!」という強いワードがありますが、それも本当のことであると?

三田そうなんです。実は簡単なんですよ。その方法をみんな知らないだけなので、こうすれば入れますよというマニュアルを、自信を持って提供しています。

――ほかに、職業を漫画にするときに大事だなと思われることは何でしょう?

三田エンターテインメントであることが大事だと思いますね。ドラマにしたいということであれば、娯楽性がなければ絶対駄目です。

――『ドラゴン桜』であれば、エンタメにするためにどういうことをされました?

三田やっぱり、キャラクターです。キャラクターの魅力を最大限にアピールして、読者に好きになってもらえないと駄目だと思います。

――『ドラゴン桜』だと、弁護士の桜木が強烈な魅力を放っています。

三田『ドラゴン桜』は、桜木というキャラクターがいて、ばんばん本音を言うわけですよね。やっぱり学歴社会だよね、大学行けるなら東大がいいよね……そういう、なんとなくみんなが思って口に出していないことを桜木がズバッと言ってくれると、急激に桜木への親和性が読者の中に生まれます。だから、キャラクターの魅力に、職業が後からついてくるくらいのバランスでやらないと、なかなかうまくいかないと思いますね。

漫画業界にはチャンスが転がっている

――漫画家は誰でもなれる!?

三田大体みんな勘違いしているところがあって、漫画家や小説家がすごいと思い込みすぎなんですよ。だって本屋行くと、しょうもない本もいっぱい売ってるでしょ(笑)。だから、本屋の棚にすごい人たちの本ばかり並んでいると思わないことです。「これくらいなら俺でも描けるじゃん」でいい。自分であまり高いハードルを設定して、そこを乗り越えなきゃと思い込んでしまったら描けるものもの描けないでしょう。

――手塚治虫になろうと言うのではなく……

三田だって、みんな買ってから「あーつまんねぇ」と文句言ってるわけじゃないですか。でも、そういうものがばんばん出るから、エンタメ業界は成立しているんですよ。要するに、100回打席に立って、1発ホームラン打てればOKな業界なんです。ホームラン打つ奴しかいらないとなったら、この業界が成り立たない。今日も、新人賞の審査で来たんですけど、ばんばん賞あげちゃったほうが良いんですよ。「君はできる」って言っちゃったほうが、その気になって人はやるし、そういう人たちがいっぱいいるから、本当のトップが生まれるわけです。

――なるほど。

三田すごい人しか入れませんよと言われたら、みんな怖気づいちゃって来ないじゃないですか。どこで何が起こるかわからない世界だから、この業界は面白いのに。ある出版社で駄目だった人が、他の出版社で大ヒットするなんて、いくらでもありますからね。

『ミナミの帝王』に学べ!

――漫画経験ゼロだと、自分の絵が通用するのか不安になると思います。描けば描くほど、絵は上達していくものでしょうか?

三田そう思いますね。そもそも、この絵が上手いって判断する基準があるわけじゃないんだから、完璧とか100%を求めること自体がおかしいですよ。だって、世間の人の判断基準はみんなバラバラじゃないですか。そこを求めすぎてしまうと、みんな絵の学校に行ってから漫画家になりますみたいになっちゃいますよ。

――そうすると、漫画の基礎がない人は、どうやって学んでいけばいいでしょうか。先生は高校野球をテーマにした『クロカン』を連載するときに、漫画の構造をかなり研究されたとか。

三田「漫画ゴラク」で連載を始めてしばらくして、担当編集者から「『クロカン』は面白いから、もっと人気を取るように頑張りましょうよ」と言われまして。それから1位をどうやったら取れるのかを考えました。「漫画ゴラク」の1位と言えば『ミナミの帝王』です。だから『ミナミの帝王』っぽくやれば、票が上がるんじゃないかと思って研究したんですよね。その結果を自分で実行してみたら、かなり票が入ってきた。要するに、『ミナミの帝王』のノウハウをパクってやったんです(笑)。

――先人に学んだんですね(笑)。

三田そういうことです(笑)。そのころから、ヒット作の原理原則に学んで描き始めました。

――『ミナミの帝王』の原理原則とはどういったものだったのでしょうか。

三田1つ目はキメゼリフです。『ミナミの帝王』には必ずキメゼリフがあるんですよ。それから、キャラクターの顔を大きく描くこと。最後に、比喩表現です。例えば主人公が「あいつは蛇のようなやつやで〜」と言うと、必ず背景に蛇を描く。何かに置き換えて表現するというのが、『ミナミの帝王』は多いですよね。キメゼリフ・顔を大きく描く・比喩的な表現をする。この3つを毎回必ず入れることをルールにして打ち出していきました。

――それで、『クロカン』は人気作になったんですね。

三田絵がうまい漫画をぼくは目指していないんですよ。それよりも“存在感”。雑誌のラインアップの中に埋もれてしまったら、読者の手は止まりません。だから、強い漫画を描くことです。雑誌の中で、強さが際立つような漫画を読者に提供していくことを、ぼくは心がけています。

定年退職したら次に目指すのは漫画家!?

――先生の社会人経験を振り返ってみて、これは会社勤めをしているうちに経験しておいたほうがいいと思ったことはありますか?

三田社会人経験というか、企業に勤めた経験は大きなメリットになると思います。企業勤めをすると、生活のリズムがきちんと作れるじゃないですか。20年、30年と長いスパンで考えると、やっぱり生活のリズムを作れない漫画家は長く続けることが難しいと思います。

――社会に対するバランス感覚も養えますよね。

三田そうですね。あと、組織の中にいると、コミュニケーション能力が身につくじゃないですか。漫画もやはりチームですから、一人では作れません。そこでいろいろな人とコミュニケーションを取ることを考えると、組織の中にいたことがあるのはメリットですね。

――この賞では定年退職をされた方からの応募も期待しています。定年後に、漫画家を目指す選択肢は、どのように思われますか?

三田ぼくね、そういう賞があったほうがいいと実は思っていました。定年後は暇になると思うんですね。その時間を創作に活かして、それまでの経験を漫画として発表することをぜひおすすめしたいですね。

――最後に、賞の応募者に向けたアドバイス・激励の言葉をお願いします。

三田漫画家は体が資本ですので、健康的な生活を心がけてください。ちゃんと食べて寝ること。それから、まずは自分が経験したものからどんどん描いていくことをおすすめしたいと思います。一回スタートさえ切ってしまえば、編集者がああしようこうしようと言ってくれるので、あとはそれに乗ることです。長い漫画家人生を続けていけるようにお祈りしています。頑張ってください。

取材・文/プロダクションベイジュ

「doda」と週刊漫画雑誌「モーニング」がコラボレーション

すべての働く人にチャンスあり!自分の仕事を漫画にして、夢の印税生活をゲット! 漫画が描けなくてもOK!原作も大募集!

サラリーマン、派遣社員、パート、自衛隊員、医者、看護師、裁判官、弁護士、パティシエ、教師、料理人、警察官……なんでもOK!あなたの経験を元にした漫画作品・原作を募集しています。

あなたの作品が『島耕作』シリーズ(弘兼憲史氏)や『カバチ!!!』(田島隆氏)、『ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜』のような人気作品になるかも!

詳しくはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加