スマートフォン版で表示

いい転職が、未来を変える。DODA(デューダ)

私がスカウトします!採用担当者をご紹介

企業の採用担当者は、オファーを送るとき、どんなことをチェックしているのでしょうか。 普段見えない「企業ならでは」の視点をお伝えします。

経歴・実績だけでなく、転職理由・希望のキャリアなど「挑戦したいこと」を重視します

アクセンチュア株式会社

嶋村 まゆ子

人事部 リクルーティング

経歴

グローバルコンサルティングファームでのコンサルタント職・人材開発部門を経て、外資系人材紹介会社へ。3年半エージェント業務を経験し、アクセンチュアにおけるダイレクト・ソーシング専門チーム(Candidate generation)の立ち上げメンバーとして2015年入社。

スカウトしたいのはどんな人ですか?

――転職に関する動機が明確になっている人

希望のキャリアをかなえる場所としてアクセンチュアが最適なのか、お互いのために登録情報や職務経歴書からきちんと読み取りたいと思っています。もし自身のキャリアで成し遂げたい目標を持っているなら、どのようなプロセスで到達していきたいのか併せて書いてあるとよいですね。

――モチベーションを感じる瞬間がフィットしている人

コンサルティング業界の仕事は、複数人でプロジェクトチームを組んで、クライアントにサービスを提供します。そのため、どちらかというと、単独プレーではなく、チームやプロジェクト単位で成果を挙げ、それに喜びを感じる人に向いている仕事だと思います。「どんなことで仕事のモチベーションが上がるか」は大事なポイントです。

転職する方へのメッセージ

「仕事内容がイメージできないので、この求人が自分に合っているか分からない」。転職活動ではそのようなこともあります。でも、オファーは企業があなたのキャリアやポテンシャルに期待して送ったものです。求人への適性を自分一人で判断せず、まずは話を聞きに企業と面談してみてはどうでしょうか。ぜひ、オファーをきっかけにキャリアの選択肢を広げてもらいたいですね。

これまでにない新しい形の銀行だからこそ、仕事に向き合うスタンス・意欲を重視します

株式会社イオン銀行

後藤 隆明

人事総務部 人事グループ

経歴

システム開発会社においてバックオフィス系のSEとして3年、人材開発部門で社員教育の企画運営担当として約5年勤務。2015年にイオン銀行入社。SE経験のある人事担当者として活躍中。

スカウトしたいのはどんな人ですか?

――ゼロベースで考え、仕事に取り組める人

イオン銀行は、店舗を年中無休で夜9時まで営業するなど、これまでにない新しい形の銀行です。サービスのために必要な業務を一から自分たちで考え作り上げることも多く、ゼロベースで物事を考えられる人がマッチしています。職務経歴書で「チームやプロジェクトの立ち上げ経験」や「困難な状況を克服したエピソード」などの記載は、思わず目が留まりますね。

――「新しい銀行」として当行のビジネスに興味を持っている人

社名に「銀行」とついていますが、独自のビジネスモデルや社内風土は既存の銀行と大きく異なり、「決められた枠組みの中で安定して成果を出す」ことよりも「自ら新しいことにチャレンジする」ことが評価されます。ゆえに「銀行」という業種ではなく、当行のビジネスそのものに興味を持ってもらえる人とお会いできたらと思います。

転職する方へのメッセージ

私自身、IT業界での社員教育の経験が長かったため、異なる業界で採用業務に携わるのは大きなチャレンジでした。イオン銀行のように、これまでのキャリアだけでなく、チャレンジする意欲やポテンシャルを評価してくれる会社はあるはずです。オファーを通じて、自分が挑戦したい仕事に出会えたら、まずは応募することをお勧めします。

お客さま目線で提案する金融ソリューションの仕事でキャリアを積みたい方を歓迎します

株式会社SMBC信託銀行

樋口 知比呂
(ひぐち ともひろ)

プレスティア人事部長
シニアバイスプレジデント

経歴

通信企業の人事担当、コンサルティングファームでの金融業界向け人事コンサルタントを経て2012年にシティバンク銀行株式会社に入行。2015年11月の経営統合により現職に就任。人材採用、人材開発を主に担当する。

スカウトしたいのはどんな人ですか?

――幅広い商品ラインアップを駆使して「お客さまを第一に考えた提案」をしたい人

SMBC信託銀行では、グローバルな金融ソリューションをご提供するため外貨建て商品を中心とした、ユニークで幅広い金融商品ラインアップを用意しています。当行に営業として入社された場合のやりがいは、数多くの金融商品をお客さまの資産運用ニーズに合うように、当行で調査した為替などの金融マーケット情報をもとに自身の分析を加えて提案できることだと思います。また、お預かりする資産の規模が大きいため、お客さまとリレーションを構築できる能力が大事になります。現職でお客さまとどのように接して、関係性を築いてきたかがレジュメから分かると採用のアプローチがしやすいですね。

――ご自身の進みたい道を明確にイメージしている人

今後、支店数や取り扱う商品やサービスを積極的に拡大していきます。お客さまとのリレーションシップを重視した個人金融営業のスペシャリストを目指すことはもちろん、支店管理職や本部での企画業務など、幅広いキャリアアップの道があります。明確なキャリアプランを持っている方に対しては、経験を積んだ後にさまざまな道を提示させていただけると思います。

転職する方へのメッセージ

レジュメには金融経験、知識、ご自身のスキルはもちろんですが、お客さまと接する仕事への「熱意」やグローバルな業務に対するご自身の「思い」を表現していただきたいですね。また、これまでの具体的なご経験に加え、ご自身の意欲が表れているレジュメは目に留まります。そうしたレジュメの書き方次第で、企業との面談の機会も増え、その結果、新たなチャレンジの道も開けるのではないでしょうか。

テクノロジーの変化は止まりません。世の中を「ICT」で変えたいという情熱のある方を歓迎します

ガートナー ジャパン株式会社

前島 顕(まえしま けん)

人事部
シニア リクルーティング リレーションシップ マネージャー

経歴

人材紹介会社、外資系PCメーカー、外資系コンサルティングファームでの人事・採用担当を経て、2013年にガートナー ジャパンへ。2016年4月より、ガートナー ジャパンの採用責任者に。

スカウトしたいのはどんな人ですか?

――本当の意味で顧客のためになる価値を提供したい人

ガートナーは世界最大規模のICT(※)アドバイザリ企業です。法人企業、政府機関、金融機関などに対して、ビジネス戦略の策定や、経営の意思決定に欠かせない情報を提供しています。また、ITに関する製品の販売、開発、実装を自社で行っていませんので、利益誘導を排除した独立性の高いコンサルティングが可能です。顧客の課題に対し、本質的かつ効果的なアドバイスやソリューションを行いたいと考えている方には、ぜひ当社へ来ていただきたいですね。
※ICT・・・Information and Communication Technology(情報通信技術)の略。

――変化に対していち早く適応し、前向きに楽しめる人

今、テクノロジーの世界では日々新しい技術が生まれ、凄まじいスピードで変化しています。そうした環境の中では、私たちはその変化をいち早くキャッチし、適応していく必要があります。単に「新しいもの好き」だけでは務まりません。これからの世の中を変えるICTについて世界最高水準の知見を身につけ、それらを顧客のビジネスにいかに活用すべきかを考えられる人が必要です。変化を前向きに楽しめる人にとって、当社は多くの成長機会が得られる場だと思います。

転職する方へのメッセージ

オファーを数多く受け取ると、もともと知っている企業に目が行きがちだと思いますが、知らない企業に目を向けてこそ、スカウトサービスを使う価値があると思います。当社では、他業界でご活躍されている「プロフェッショナル」に出会いたいと考えていますが、IT業界や企業の情報システム部門にいる方以外では、ガートナーという企業をあまりご存じでない方もいらっしゃるかもしれません。まずは当社を知っていただくためにも、カジュアルにお話しできればと考えていますので、興味を持たれたらぜひ応募を検討ください。

一緒に働くメンバーをリスペクトし、誇れる方に参画していただきたい

Sansan株式会社

大間 祐太

人事部副部長

経歴

新卒で人材系ベンチャー企業に入社し、採用コンサルティング事業の立ち上げを経験し、独立。ベンチャー企業の立ち上げから経営に携わり、2010年2月にSansanへ転職。法人営業として入社し、同部署のマネジャーを務めた後、2015年1月より人事部にて採用全体を統括。

スカウトしたいのはどんな人ですか?

――一緒に働くメンバーをリスペクトできる人

当社には、法人向けの「Sansan」、個人向けの「Eight」という二つのプロダクトがありますが、いずれも名刺管理クラウドサービスであり、行っている事業はこれ一つだけです。「ビジネスの出会いを資産に変え、働き方を革新する」というミッションを掲げて、全社員が同じ事業に携わっているわけですね。このミッションの実現に向けて、開発がプロダクトを作り、マーケティングが認知を図り、営業が顧客に価値を伝えて販売し、コンサルタントが利用を促進する…というように、全員がバトンをつないでいます。誰が欠けても価値を生むことはできませんし、自分が生み出した価値をマーケットに届けてくれているのは一緒に働くメンバーです。そんな会社なので、共に働くメンバーをリスペクトできる、誇れる方にジョインしてほしいと考えています。

――仕事の成果を、自信を持って語れる人

ご自身がやってきた仕事、成果に誇りを持ち、それを自信を持って話せる人にお会いしたいですね。例えばエンジニアの方で、ある大規模システムの特定の部分だけを開発していた経験があるとします。この「特定の部分」がシステム全体にとってどれだけ重要だったのか、その仕事にどう誇りを持って働いていたのかを力強く話せるかどうかは、その仕事の価値が高いものであると判断する基準であり、とても重要なことだと考えています。

転職する方へのメッセージ

「フリーポジション」という形でスカウトを送るケースがあります。社内に具体的な募集職種はなくても、求職者の方がお持ちの経験やスキルから判断し、当社のどの部門でもご活躍いただけるイメージが持てた場合に、面接でその方のやりたいことをお聞きしながらポジションを作っていくのです。そのようなオファーを受け取ったら、応募意志は固まっていなくても構いませんので、まずはお会いしてカジュアルな形式でお話しさせていただけたらと思っています。

分社化して新たなスタートを切った当社。「変化を起こし、それを楽しめる人」と働きたいです

株式会社TSUTAYA

森定 雅充

TSUTAYA人事unit

経歴

2006年、株式会社カルチュア・コンビニエンス・クラブ入社。7年間、直営店舗で勤務し、店長としてスタッフとともに企画を実施しながら、真にお客さまに支持される店舗づくりを目指す。2013年に人事部に異動。2014年TSUTAYAの分社化とともに現職。

スカウトしたいのはどんな人ですか?

――顧客価値を追求する姿勢を持つ人

当社は、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下CCC)100%出資の子会社として分社化したばかり。組織としてはこれから確立していく段階で、まさに変革期にあります。CCCグループ全体としても、「世界一の企画会社」として常にお客さまの満足を追求し、世の中に変化を起こしていく企業体です。決められた領域をコツコツこなしていくタイプも重要ですが、何よりも、変化を恐れずに顧客価値を追求していける人を求めています。

――世の中によい変化を起こしていくことを楽しめる人

「TSUTAYA」というとレンタルショップの運営をしていると捉えられがちですが、本質的には「お客さまの自己実現をお手伝いする生活提案を行う」ビジネスです。当社は、映画や音楽、本を一店舗で買える、借りられるという生活提案をし、このビジネス自体が、世の中に変化を起こしました。そんな「変化をこれからも起こし続けていく」、当社のコンセプトに共感し、楽しめる方をスカウトしたいと思います。

転職する方へのメッセージ

「これが世の中や顧客にとって価値のあることだ!」と自ら考え、声を上げられる人と一緒に仕事がしたいですね。求める条件・スキルが5つあるとして、3つは違っていても、そういった志を持った方を歓迎します!

技術力をベースに、やりたいことが明確な人を歓迎します

株式会社デンソー

王 瑞(おう ずい)

人事部 人員計画・採用室
採用1課 担当係長

経歴

2007年に新卒で入社し、人事部に配属される。最初の4年間は人材育成・研修を担当。2011年からは人員計画担当として、グローバルも含めたデンソーグループ全体の人員計画に携わる。産休・育休を経て、2015年4月より現職。主に中途採用を担当している。

スカウトしたいのはどんな人ですか?

――「夢」を堂々と語れる人

これまで、デンソーでは数多くの「世界初」を生み出してきました。グローバルに視野を広げ、「デンソーでこんな仕事をしたい」「自分の技術力を活かして、こんな世界初の製品をつくりたい」といった具体的な夢、志を持った人、それを堂々と語れる人とぜひお会いしたいと考えています。

――業界を問わず幅広い分野のエンジニア

デンソーでは高度運転支援・自動運転分野の技術開発に注力するため、ADAS(※)推進部を新設。この分野の開発は、ミリ波レーダー、画像センサー、通信、電子制御など幅広い分野の技術を結集して行われます。IoT製品開発なども同様ですが、その製品の開発経験者が不足する中で、部分的にマッチする知識・経験を持つ人を探す必要があります。そのため、携わった製品だけでなく、どの部分を担当したのか、使った要素技術が分かるように職務経歴が記載されていると、アプローチしやすくなります。
※ADAS・・・Advanced Driving Assistant System(先進運転支援システム)の略

転職する方へのメッセージ

年間を通じて500名を超える応募者の方とお会いするのですが、その中でよく思うのが、「転職はタイミングが大事」ということ。あなたが「転職を検討してみようかな」と思うタイミングと、あなたに合う企業が採用活動を行うタイミングは、なかなか一致しないものなんですね。少しでも興味がある企業からオファーが届いたら、ぜひその出会いを大切にして、真剣にご検討いただきたいと思います。

グローバルを舞台に活躍する、「和魂多才」な次世代リーダーを求めています

日産自動車株式会社

伯耆原 政志(ほうきばら まさし)

人事本部 日本タレントマネジメント部
日本タレントマネジメントグループ Chief of Recruitment

経歴

新卒で入社した会社を退職後、米国へ2年間の留学をし、修士号を取得する。帰国後、人事コンサルティング会社勤務を経て、2004年に日産自動車へ入社。購買部門人事、本社人事部採用課長、人事企画課長を務めた後、2014年から2年間中国へ赴任。2016年4月より帰国して現職。

スカウトしたいのはどんな人ですか?

――グローバルで活躍できるビジネスリーダー

当社では、世界の市場で戦えるレベルの論理的思考力やリーダーシップ、高度なチームワークで結果を出すまで仕事をやり抜く日本人的なスピリットを合わせ持つ人のことを、“和魂多才”型人材と呼び、日産自動車に必要な人材像として位置付けています。“和魂多才”を体現するような、グローバル市場で事業を牽引できるビジネスリーダーと共に働きたいと考えています。

――自動運転車やコネクテッド・カーなど、最先端の領域に異業種から飛び込める人

近年、AIを搭載する自動運転車や、インターネット等に接続するコネクテッド・カーの技術が急速にフォーカスされています。当社は、他の自動車メーカーに先駆けて自動運転車技術の市場投入を予定しており、コネクテッド・カーの開発も進めています。この領域はICTによる部分が大きく、ソフトウェアやネットワークなどの技術・知見が必要です。自動車業界ではない業界から、興味をお持ちの方にぜひジョインしていただきたいですね。

転職する方へのメッセージ

当社からスカウトをお送りする方については、すべてご経歴に目を通して、お一人お一人に向けてメールをお送りしています。日産自動車には企画・事務系から技術系まで幅広いポジションがあり、各部門でさまざまな新しい取り組みを行っていますので、ぜひその取り組みについてお話しできればと思っています。

「現状否定」をしながら新しいことにチャレンジできる人にアプローチしたいと考えています

株式会社ニトリ

石川 卓哉

人財採用部 中間採用担当

経歴

大手フードサービス企業や大手流通企業にて店舗運営やSVなどを経験した後、人材紹介会社へ転職。キャリアアドバイザーとして転職支援に従事する。2010年、ニトリへ入社。店舗に配属となり、2013年に店長を務める。2014年に人財採用部へ異動し、主に中途採用を担当している。

スカウトしたいのはどんな人ですか?

――前向きに挑戦し続けることができる人

当社は「ロマン」と「ビジョン」で動いている会社です。ロマンとは、「住まいの豊かさを世界の人々に提供する。」という企業理念。ビジョンとは、具体的な長期目標です。現在は、2032年に世界で3,000店舗、売上高3兆円を目標としています。非常に大きな目標であり、今までと同じやり方をしていては到底実現できないビジョンです。経験を活かしながら、常に新しいこと、新しいやり方に挑戦していける人と一緒に、ビジョンの実現を目指していきたいです。

――リスクをとって変革できる人

「会社の問題点はすべて現場にある」と考えています。そのため、中途採用の方は、ご入社いただくと最短でも1年は店舗に配属となります。そこにある問題を見つけ、「現状否定」をして改善・改革につなげていただくことが一つのミッションとなっています。店舗勤務の経験は、商社やメーカーなどで働いていてはなかなか接することがないお客さまからのダイレクトな反応を体感できる、流通・小売業の醍醐味とも言えます。リスクを恐れず、変革に取り組んでいただける方を求めています。

転職する方へのメッセージ

ニトリに関して、小売業、店舗での業務をイメージされる方が多いと思いますが、当社の場合、店舗で仕事をするのは社員の4割ほどで、6割は本部など店舗以外のところで働いています。これは、商品の企画から製造、お客さまへのお届けまで、すべて自社で完結するユニークなビジネスモデルをとっているためです。さまざまな業界・職種の経験を活かしていただける場がありますので、オファーを受け取ったら、ぜひ応募をご検討ただきたいと思います。

クラウドで企業の課題を解決する「No.1クラウドカンパニー」を目指すオラクルで共に働きませんか

日本オラクル株式会社

勝野 良太

人事本部 採用企画部

経歴

新卒で食品会社へ入社し、営業職として勤務。その後、採用アウトソーシング会社へ転職。顧客企業に常駐して新卒・中途の採用業務を経験する。2011年3月、日本オラクルに入社。主にセールス職の中途採用を担当する。

スカウトしたいのはどんな人ですか?

――企業のさまざまな領域の課題解決に貢献したい人

現在当社では企業向けのクラウドサービスに力を入れており、シェア拡大に向けてセールス職を積極的に採用しています。当社のクラウドは、ソフトウェアからOSなど基盤を含めたインフラまでを提供しており、また特定の領域、例えば「CRMだけ」などではなく、あらゆる領域を幅広くカバーしています。企業の課題解決に貢献しながら、共にNo.1クラウドカンパニーを目指していただける方にご入社いただきたいと考えています。

――自ら考えて動ける「セルフスターター」

自分で課題を見つけ、それに対してアクションをとれる人が、当社のカルチャーに合うと思います。どこの企業でも言われることだと思いますが、当社では、その傾向がより顕著です。ただ、「これをやりたい」と手を挙げる人には、周りも協力しますし、会社としてもさまざまな研修を用意してバックアップします。

転職する方へのメッセージ

職務経歴書を書く際に、書式に気をつけてきれいにまとめるだけでなく、その先に読む人がいることを意識して書くとよいと思います。自分がやってきたこと、そこから挙げられた成果を、自信を持って書き込んで、読み手にアピールしてください。その方が、採用担当者に伝わるものがあります。

企業向けITの幅広い製品・サービスに携われる環境で、築きたいキャリアを実現してください

日本ヒューレット・パッカード株式会社

増田 倫子(ますだ のりこ)

人事統括本部
ストラテジック・キャリア本部 採用担当

経歴

2013年に日本ヒューレット・パッカードへ採用担当として入社。前職、前々職でも採用担当を務め、人材採用の経験は6年以上になる。現在は、サーバーやストレージなどハードウェアをビジネスとして取り扱うエンタープライズグループ事業部と、サービスやソリューションを提供するエンタプライズサービス事業部の2部門の中途採用を主に担当する。

スカウトしたいのはどんな人ですか?

――IT業界で築きたいキャリアを自ら考えていける人

当社には、「こういう仕事をやりたい」「将来こういうキャリアを築きたい」と、自分から積極的に考えていける人がマッチすると思います。実際、現場では法人営業から管理部門への異動など、社内公募制度がかなりアクティブに活用されています。自ら考えて、「自分のキャリア」を築いていくのが当たり前の環境なので、能動的にご自身の活躍の場を見つけていける方に、ぜひご入社いただきたいと考えています。

――お客さまの要望に応えながらキャリアアップしたい人

お客さまの業種は多岐にわたりますが、そのほとんどは大手企業です。当社ではサーバー、ストレージ、ネットワークのハードウェア製品をはじめ、ビックデータ、クラウド、セキュリティサービス、ソフトウェアなど、企業向けITサービスとしてはフルラインアップを揃えており、社内の複数部署と協業しながら、これらを組み合わせてお客さまの課題に対するソリューションを提供します。セールス、エンジニアを問わず、企業向けITの幅広い製品・サービスを取り扱える環境でキャリアアップを目指したい方と、ぜひお会いしたいと考えています。

転職する方へのメッセージ

新しいことに挑戦したいという気持ちがあるのであれば、ぜひ行動に移したほうがいいと思います。これまで採用担当をやってきた経験から言えるのは、ネガティブな理由で転職してもうまくいかないということ。自分のやりたいことや、キャリアのビジョンを明確にした上で、熱い思いを持ってぜひチャレンジしてください。

IT技術をビジネスに活かしたい強い思いがあれば、IT業界出身者でなくてもお会いしたい

日本マイクロソフト株式会社

普久原 朝親(ふくはら ともちか)

人事本部 グローバルタレントアクイジション
戦略採用リード

経歴

2006年入社。前職は外資系銀行の人事部。IT企業への転職を希望し日本マイクロソフト株式会社へ入社後は、一貫して採用業務を担当。現在は戦略採用担当者として、自身でも積極的に転職者とコミュ二ケーションをとっている。

スカウトしたいのはどんな人ですか?

――当社が目指す方向性への興味、共感を持っている人

私たちはITカンパニーですので、まずITに興味がある事が大前提となります。その上で、会社全体が目指す方向性に興味や共感があるかどうかを見ています。レジュメを見る際のキーワードの一つは「クラウド」です。各企業のシステムが「クラウド」上に置かれることでビジネスの場がどう変わってくるのか、最新の技術を「クラウド」にどのように活かすのか、このようなことに関心があり、取り組みたい方にお会いしたいと思います。

――多様なバックグラウンドを持つ人

ダイバーシティを進めることで、豊富なアイデアが生まれる組織を目指しています。そのため、IT業界の方だけではなく、ITシステムを現場で使う製造や流通などさまざまな業界・職種の方々をスカウトしたいです。また、OSS(オープンソースソフトウェア)をバックグラウンドとするエンジニアも急速に増えています。エキサイティングで面白い仕事をしたい方にとって当社は最適な環境だと思いますよ。

転職する方へのメッセージ

IT技術に対する好奇心や、こんな仕事をしてみたいという強い思いを持つことは、とても重要で、そこは採用する企業側にも必ず響いてきます。バックグラウンドやスキルマッチにこだわらず、そのような思いを持つさまざまな方に採用活動を通じてお会いしたいですね。

困ったことがあったら周りが手を差し伸べてくれる、そんな関係性を周囲と築ける人が必要です

ライフネット生命保険株式会社

佐藤 邦彦

コーポレート本部 人事総務部長

経歴

新卒でコンサルティングファームに就職。5年近くコンサルタントとして、クライアントの業務改善、システム導入に携わる。その後、Webインテグレーターに人事として転職。映像技術会社のグループ人事を経て、2014年3月にライフネット生命保険へ。約10年の人事・採用経験を持つ。

スカウトしたいのはどんな人ですか?

――長期的な視点で課題にじっくり向き合って状況を打開していける人

生命保険事業は、時間軸の長いビジネスです。何十年にもわたって事業が続くことが求められます。そのため、会社としても社員のキャリアの時間軸を長く捉えています。一つの会社に長くいれば、良い時も悪い時も経験することになるでしょう。会社が厳しい時に、そこから逃れることを考えるのではなく、課題にしっかり向き合って、前向きに厳しい状況を打開していこうと考えられる人が、私たちの会社に必要だと考えています。

――応援してくれる人がたくさんいる、そのような関係性を周囲と築ける人

何か困難に直面した時に、自然にいろんな人が手を差し伸べてくれる、そういう関係性を周囲の人と築ける人に、チームに加わっていただきたいと考えています。そういう人なら、「応援してもらう」だけじゃなくて、逆に周りの誰かが困っている時に、自然に助けることができる人でしょうから。

転職する方へのメッセージ

スカウトする立場から見ると、スキルや経験だけでなく、どんなキャリアの志向をお持ちなのかも気になるものです。あなたがこれまでどんなことを考えてキャリアを積み上げてきたのか、転職経験がある方はどんな背景で次のキャリアを選ばれたのか、今、何を考えて転職活動をしているのか、といったことがレジュメに書いてあると、ぜひ直接会ってお話を聞いてみたいと感じます。応募意思は固まっていなくても構いませんし、志望動機を持ってきていただく必要もありませんので、まずはあなたのキャリアに対するお考えや、私たちが目指しているビジネスの方向性について、ざっくばらんに情報交換ができればと思います。

基本的なスキルはもちろん、「挑戦心」をお持ちの方に積極的にアプローチしたい

楽天株式会社

齊藤 彩

楽天マーケティング 採用担当

経歴

小売業、建設系企業を経て2015年入社。これまで一貫して人事業務を担当し、採用業務も長く経験している。自ら仕事をつくっていくことを求められる楽天株式会社のベンチャー気質が「自分に合っている」という。

スカウトしたいのはどんな人ですか?

――堅実・保守的な人よりも、失敗を恐れない「挑戦心」を持った人

最も必要な資質は、「挑戦心」だと思います。「世界一のインターネット・サービス企業」を目指している当社では堅実な人、保守的な人よりも、まずは行動できる人がなじむと考えているからです。しかし、資質は、レジュメだけでは読み取れませんので、スカウト配信時はスキルなど基本的な内容を確認するだけにしています。

――キャリアの中で残した結果だけでなく、語れるプロセスがある人

レジュメには、受賞歴やプロジェクト参加など事実や結果のみを書いている人が多くいらっしゃいます。でも、せっかく記入するのであれば、そこで自分はどう動いたのか、どんな役割を担ったのかを、ぜひ書いてほしいですね。書ける実績があるということは、それだけ努力されたはず。そのプロセスをお聞きしたいと思います。

転職する方へのメッセージ

お伝えしたいのは「まず、お会いしてお話ししましょう」という一言に尽きます。私自身も転職時、書類選考が通った会社にはすべて足を運びました。対面してお話しをすることで初めて分かることはたくさんあります。また採用担当者として「もしかしたら、当社にマッチしない可能性もあるかも?」と思った方が、実際にお会いしたら素晴らしい方で採用に至ったという事例もあります。そのことは「レジュメだけでは分からない」という教訓になっています。

お任せしたいポジションや一緒に働きたい理由を、一人ひとりにカスタマイズしてご提案します

株式会社レコチョク

金井 美玲

管理部 人事・総務グループ

経歴

情報サービス、IT系企業など数社を経て入社。これまでのキャリアでは一貫して人事総務の業務を担当。直近数年は中途採用をメインに行う。現在は、会社側の「熱量」をいかに候補者へ伝えられるかを日々考え、新しい採用の方法を模索している。

スカウトしたいのはどんな人ですか?

――これまでの経歴がしっかり入力されていて、活躍のイメージがわく人

意外と多いのが、いろいろな経験・スキルをお持ちなのに、DODAの登録情報や職務経歴書に記載していない人です。こちらも少ない情報から人物像を読み取ろうとしていますが、お会いする前にご経歴の詳細が分かった方が、入社後にお任せしたいポジションを理由付きでご提案しやすいですね。

――業務以外でも自己成長のためにやっていることがある人

レコチョクでは自ら変化を起こせる人を求めています。「自ら情報を取りに行く姿勢がある人=現状を変えられる力がある人」だと思っているので、もし、「勉強会に行っています」「情報交換の場をつくっています」など、業務以外で自己成長のためにやっていることがあれば、職務経歴に書いてもらいたいです。

転職する方へのメッセージ

採用にはタイミングや運や縁が大きく働きます。採用に至らない場合でも、それはたまたまその時に会社が必要とするスキルや方向性に合わなかっただけ。もし、興味がある会社からオファーが届いたら臆せず積極的に応募してほしいです。

オープンソースの可能性を感じて、マーケットを共に作っていける人を歓迎します

レッドハット株式会社

松浦 健人

採用チーム Talent Acquisition Lead

経歴

日系人事サービス企業、外資系ソフトウェア企業で10年人事・採用業務に携わった後、2015年6月にレッドハット株式会社に入社。Talent Acquisition Leadとして主にセールス、コーポレート(バックオフィス)系の職種の中途採用を担当。

スカウトしたいのはどんな人ですか?

――新しいマーケットを作っていくことを楽しめる人

一般的にレッドハットは「Linux」の会社というイメージがまだ強いと思います。実際にエンタープライズ系Linuxのおよそ80% のシェアを持っていますが、実は今、ミドルウェアやクラウド関連など新しい領域のビジネスが増えているのです。私たちは、これら新しい製品やソリューションが、日本で今後大きく伸ばせる領域だと認識していて、同様にその可能性に気付いた人、そしてそのマーケットを作っていくことを楽しめる人と一緒に仕事をしたいと思っています。

――ユニークな風土“The Open Organization”にフィットする人

レッドハットが扱っているのはオープンソースソフトウェア(OSS)と言われるものです。 OSSは自社でソフトウェアを開発するのではなく、コミュニティによって活発に開発が行われています。それによりOSSユーザーは最先端の技術、高い信頼性や安定性、コスト削減などOSSのさまざまなメリットを受けることができるのです。レッドハットの組織の運営方法にも、この考え方を取り入れています。従来のトップダウン型ではなく、個々の社員が責任を持ちながら自由に意見を言える“The Open Organization”の考え方に基づいています。

転職する方へのメッセージ

自分一人で考えられるキャリアの可能性って、すごく狭いと思うのです。どうしてもその人の今までの経験や人間関係の範囲の中だけでものを考えてしまいがちです。そんな時はいろいろな人の話を聞いて、インプットを増やすのがと良いと思います。家族、友人、同僚、先輩でもいいですが、企業の採用担当者も相談相手の一人とし見てくださっていい。その意味で、オファーを受け取ったら、ぜひコンタクトを取ってみていただければと思います。

組織に新しい風を吹き込み、変化を促してくれる人を求めています

ロート製薬株式会社

山本 明子

人事総務部 人事2グループ

経歴

1993年に新卒で入社し、最初の2年は営業を経験。その後、販売企画を経て、商品企画へ。産休・育休を挟み、人事に移ったのは2005年から。研修担当から始まり、新卒採用担当を経て、現在は中途採用を一手に担う。

スカウトしたいのはどんな人ですか?

――新しい風を吹き込んでくれる人

当社は常に変化し続け、より社会の役に立てる企業でありたいと考えています。新卒入社の定着率は高いのですが、生え抜きの社員だけではどうしても空気が固定してしまいます。さまざまな業界から、当社に“異質なもの”を提供してくれる方、新しい風を吹き込んでくれる方をスカウトしていきたいです。

――やりたいことが明確な人

「前の会社ではできなかったけれど、ロート製薬でなら実現できるはず」。そんな思いを持って、仕事に対し心からワクワクしてくれる方にぜひお会いしたいです。転職活動においては、個人と企業がいかに腹を割ってお互いの希望や条件を話し合えるかが重要だと思います。ぜひ率直に、あなたのやりたいことを伝えてください。私も本音で、ありのままの当社の姿を伝えていきます。

転職する方へのメッセージ

一日にたくさんのオファーを受け取り、数が多すぎて目が通せない方もいるかもしれません。ただ、私たちは経歴を見て「この人!」と思う人にしかオファーを送っていません。興味のある仕事のスカウトを受け取ったら、ぜひ一度お読みいただきたいと思います。スカウトに応じたら必ず面接を受けなくてはいけないわけではありませんので、分からないことは気軽にお問い合わせください。

求めているのは、世界標準の製品と技術を追求したい方です

YKK株式会社

亀山 秀夫

執行役員 人事部長

経歴

入社33年目。新卒入社後、経理部で業務システムの企画・開発・導入や企画管理部門の業務に従事。その後、北米現地法人や欧米のグループ統括会社などで経営管理や企画管理部門の責任者を務めた。2016年3月に帰国し、2016年4月より現職。

スカウトしたいのはどんな人ですか?

――世界マーケットに求められる製品づくりのために、経験・技術を活かしたい人

「たかがファスナー、されどファスナー」。これは、当社で事あるごとに使われるキーワードです。ありふれた製品に感じるかもしれませんが、実は安全性、機能性、コストなどさまざまな面から常に最新テクノロジーを取り入れ、改善を繰り返してきた歴史があります。さらに当社は、1959年にニュージーランドへの現地法人設立を皮切りに、世界展開を推し進め、現在もグローバルマーケットのシェアを拡大し続けている最中です。そんな進化を続けながら、あらゆる国と地域で使用される製品を生み出すために、自分自身の経験と知識を活かしたい。そうした思いを持った方を積極的に迎えていきたいと考えています。

――技術へのこだわりを持ちながら、実践的なモノづくりができる人

当社では製品開発だけでなく、生産設備・機械も自社で開発を行う一貫生産を行っています。そのために、あらゆる領域の技術者が社内に集まっている環境です。そうしたバックボーンの異なるメンバーが、オープンな風土の中でそれぞれの知見を持ち寄り、ディスカッションを重ねながら製品の品質向上に臨んでいく。これがYKKの風土ですから、技術的なこだわりを持ち、意見を発信していきたい方にこそ当社はマッチするはずです。

転職する方へのメッセージ

スカウトメールをお送りする方の中には「自分の経験がYKKで活かせるだろうか?」と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。当社には多種多様なフィールドがありますから、心配はご無用です。世界クラスの技術に携わりたい方にお会いしたいですね。企業からのオファーに少しでも興味をお持ちになったら、まずは行動を起こしてください。現地の見学会に参加したり、技術者など現場社員と話したりと、その企業の魅力を肌で感じていただくことが重要だと思います。

初めてスカウトサービスに登録する方

まずはあなたのキャリア情報を
登録しましょう。意外な業界や職種の
オファーも届き可能性が広がります。

スカウトサービスへ申し込む(無料)

すでにスカウトサービスに登録している方

より詳細な情報を登録・更新をすることで
オファーを受け取れる可能性が高まります。