スマートフォン版で表示

       
   
矢上 若菜

突き進む人生。
とにかく前向きに。

矢上 若菜

BEEFMAN.EXE

posted 2020/09/23

2020年5月。BEEFMAN.EXEに、実業団チームで幾度も全国を制した実力派シューターが加入した。19年間続けた5人制バスケットボールをすっぱりと引退し、東京へ進出。それと同時に転職も果たし、新たな人生を歩み始めたばかりだ。仕事についても3x3についても、ひたすら楽しそうに語る彼女は、たしかな意思を持ち、目標へ向かって突き進む人だった。

“負けず嫌い”が
すべての始まり

矢上 若菜

まずはバスケットボールを始めたきっかけを教えてください。

小学校3年生のとき幼馴染に誘われたのがきっかけです。最初はテニススクールに通っていたんですけど、バスケがあまりに楽しくて、ミニバスへ乗り換えました。父は陸上、母はテニスの選手だったので、両親からすると想定外だったはずです(笑)。中学のバスケ部は私を含め、全員がとにかく負けず嫌いでしたね。1対1の練習では相手に勝つまで何度も何度も食らいついていました。全国3位までいく歴代最強チームになれたのは、そうやって自然とお互いを高め合えていたからだと思います。高校は福島随一の強豪校、福島西高校へ進み、県内1位、全国ベスト16の成績を残すことができました。

その後、地元福島を離れ、専修大学へ入学されています。関東の1部リーグでプレーをされて、何か変化はありましたか?

自分の中の軸である「勝ちにこだわる」という部分が、「1番になりたい」に変わったのは、大学に入ってからですね。入学した当時のチームは2部との入れ替え戦でなんとか勝ち残るような状態だったんですが、徐々にあうんの呼吸でレベルの高いプレーができるようになり、手を伸ばせば優勝が手に入るところまで成長していったんです。それでも全国1位になれなかったのが悔しすぎて。大学卒業後は、プロからの誘いも断り、全国1位の常連である「秋田銀行RED ARROWS」への入団を決めました。

人生最高の
試合

矢上 若菜

全国1位の名門チームでの練習は、どういったものでしたか。

環境はすごく整っていて、練習内容はとにかく泥臭かった。仕事が終わればすぐに練習で、遊びに行く時間も少なく、本当にバスケしかしない生活でした。何か少しでも問題があれば、貴重な練習の時間を割いてでも話し合いの時間を設けていたし、高校を卒業したばかりの選手が、年齢が一回り違うベテラン選手へ対等に意見するのは当たり前。それまで私なりに強く勝ちにこだわってきたつもりでしたが、甘かったなと感じましたね。みんなのバスケに対する思いの強さに圧倒されてしまいました。実は1年目のときは辞めたいなと何度も思っていました。

かなり厳しい環境だったようですが、どのようにモチベーションを保っていたんですか?

厳しい練習をしたぶん、確かに結果が出るのを実感できたし、だんだんそのストイックな環境が楽しいと思えるようになりました。あとは、全国優勝したときに家族がものすごく喜んでくれたのも大きいです。地元の福島が震災でひどい被害を受けたときも、東京にいる私の心配ばかりしてくれたり、全国どこでも試合があれば駆けつけてくれたり。いつでも私の1番のファンでいてくれる家族を、もう1回喜ばせたいと思ったら、自然と練習に力が入りました。仕事で関わる人に「ニュース見たよ~」など声をかけてもらえる機会が増えたのも、かなり励みになりましたね。

矢上 若菜

目標通り、入団後は毎年いずれかの大会で優勝されています。全国1位になる感想を聞かせてください。

1年目のときは、初めての決勝の舞台でプレッシャーを感じ、全然自分のプレーができなかったので、優勝してもあまり嬉しくなかったです。1番納得できるプレーができたのは、引退を決めて挑んだ最後の決勝戦。肩の力を抜いて思いっきり自分のプレーができたと思います!前年に調子を崩して思うようにプレーができず、みんなに迷惑をかけた時点で引退を決意したんですが、それと同時に翌年のリベンジを心に決めていました。その結果、今までで1番活躍できたし、1番楽しくプレーができたので、心の底からやり切ったと思えました。思い残すことはなく、それ以降は遊びでも一切バスケをする気はなかったです。

新しい私に
なって挑む
3x3

矢上 若菜

バスケットボールを完全に辞めるとは思い切った決断ですね。引退後は何をするか決めていたんですか?

はっきり何がしたいかは決まっていませんでしたが、東京で働きたいという思いはずっと心にありました。いろんな経験をして、社会人としてしっかり自立し、楽しいこともたくさんやりたかったから。そのために秋田にいた頃から将来を考えて、銀行の窓口業務や支店の営業職など自ら希望してさまざまな経験をさせてもらっていました。転職活動をして、自分の新しい仕事として選んだのは、スポーツライブの映像や音響システムの営業職。人と話すのが好きだから営業の仕事は好きだったし、今までとは違う視点からスポーツに関われるのが面白そうで、すごくわくわくしましたね。

バスケットボールの選手として培った経験を、仕事の中で生かせる場面はありますか。

すごくありますよ!まず営業先はBリーグ、Jリーグ、プロ野球のお客さまが中心なんですが、特にBリーグのお客さまとはバスケのプレーヤー目線で話ができるので、商談を進めやすいんです。今まで取引の無かったお客さまと私が約束を取り付けてきたときは、会社の人にすごく驚かれました(笑)。扱う商材は、試合の映像をリアルタイムで映し出す機材なんですが、それを売るだけではなくて、試合の演出をサポートするのも営業の仕事。ヴィッセル神戸のスタジアムで、システムを使ってスコアボードを作り、実際の試合で表示されたときはすごく興奮しましたね!仕事に慣れたら、もっとプレーヤーとしての自分の経験を生かしていきたいです。

矢上 若菜

仕事が順調ですね。一方で、バスケットボールはもうしないとのことでしたが、なぜ3x3を始めたんですか?

大学の頃から親交がある桂葵選手から数年ぶりに電話が来て、「3x3、一緒にやらない?」って急に誘われたんです。ちょうど秋田銀行で自分の送別会をしてもらっているときでしたね。ほろ酔い気分でしたが、二つ返事で「やる!」と答えました。正直3x3のことは詳しくなかったですが、5人制バスケとは違って自由な印象があり面白そうだなと思ったし、自分の力を求めてくれるならその期待に応えたいと思いました。実際、試合の戦略を自分たちで考えるところとか、プレーの種類が多いところとか、面白いことばかりで、どんどんのめりこんでいきましたね。

コミュニケーション
から広がる
世界

矢上 若菜

BEEFMAN.EXEで実現したいことを教えてください。

すべての試合に勝って優勝することです。そのためには、私は2020年の5月に加入したばかりなので、まずは既存のメンバーとのコミュニケーションをよくとることが大事だと考えています。メンバーの性格や、得意なプレーを理解せずに、ただ自分の意見を押し付けてもばらばらになってしまうだけなので。お互いを知り、一つひとつのプレーを大切にこなせれば必ず勝利は実現できると思います。新型コロナウイルスの影響でまだ公式戦に出られていないのですが、そのぶん十分な準備期間があり、複雑な連携プレーなど今はいろいろと試しているところです。早く本番の試合でやりたくてうずうずしています!

今後の目標を教えてください。

3x3は、今まで通り勝ちにこだわり、楽しくプレーしたいです。そのために声かけをしたり、盛り上げ役に徹したり、自分にできることは何でもやります!ゆくゆくは、海外遠征もしてみたいですね。仕事に関してはきちんと実績を上げて、目標を超えたいです。負けず嫌いなんで。その先の将来は…やりたいことが多すぎてまだわからないです。営業の経験を生かしてさらに新しいことにチャレンジしているかもしれないし、バスケの経験をもとに商品開発をしているかもしれない。自分の経験が増えればいろんなチャンスにつながると思うので、今後もやりたいことがあれば、思い切って飛び込んでいきたいです。

矢上 若菜

矢上 若菜(やがみ わかな)

1992年6月5日生まれ、福島県出身。福島西高校、専修大学卒業後、「秋田銀行RED ARROWS」に入団。2015年~2019年には5年連続で全国大会優勝を経験し、2017年には国民体育大会優勝を果たす。2020年からは3x3.EXE PREMIER「BEEFMAN.EXE」に加入。チームに新しい風と勝利をもたらす存在として期待されている。168cm、60kg。

  • Text by Ayano Morimoto
  • Photograph by Kenta Nakano
  • Photo Provided by 3x3.EXE PREMIER

ページトップへ戻るアイコン