スマートフォン版で表示

       
   
仲摩 匠平

選手から経営者へ。
好奇心が見つけた新世界。

仲摩 匠平

3 STORM HIROSHIMA.EXE

posted 2021/04/27

2018年、広島県初の3人制プロバスケットボールチーム「3 STORM HIROSHIMA.EXE(スリストム広島)」が立ち上がった。チームオーナーであり運営会社の代表取締役である仲摩匠平は、プロアスリートから転身し、スポーツビジネスの門を叩いた。3人制への転向、独立、そして直面したコロナ禍。「原動力は好奇心」と言い切る男が、激しい変化の渦中で見出したものはなにか。独自の感性と発信力でインフルエンサーとしても注目を集める、若き経営者の姿に迫った。

兄の背を追い
プロの道へ

仲摩 匠平

Bリーグでも活躍された仲摩さんですが、どういったきっかけでバスケットを始められたのでしょうか。

子どもの頃、父親がコーチをしていたミニバスのチームで兄二人がプレーしていて、兄たちの影響を受けて小学4年からバスケを始めました。もともと両親がバスケ選手だったこともあり、生活のなかに当たり前にバスケットボールがあった感じですね。年子でずっと競い合っていた兄たちに憧れていたんですが、僕は小学6年の運動会リレーで女の子に抜かれていたぐらい運動がだめで、「三男はダメだな」って言われていました(笑)。

まさにバスケット一家ですね。後にお兄さんの仲摩純平さんとご兄弟でプロキャリアを歩まれるわけですが、学生時代からプロを目指してプレーされていたのでしょうか?

高校ではインターハイやウインターカップを経験し、大学では関西選抜にも選ばれていましたが、プロを目指そうとまでは決心がついていなくて、大学4年時点では普通に就職活動をしていました。そんな当時、次男の純平がプロとしてbjリーグでプレーしていて、初めて試合を観に行ったんです。有明コロシアムの会場に入った瞬間、派手な照明と音楽、満員の観客が目に飛び込んできて、それが体育館の部活バスケしか知らなかった自分にとって衝撃的な光景でした。1万人の観客が歓声をあげるなか、自分の兄がそこでプレーしている。それを見て、「自分もこの舞台でやりたい!」と思ったんです。就職活動もうまくいっていなかった時期だったし、今思えば兄への嫉妬心もあったと思います。その日がきっかけで、プロに挑戦しようと決心しました。

仲摩 匠平

プロを目指すことを決め、そこからどう行動されたのでしょうか。

まずは自分の力試しも兼ねて、人づての紹介でIBL(米独立リーグ)に参加している「ニッポン・トルネード」という日本人チームに入って、アメリカで数カ月間プレーしました。そこで生まれて初めて外国人選手と戦って、手の長さもジャンプ力もまるで違う相手に圧倒されながらも、自分の知らない世界に出会えたことにワクワクしたことを覚えています。その後、日本に帰国してから「島根スサノオマジック」のトライアウトを受けて合格し、正式にプロとして契約していただけることになりました。

3x3への
転向、
そして独立へ

仲摩 匠平

その後、「島根スサノオマジック」や、地元の「広島ドラゴンフライズ」で活躍されました。5人制選手時代を振り返っていかがですか。

島根では、1年目にいきなり目の怪我をして網膜剝離になってしまった。失明のリスクもありましたが、せっかく掴んだプロの道を諦めたくない一心で復帰し、左目の外側が見えないなかでプレーを続けました。なかなか試合に出られず悔しい思いもしましたが、島根はプロとして生きる覚悟や土台ができた場所だと思っています。その後、ドラゴンフライズへの入団を決めた理由は、地元広島に何か貢献がしたいという思いから。バスケットボールでどうやって地域を盛り上げられるかという、プロスポーツとしての大きなテーマを考えるターニングポイントだったと思います。

ドラゴンフライズ退団後の2018年に3x3に転向され、「3 STORM HIROSHIMA.EXE(スリストム広島)」を設立されました。この経緯を教えてください。

ドラゴンフライズと契約満了になる段で、いくつかのチームからお声がけをいただき、同時期に3x3のお話がありました。また、教員免許を持っていたことから教師の打診もいただきました。広島を出てBリーグで続けるか、3x3を始めるか、教師になるか。この3択で、「一番面白そうだ」という理由で3x3を選んだんです。スポーツとしての認知度は低いけど五輪種目にもなっているし、なにより「広島県初の3x3プロチーム」として地元広島でチャレンジができることに魅力を感じました。そこから3x3.EXE PREMIERに参入するためにチームを立ち上げ、運営会社を設立することになりました。ただその時点で3x3について何も知らなかったので、インターネットでルールを調べるところからスタートしました(笑)。

仲摩 匠平

決断してからの行動力がすごいですね。選手としてチームに入るという選択もあったと思いますが、独立を選ばれた理由は?

周りからは「やれるうちは選手に専念したほうがいい」という声もありましたが、勢いと好奇心が勝ちました。もともと運営側への興味もあって、31歳という年齢で新しいことを始めたいという気持ちもあったので、自分でやってみようと。チームを持つなら個人より会社のほうが社会的信用があるだろうと思い、ドラゴンフライズを退団して5カ月後に会社を設立しました。同時にBリーグや3人制のプレーヤーに声をかけて選手を集め、スポンサーを探し、名刺やチームロゴを作り……何もかもが初めての経験で手探りのなかでしたが、とにかくすべてが新鮮で楽しかったですね。

31歳、
社会人一年生

仲摩 匠平

現在、チームオーナー、会社の代表として、どういった活動をされているのでしょうか。

スポンサーさんへの営業活動から事務仕事まで、チームの運営に関わることはなんでもやります。初年度は選手兼オーナーとして活動していましたが、トップレベルでトレーニングや競技を続けることが難しくなり、2年目からは選手活動を退いて運営に専念しています。また、子どもたち向けのバスケットボールスクールを開校し、呉市と広島市の2校でコーチをしていたり、「バスケットボールクリニック」という高校生向けの指導をチームでも行っています。ほかには、Bリーグの試合解説や地域イベントへの参加など、バスケットボールに関わる個人としての活動も行っています。

仲摩 匠平

仲摩さんといえば、人気ブロガーとしての一面もお持ちですが、メディアやSNSでの発信にも力を入れられているのでは?

最初はチームの広報活動の一環として発信をしていたんですが、新型コロナウイルスの影響でシーズンが中止になり、活動もできなくなった。なので、出せるものがもう自分しかなくて(笑)。もともと自分のことを発信するのは苦手だったんですが、毎日ブログを書いているうちにアウトプットの重要性を感じるようになりました。情報や自分の考えを言語化して理解してもらえるということもそうですし、交流もそう。たとえばSNSのライブ配信で「グッズ会議やります」と呼びかけてファンの方にデザインを送ってもらったり、投票してもらったりする。みんなで一緒にチームを作る感覚ですね。一方的な発信というよりは、そうした双方向のコミュニケーションを大事にするようになりました。

選手からオーナー、経営者という立場になって、価値観やモチベーションは変わりましたか?

それはまったく違いますね。選手時代はただなんとなく呼ばれたイベントに参加したり、スポンサー企業名を眺めているだけでしたが、今は企業名を見るだけで、関わった方全員の顔が浮かんでくるんです。立ち上げから協力してくださった方や出資してくださった方、そうした全員の思いを背負っているので、一つひとつの出来事に対する感動や思いの量がまったく違う。会社勤めやビジネスの経験がないまま31歳という年齢で独立しましたが、いろいろな方と関わって自分の世界を広げられている今が本当に楽しいですね。

今できる
ことを
やり続ける

仲摩 匠平

今、3x3チームとして目指していることはなんですか?

スリストムの理念は、「地域浸透型」のチーム。広島はプロスポーツが盛んな地域なので、自分たちは地域に浸透し、地元の人たちと歩幅を合わせて進んでいくチームを目指しています。3x3は体育館がなくてもプレーができて、10分あれば1試合観てもらえるので、そのコンパクトさやエンタメ性を生かして、地域イベントでのコラボや地元の方との交流などいろんな形でアプローチしていきたいですね。この仕事をやって気づいたのは、自分はものづくりが好きだということ。さっきのSNSでの例のように、応援してくれる方と一緒に何かを作り上げていったり、チームを育てていくことができればと思っています。

仲摩 匠平

最後に、仲摩さんがこれから実現したいことについて教えてください。

僕は31歳までバスケットボールしかしてこなかったので、こうして自分の知らない世界に出会えることが本当に楽しいし、やりがいになっています。だから今は何かを実現したいというよりは、「新しいことや面白いことをやり続けたい」という気持ちです。コロナ禍においても、できないことを考えていても仕方ないし、だったら今できることをやったほうがいい。世の中で本当にやりたいことを実現できている人は現実にはごくわずかだと思うし、だからこそ自分が直感的にやりたいと思えることに出会えたのなら、それを信じて最後まで大事にしたいなと思っています。そういう気持ちを持って、今自分ができることにチャレンジし続けたいですね。

仲摩 匠平

仲摩 匠平(なかま しょうへい)

1986年10月5日生まれ、広島県出身。美鈴が丘高校、大阪商業大学卒業後、2009年に渡米し、IBL(米独立リーグ)の日本人チーム「ニッポン・トルネード」でプレー。2010年、トライアウトを経てbjリーグ「島根スサノオマジック」に入団。2011年3月、練習中に左目に網膜剥離を起こし手術を受ける。2014年、NBL「広島ドラゴンフライズ」と契約し、3シーズンにわたりプレー。2018年、広島県初の3人制プロバスケットボールチーム「3 STORM HIROSHIMA.EXE(スリストム広島)」を立ち上げ、3x3.EXE PREMIERに参戦。現在、株式会社スリストム 代表取締役社長として活動中。

ページトップへ戻るアイコン