[掲載情報は2010/07/18(日)時点の求人情報です] 求人コード3000227557
事業内容
【目的】
宇宙航空研究開発機構が実施する業務のうち、次の業務を支援する。
(1) 国際宇宙ステーション計画等の宇宙システムの安全・開発保証及び利用・運用に関する業務。
(2) 国際宇宙ステーションJEM初期運用及び定常運用とりまとめ業務。

【事業内容】
(1) 安全・開発保証業務
(2) 利用・運用・有人活動に係る業務

【事業所】
筑波事務所/茨城県土浦市川口1-1-26 アーバンスクエア土浦ビル
所在地
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-6-1大手町ビル8階
設立
1990年5月
代表者
代表取締役社長 留目 一英
従業員数
204名
資本金
4億4500万円
売上高
38億5000万円(2009年3月期)
※掲載終了
※この求人情報は、既に掲載が終了しています。

◆有人宇宙システム株式会社の募集中求人

    気になるリストに保存しました「気になるリストへ」のボタンから
    気になるリスト一覧へ移動できます

    募集要項 ※この求人情報は、既に掲載が終了しています。掲載されていた時点での求人情報の概要を確認することができます。

    募集背景
    独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)と連携し、国際宇宙ステーション(ISS)計画等の
    有人宇宙システムの国内リーディングカンパニーとして、安全、確実かつ有効な開発、利用および運用の実現を図る当社。
    1998年に建設が開始された国際宇宙ステーションも本格的に宇宙利用が進んでいる今、
    ISS内の日本の有人宇宙施設「きぼう」における宇宙実験増加への対応と一層のノウハウ蓄積が求められています。

    そうした中、これからを必要なのは次世代を担う人材の育成です。
    先行する欧米各社をベンチマークとしながらも追いつき追い越し、
    世界No.1のポジションを目指していきたい。
    そのために、今回、宇宙開発に強い意欲を持つ新しい仲間を募集いたします。
    仕事内容

    有人宇宙施設「きぼう」の運用管制業務、宇宙飛行士の訓練業務等を担当

    具体的な仕事内容
    …………………………………………………
    ●具体的には
    …………………………………………………
    当社の有人宇宙システム部に所属し、主に有人宇宙施設「きぼう」の運用管制官(フライトコントローラー)業務や、
    宇宙飛行士の専門訓練(インストラクター)業務を担当していただきます。

    【運用管制官(フライトコントローラー)】
    筑波宇宙センターのきぼう運用管制室から24時間3交替制で、宇宙飛行士との交信や船内・船外活動をサポート。
    「きぼう」の複雑なシステムや装置に精通し、各種の不具合に対しても技術的な支援を行います。
    ※「きぼう」で実施されるミッションを確実に遂行するため、あなたの素養やスキル、経験に応じて、
     各担当領域で専門性を発揮していただきます。

    【宇宙飛行士の専門訓練(インストラクター)】
    筑波宇宙センター内の訓練施設などを使って、各国の宇宙飛行士に対し、「きぼう」システム機器操作や
    ロボットアームの操作、HTV運用等多岐にわたる訓練を実施します。

    …………………………………………………
    ●フライトコントローラーの養成課程
    …………………………………………………
    入社後は、各人の領域に応じて、知識・理論の応用・深化と実地の研修、試験というステップを重ねていきます。
    さらにOJT、実際の実務シュミレーション等の訓練を経て、フライトコントローラーの認定を受けた後、
    フロントルーム(管制室)に配属されます。養成過程は約2年間を予定しています。

    …………………………………………………
    ●マルチファンクション化を進めています。
    …………………………………………………
    フライトコントローラーとインストラクター、両業務を1人のスタッフに担当していただくのには、
    「バックアップ体制の強化を図る」といった目的があります。
    現在、当社の教育・訓練体制は国際的に見ても非常に高いレベルにあり、
    体系化・データベース化も着々とおこなわれています。

    …………………………………………………
    ●将来的には
    …………………………………………………
    通信・電力担当、交信担当、ロボットアーム担当など、担当業務範囲を広げていくことも可能。
    また、管制業務全体を取り仕切る「フライトディレクター」へとキャリアアップを図ることもできます。
    有人宇宙開発のプロフェッショナルとしての成長を期待しています。

    さまざまな技術で活躍できます!

    特殊なイメージを持たれがちな宇宙開発技術。
    しかしながら、技術的な基礎は共有しており、宇宙開発からその他の分野に転用された製品やノウハウも数多くあります。
    そうした技術の共有性もあってか、自動車やカメラ等のメーカーから転職し、幅広く活躍するメンバーも多数在籍しています。

    対象となる方

    【大卒(理工系)以上】 対象となる実務経験が5年以上ある方 ※TOEIC(R)テスト730点以上の方

    …………………………………………………
    ●必須条件
    …………………………………………………
    ■大卒(理工系)以上の方
    ■電気通信系、構造・機械系、ロボット系、流体・熱制御系、管制制御系等の設計・開発実務経験を5年以上お持ちの方
    ■TOEIC(R)テスト730点以上の方

    …………………………………………………
    ●以下の方、歓迎いたします
    …………………………………………………
    ■宇宙開発に携りたいという強い意志がある方
    ■機械や電気通信等の解析業務経験をお持ちの方
    ■熱や流体分野の知見がある方
    ■コミュニケーション能力、調整能力、対人折衝能力等に自信がある方
    ■自ら課題を発見し、解決するといった業務に対する積極的な姿勢を持ちながら、豊かな協調性を発揮できる方
    ■ロシア語が堪能な方
    ※米国スペースシャトルの退役に伴い、当面、有人打ち上げが可能なのはロシアのみとなるため、
     今後、ロシアとの連携は一層必要性を増します。

    勤務地

    ■宇宙航空研究開発機構 筑波宇宙センター/茨城県つくば市
    ■筑波事務所/茨城県土浦市

    【最寄駅】
    ■筑波宇宙センター/TX「つくば駅」よりタクシー10分
    ■筑波事務所/JR「土浦駅」より徒歩10分

    勤務時間
    9:00〜17:30(所定労働時間 7時間30分、休憩 60分)
    ※会社指定により、フレックスタイム制有り(1日の標準労働時間 7時間30分、コアタイム 11:00〜15:00)
    ※業務によりシフト勤務(所定労働時間 7時間30分)の場合も有り
    雇用形態
    正社員
    給与
    月給20万4000円(平成21年度大卒初任給与実績)以上
    ※経験、スキル、前職を考慮の上、決定いたします。
    ■社員の年収例
    【年収例】
    700万円/35歳・月給40万円(各種諸手当含む)
    待遇・福利厚生
    ■昇給年1回
    ■賞与年2回(6月、12月)
    ■社会保険完備
    ■交通費支給
    ■住宅手当
    ■食事手当
    ■扶養手当
    ■時間外手当
    ■特殊勤務(潜水等)手当 他
    ■育児介護休業制度
    ■借上宿舎の貸与制度
    ■研修制度
    ■退職金制度
    ■カフェテリアプラン
    休日・休暇
    <休日・休暇>■完全週休2日制(土・日)、祝日 ※シフト勤務は土日祝日を他の曜日に振り替える場合有り
    ■夏期休暇
    ■年末年始休暇
    ■有給休暇
    ■特別休暇
    ■創立記念日
    ※年間休日120日