[掲載情報は2011/09/25(日)時点の求人情報です] 求人コード3000304340
事業内容
(1)臨床試験(治験、製造販売後臨床試験・医師主導型臨床試験)および製造販売後調査の企画、運営管理・支援業務
(2)臨床試験、製造販売後調査のモニタリング業務
(3)医薬品・医療機器開発および製造販売後調査の担当者の特定労働者派遣事業
(4)臨床試験、製造販売後調査の担当者向け研修業務
(5)臨床試験、製造販売後調査および疫学調査におけるデータマネージメント業務
(6)医薬品、医療機器関連文書の作成
(7)医薬品、医療機器の開発
(8)アジア地域の医薬品開発企画
所在地
〒104-0032 東京都中央区八丁堀3-22-13PMO八丁堀2階
設立
2006年11月
代表者
代表取締役社長 折戸 哲也
従業員数
46名(2010年10月現在)
資本金
1500万円
平均年齢
30歳

気になるリストに保存しました「気になるリストへ」のボタンから
気になるリスト一覧へ移動できます

募集要項 ※この求人情報は、既に掲載が終了しています。掲載されていた時点での求人情報の概要を確認することができます。

募集背景
■□■ 事業拡大に伴う新規増員です! ■□■ 
プロジェクト数の増加など、事業拡大を背景とした新規増員となります。
今回の募集は、医療業界経験不問です。

未経験からスタートした社員も経験を重ね、
3年程度でプロジェクトリーダーとして活躍し始めています。
一人でも多くの優秀なCRAを育成し、
医薬品の早期開発に貢献できる組織体制を目指します。

※採用予定人数:15名
仕事内容

薬の安全性や効能を調べる「治験」。その治験の準備やデータの収集を行う仕事です

具体的な仕事内容
CRAとして治験実施施設の選定と交渉を行い、実施準備を支援します。
被験者の調整や、臨床での実施サポートは、CRCと呼ばれる治験実施コーディネータが行います。

治験開始後は、定期的に施設のドクターやCRCを訪問して、
症例(医薬品の投与結果に関するデータ)収集を行います。
クライアントである製薬企業と医療施設の橋渡し役として、
試験がスムーズに進むよう進捗を確認・調整していくのもCRAの大切な役割です。


■□■ 研修は200時間以上!この道19年の社長が丁寧に指導 ■□■ 
(1)入社後1カ月間は臨床の基礎を勉強
薬事法やGCP(医薬品の臨床試験の実施の基準)などの法律、
薬理や薬剤学など、臨床の基礎を学びます。
   ▽▽
(2)2カ月目からはモニタリングを勉強
1カ月でつかんだ仕事のイメージを元に、簡単な書類作成からスタート。
ロールプレイも繰り返し行うので、自信をつけて現場にデビューできます!
   ▽▽
(3)現場に出た後も研修は続きます
研修を終え、訪問に出るようになった後も継続研修を行います。
月に1回以上の座学研修、社長による作成報告書の添削とアドバイス、
メールによるノウハウ共有など、丁寧な個別のフォローが行われます。
   ▽▽
(4)将来は、プロジェクトのリーダーへ!
意欲の高い方にはチャンスがたくさんあるのが当社。
継続してがんばれば、数年後にはプロジェクトをリードする立場になることができますよ!

【研修内容やキャリアパスの詳しい内容は採用セミナーで!】
未経験者のキャリアアップをしっかりサポートする
充実の研修内容やCRAとしてのキャリアパスについても
採用セミナーで詳しくご説明します。
少しでも興味がある方は、お気軽にご参加ください。

対象となる方

理系大卒以上 ★未経験・第二新卒歓迎!

【下記のいずれかに当てはまる方を歓迎します】
・組織の成長と共に自分自身の成長も楽しみたい方
・対人コミュニケーションが得意な方
・倫理観を持ち、情熱を持って業務に取り組める方
・勤勉で向上心をお持ちの方
・コツコツ仕事ができる方
・医薬品開発に携わりたいという熱意をお持ちの方
・英語を活かしてグローバルに活躍したい方

※CRA、薬剤師、MR、看護師など医療関連の実務経験者も歓迎します!

勤務地

本社/東京都中央区八丁堀3-22-13 PMO八丁堀2階

【最寄駅】
東京メトロ日比谷線、JR線「八丁堀駅」より徒歩1分

清潔感のあるオフィスです

オフィスは移転したばかりで、新しく清潔感があり、広々としています。
八丁堀駅から徒歩1分と通勤もしやすく、食事処も充実しているから、
ランチや仕事帰りも楽しめますよ!

勤務時間
9:00〜18:00(所定労働時間8時間、休憩60分)
雇用形態

正社員

試用期間3カ月

給与
固定月給:25万円以上
別途賞与あり(2010年度実績:基本給の4カ月分)
※経験・能力・スキルを考慮の上、規定により決定します。
■社員の年収例
【モデル年収】

年収500万〜800万円/3年の臨床開発経験を積んだ場合

待遇・福利厚生
■昇給年1回
■賞与年2回
■通勤手当
■外勤手当
■役職手当
■残業手当
■退職金制度
■各種社会保険完備(健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金保険)
など
休日・休暇
<休日・休暇>■完全週休2日制(土・日)
■祝日
■夏季休暇(3日)
■年末年始休暇(4日)
■創業記念日(11月7日)
■結婚休暇(5日)
■妻の出産休暇(3日)
■生理休暇
■育児・介護休業
■育児短時間勤務など
■年次有給休暇3〜10日(入社日により異なります)
◎年間休日120日以上
臨床試験(治験)とは?

製薬企業が研究開発を行う新薬が製造販売されるまでには、実際に患者さんに投与し、
その効能と安全性について調査を行う臨床試験を実施する必要があります。
臨床試験は、試験内容や実施規模を変えながら、
第T相から第V相まで段階的に実施され、効能・安全性に問題がなければ、
厚生労働省に対する製造販売承認申請に至ります。
臨床試験は、被験者の人権と安全性を確保し、
適正化するために定められた「GCP(医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令)」に
則って実施される必要があります。

社長の折戸はこんな人です

大手製薬メーカー時代から19年におよぶ臨床開発経験を持ち、確かな実績と信頼を獲得しています。
その信頼の高さは医薬品業界内で講演を依頼されるほど。
以下は、その実績になります。

■講演実績
・『治験の戦略的モニタリング』(2006年12月18日)
・『無駄のない効率的治験実施モニタリング(GCP改正内容も含む)』(2006年12月15日)
・『モニタリング業務における治験関連/必須文書の作成・記録・保管・QCのポイント』(2006年12月21日)
・『臨床試験における生データの信頼性確保』(2007年3月26日)
・国際学会(Drug Information Association)での日本の臨床試験業務について発表
・『モニタリング通信教育』(2008年6月)

■著書
・『臨床試験におけるプロトコール逸脱の事例解析・防止対策集』(2002年)
・『モニタリング業務における各種文書』(2004年)
・『GCP文書作成資料集』(2007年2月)
・『モニタリング業務全集』(2008年3月)