[掲載情報は2016/09/04(日)時点の求人情報です] 求人コード3001322296
事業内容
各種建設機械販売、修理、輸出入業
所在地
〒650-0045 兵庫県神戸市中央区港島4-5-1
設立
平成4年7月
代表者
代表取締役社長 梁河 奉煕
従業員数
34名
資本金
4000万円
※掲載終了
※この求人情報は、既に掲載が終了しています。

気になるリストに保存しました「気になるリストへ」のボタンから
気になるリスト一覧へ移動できます

募集要項 ※この求人情報は、既に掲載が終了しています。掲載されていた時点での求人情報の概要を確認することができます。

募集背景
建設現場で使われる中古重機は国内のみならず、海外からも引く手あまたです。
景気の変化に連動して中古重機の需要が高まっているため、体制強化のための増員を行います。
仕事内容

中古重機の仕入・販売/個人・法人から重機を仕入れ、国内・海外バイヤー等へ販売

具体的な仕事内容
[仕入]
●連絡/電話・メール・HPより連絡をいただいた法人・個人のお客様に対応。車種・メーカー・年式等を確認します。
●査定/重機及び関連する部品等の査定を行います。近くならお客様を訪問。遠方の場合は写真等を送っていただきます。
●検品/本社に送られてきた現物の検品に立ち会い、査定結果と状態をチェック。修理の必要性などを確認します。

[販売]
●国内向けの販売はHPの掲載情報からコンタクトいただいたお客様に対応。
●海外へは、バイヤー向けにこちらからアプローチする場合があります。
●本社に訪問されたお客様の検品に立ち会い、現物を確認していただき、商談。
●商談が成立したら配送の手配を行います。海外向けは輸出の通関手続き(書類の作成等)を行います。

※3〜4ヵ月に一度の割合で海外出張もあります。

チーム/組織構成
●仕入は4名、販売は6名在籍。この他に通関担当が2名います。
●出張は基本、2人一組で赴きます。

対象となる方

■大卒以上・要普通免許・英語の読み書き、会話が可能【35歳まで(キャリア形成のため)】

大卒以上
要普通運転免許
未経験・第二新卒歓迎
35歳までの方(キャリア形成のため)
英語の簡単な読み書き、日常会話が可能な方

長期勤続によるキャリア形成を図る観点から、若年者等を期間の定めのない労働契約の対象として募集・採用する場合

勤務地

■神戸本社(〒650-0045 兵庫県神戸市中央区港島4-5-1)
■横浜営業所
(〒222-0033 神奈川県横浜市北区新横浜3-18-9 新横浜ICビル2F 201号室)

■神戸本社/JR「三ノ宮」駅よりタクシー送迎あり(朝・夕)
■横浜営業所/各線「新横浜」駅より徒歩5分

※横浜営業所で採用・勤務の方も入社後1年は神戸本社での勤務となります。

勤務時間
平日/8:30〜17:45
土曜/9:00〜12:00※土曜出勤は月2回
雇用形態
正社員
給与
月給19万5000〜22万5000円+一律手当

※年齢・経験は考慮いたします。
※試用期間(3ヵ月)は月給19万〜22万円になります。

■賞与
■年2回
■決算賞与(業績による)

■昇給
■年1回
■社員の年収例
入社1年・平均/年収350万円(月給20万円+一律手当+臨時手当)

入社5年・平均/年収500万円(月給27万円+一律手当+賞与)

待遇・福利厚生
■交通費規定支給/月額3万円迄
■社会保険完備
■手当(出張、皆勤、住宅、家族、役職)
■退職金(勤続3年以上、中退共加入)
■昼食代全額会社負担(指定弁当)
■社員旅行(海外、または国内)
■ボウリング大会(年3回程度)
■引越費用会社実費負担/10万円迄※横浜営業所で採用の方
■赴任交通費あり※横浜営業所で採用後、本社で1年間勤務の方
■研修有
休日・休暇
<休日・休暇>【休日】
●日・祝、土曜※月2回

【休暇】
●夏季休暇
●冬季休暇
●有休休暇
●慶弔休暇
自分自身の知識や見極めが試される査定

重機は個人所有から建設会社まで、幅広く仕入れます。
車種も軽自動車並みの大きさから大型まであり、
年式や用途、それまでの使われ方などを確認して査定を行います。

査定はエンジンや油圧系のチェックが中心となり、
見極めた結果を買い取り価格としてお客様に提示します。

仕入れた重機が本社に届くと、検品に立ち会います。
専属の検品スタッフが重機を実際に動かすなどしてチェックを行い、
程度の確認、修理の必要性や内容から価値を算出。
この時点で買い取り価格との差が出されます。
自分の見極めが正しいか、実感できる瞬間です。

査定のコツは「仲良くなる」こと

査定は短時間で行うことが多く、
限られた間に査定する重機について
少しでもたくさんの情報を集めることが重要です。

そのため重機のオーナーやバイヤーと
仲良くなることが最大のポイントになります。
同じ業者さんと繰り返し取引することも多いので、
日頃から連絡を取っておくとプラスになることがあります。

世界中が取引先。マーケットは常に移動

重機の需要は国内に留まらず、海外からもバイヤーが多数、当社を訪れます。

海外向けは国や地域の政情、景気に左右され、マーケットは移り変わっていきます。
これまでは南米、中東から、現在はアジアが主体となってきました。
世界中に顧客がいるので、マーケットが途絶えることはなく、
会社も先を見越して売り込みをかけています。

出張に出向く機会もあり、さまざまな国を訪れることになります。
コミュニケーションツールは英語が中心です。