> 転職:DODAトップへ

IT・Web・クリエイティブ業界の転職・求人情報なら
DODAエンジニアIT

DODAエンジニアIT
株式会社インテリジェンス
転職・求人DODAエンジニア IT/トップ > 転職情報・成功ガイド > 三年予測 > 起業家兼エンジェル投資家 鎌田富久 氏
掲載日:2014.6.2
このエントリーをはてなブックマークに追加

三年予測ートップリーダーと考えるエンジニアの未来ー

「粘ればチャンスは訪れる」、時間がかかる技術ベンチャーを支援

起業家兼エンジェル投資家 鎌田富久

1961年生まれ。東京大学情報科学博士課程修了。理学博士。株式会社ACCESSの共同創業者、前CEO。iモードなどのモバイルインターネットの技術革新を牽引。東京大学に在学中の1984年に情報家電・携帯電話向けソフトウェアのベンチャー企業ACCESSを設立し、2001年に東証マザーズに上場、その後、グローバルに事業を展開した。2011年に退任。これまでの経験を活かし、スタートアップを支援するTomyKを設立し、10社ほどをサポート中。


「時間がかかりそうな」企業を選ぶ

2013年11月、「東大発」ロボットベンチャーのSCHAFT(シャフト)が米Googleに買収されたことは、大きな話題となった。このSCHAFTに早い段階から資金援助していたエンジェル投資家が、ACCESS創業者として知られる鎌田富久だ。
まず、スタートアップを支援するため鎌田が設立した会社である「TomyK Ltd.」のサポート先を見てみよう。
TomyK Ltd.が支援してきたベンチャー企業と事業分野(2014年5月)
  • SCHAFT、ヒューマノイドロボット(DARPA主催ロボットコンテストで優勝、
    Googleが買収)
  • Mynd、機械学習によるニュース推薦アプリ
  • Genomedia、ゲノム(遺伝情報)解析
  • Pluto、クラウド型リモコンで家電を遠隔操作
  • アクセルスペース、打ち上げ費用込みで3億円程度と「安価な」超小型人工衛星
  • H2L、電気刺激により人間の手指をコンピュータで制御
  • AgIC、家庭用プリンタで電子回路を作成(Microsoft Innovation Award 2014 最優秀賞受賞)
  • Moff、ウェアラブルなスマートトイ(おもちゃ)
  • WHILL、パーソナルモビリティ(次世代の電動車いす、IVS 2014 Spring Launch Pad優勝)
  • LPixel(エルピクセル)、画像処理・解析、画像不正検出ソフトLP-examを無料公開
分野の幅広さが目に付く。ほとんどが「東京大学発」ベンチャーである。
投資先を選ぶ基準は何だろうか。鎌田は次のように話す。
「『時間がかかりそうなもの』を選んで投資しています。大きな変革を引き起こすにはある程度時間がかかる。10年で10社の成功例が出ればいい。短期間で資金回収できそうな会社は、別のVC(ベンチャーキャピタリスト)を紹介します」
ベンチャー投資家の多くは、数年間で資金回収できそうな企業を見極めて投資する。ところが、鎌田は資金回収できそうな期間が「10年ぐらい」と長い、すなわち投資効率が低い会社をわざわざ選んで投資しているのだ。前述のSCHAFTは創業1年半で買収されたのだが、当初の計画では長期にわたり支援するはずだった。短期間で買収されたことは「予定外だった」という。
なぜ「長期」専門のエンジェル投資家になったのか。技術ベンチャーに対する鎌田の思いを知るために、まずは鎌田自身が歩いてきた道を振り返ってみよう。

学生時代にベンチャーに身を投じる

鎌田は東京大学では博士課程まで進み、コンピュータサイエンスを専攻した。その一方で、学部在学中からビジネスの世界に身を投じた。
1984年、故 荒川亨らとともに「有限会社アクセス」を設立する(のち株式会社ACCESSとなる)。当時を振り返って、こう話す。
「大学院に合格して、入学金と授業料を稼がないといけなかった。アルバイトの中でもプログラミングは割が良い仕事だった。当時は書ける人が少なかったから」。
アルバイト仲間だった荒川らとともに、「会社組織にした方が経費計上もできるし」と会社を設立した。この時代、ベンチャーを起業するのは「普通の学生はまず考えない選択肢だった」。当初は、アルバイトの延長のような考えで始めたという。
最初のヒット製品はプログラミング言語「ACCESS LOGO」だった。当時、パソコン向けプログラミング言語の主流はBASIC言語だったが、「これが使いにくかった」。LOGOはもともとMIT(マサチューセッツ工科大学)で教育向けに考案された言語で、当時アメリカのパソコン雑誌でもよく取り上げられ、新しいプログラミング言語として注目されていた。
このLOGO言語が「まあまあ売れた」ことから、会社の事業について考えるようになった。ソフトウェア事業は部品の仕入れも工場も必要ない。「ソフトウェアのライセンスは、もしかしたらすごくいいビジネスじゃないか」と思い始めた。ソフトウェア製品を研究開発し、ライセンスすることを事業の柱と考えるようになった。

TCP/IPに目を付ける

次の主力製品はネットワークプロトコルのTCP/IPだった。「僕らが学生の頃、DECのミニコンVAXシリーズやSunワークステーションに搭載されていたUNIXやネットワーク環境に触れることができ、これは便利だと感じた」。インターネット商用化に先立つこの時代、TCP/IPはUNIXワークステーション同士のネットワーク構築に用いられる技術として知られていた。これをパソコンをはじめ、家電機器などあらゆる機器に応用しようと考えたのだ。
「当時のパソコンはスタンドアローンで売られていたが、絶対にネットワーク機能が入るという確信があった」。そこでパソコン向けのTCP/IPプロトコルスタックを製品化することにしたのだ。この時期から、「すべての機器をネットにつなぐ」というミッションを掲げた。
だが、このTCP/IPを買ってくれる顧客は、当初はなかなか見つからなかった。早い段階で買ってくれたのは、主に技術に詳しい会社だ。初期に獲得したユーザー企業の中には工作機械のオークマや、電話交換機を製造していた沖電気工業らがいた。「要求が厳しい顧客に鍛えられた。結果的には良かった」。
TCP/IPは「それなりに」売れ出した。ところが、1990年頃に不穏な情報が流れてきた。「Microsoft Windowsが標準でTCP/IPを載せるらしい」というのだ。そうなれば、パソコン向けTCP/IP製品の市場は成立しなくなってしまう。つまり次の主力製品を立ち上げる必要に迫られたのだ。
実際には、Windowsに標準でTCP/IPが搭載されるのは、1994年に国内発売を開始したWindows NT3.1以降、一般ユーザー向け製品に搭載されるのは1995年発売のWindows95以降である。結果から振り返れば数年の猶予はあった。次の主力製品を立ち上げるための試行錯誤が続いた。

次の主力製品を作るために試行錯誤する

次の主力製品について「4つ、考えた」。1番目は「上に行く」こと、すなわちネットワークを前提とするアプリケーション層の製品だ。2番目はネットワークルーター。3番目はネットワークOS。4番目がグループウェア。いずれも、Windowsにネットワーク機能が標準搭載されたなら大きな需要が生じる分野だ。
決断は難しかった。それぞれの選択肢にリソースを分散して投入していた時期もある。エンジニアとしてやりたかったのは、3番目のネットワークOSだ。パソコンによるネットワークが普及すれば、それを束ねるサーバーのOSの需要が高まる。1990年代のネットワークOSは、2010年代のクラウドのような位置づけにあった。実際、NovellのネットワークOS「NetWare」はこの分野で一時大きな勢いを持った。のち、MicrosoftはWindows NTでNetWareの市場を奪っていくことになる。もしネットワークOSの分野に本格進出していたら、これらの強敵と戦うことになっただろう。
他の選択肢にも強敵がいた。2番目のルーター製品の方向に向かえば、米Ciscoらと競争することになっただろう。4番目のグループウェアの方向に進めば、Lotus Notesと戦うことになっただろう。
最終的に下した決断は、1番目の選択肢であるアプリケーション、それも「Webブラウザ」に集中することだった。「時代の要請で勢いがあった」からだ。パソコン向けブラウザは1994年に登場したNetscape Navigatorが猛烈な勢いで普及しつつあった。だが、組み込み向けブラウザには参入の余地がありそうだった。そして何より、組み込み分野は「Microsoftが当面は攻めてこない」分野でもあった。
1990年代中頃の当時、Microsoftが本気で進出した分野で勝ち残ることは非常に難しく、ソフトウェア業界では誰もがMicrosoftを警戒した時代だった。米司法省がMicrosoftを相手取って独禁法訴訟を起こす前の時期である。
組み込み向けブラウザに勝機があると考えた理由は、もう一つある。2014年現在の状況からは想像しにくいかもしれないが、1990年代の日本の家電メーカーにはまだまだ勢いがあった。ACCESSのブラウザは、ワープロ専用機、PDA(Personal Data Assistance、携帯型情報端末)、ゲーム専用機など、日本の家電メーカーが送り出す多種多様な製品に搭載されていったのだ。
そして、ACCESSにとって大きな試練、かつチャンスがやってきたのだ。
iモード用ブラウザ開発という冒険
このエントリーをはてなブックマークに追加

Vol.10 経営者 倉貫義人氏

クラウドとアジャイルを武器に「納品のない受託開発」に挑む

Vol.4 プログラマ兼経営者 登大遊氏

「"ハック"精神を貫き「低レイヤー」の技術に注目した製品群を送り出す
天才プログラマ兼経営者がつくば市で会社を10年続けている理由」

Vol.5 ヤフー勤務、政府CIO補佐官、大学講師 楠正憲氏

ドロップアウト予備軍から逆転、激動のインターネット台頭期をくぐり抜け
"逆張り"で複線キャリアを支えたのは「ゆるやかな結びつき」の仲間たち

Vol.6 計算機科学者、未踏統括PM 竹内郁雄氏

Googleもほしがった「実時間CG」を作り上げた
日本有数のハッカーは今、若い人材の発掘に情熱を燃やす

Vol.7 Ruby言語開発者 まつもとゆきひろ氏

己のプログラマ魂に従いプログラミング言語の設計と実装を続ける
Ruby言語開発者がソフトウェア開発者に伝えたいこと

DODA転職支援サービス 専任のキャリアコンサルタントが、キャリアアドバイスから求人紹介、退職フォローまでを一貫してサポートします。ご利用になりたい方は、こちらからご登録をお願いします。はじめて退職する方のために3分でわかる転職支援サービスのメリットを紹介 転職支援サービスに申し込む(無料) 3分でわかる転職支援サービスのメリット

ご登録後、すぐにご紹介できる求人がない場合は、インテリジェンス DODAカスタマーセンターよりその旨をご連絡の上、求人発生時まで求人紹介・カウンセリングをお待ちいただいております。あらかじめご了承ください。

ITエンジニア・クリエイター合格診断