株式会社ビデオリサーチ

東京都

障害があるなしに関わらず、お互いが遠慮しすぎないオープンでフラットな会社です

デスクワークが多い会社。障害があっても、活躍しやすいフィールドです

 私自身、障害のある社員として当社へ転職し、人事部にて採用、入社後サポートを担当しています。当社は430名ほどの会社で、種類の異なるさまざまな障害のある社員が在籍しています。それぞれの状況に応じ、無理なく働くことができ、かつ一般社員との隔たりがないので、障害があることで制限や限界を感じるようなことがありません。自然体で仕事ができると言えますね。

15年勤めた鉄道会社から、転身。初めての転職

 新卒で入社した前職は鉄道会社で15年在籍し、総務、人事など幅広く経験してきました。若いうちは広く業務経験を積めることに魅力がありましたが、徐々にもっとスキルと専門性を高め、キャリアを確立していきたいと考えるようになりました。また、視覚に障害がある私は現場経験がなく、知識では補いきれない、埋められない物足りなさを感じるようになっていました。この先、きっとその物足りなさは溝として大きくなるであろう、それであれば、私の障害が不利にならない業界に転職した方が良いかもしれないと、転職に至りました。

転職活動者へのメッセージ

 当社の魅力は、オープンであることです。不必要な遠慮をせず、お互いが必要な情報として、情報伝達する風土です。例えば、私が受けた1次面接の時、最初に「どういったことが必要ですか?配慮することはありますか?」とストレートに聞かれました。それが心地よい、安心・信頼できると私は感じました。メディア、情報を扱う会社だからこその社風かもしれませんね。
 相手が遠慮しなければ、こちらも遠慮する必要がないので、障害のあるなしに関わらず、フェアでフラットな関係でいられるのが当社の良さです。障害による「物理的にできない業務がある」ことで埋められない思いも、当社ではまったく感じません。もし、以前の私と同じようなことを感じながら仕事をされていらっしゃる方がいれば、ぜひ当社で力を発揮していただきたいですね。

株式会社ビデオリサーチ
経営管理局 人事部リーダー
藤井 慎太郎さん 視覚障害


ステップアップできる環境に満足しています

 リーダーとして社内インフラや情報システムの仕事をしています。パソコンの手配や設定、インフラ整備が主な仕事です。システムに関する社員からの問い合わせに対応するなど、コミュニケーション力も必要とされます。
 前職は一般採用枠でITベンチャーのカスタマーサポートをしていました。お客さま先に訪問することが多い仕事でした。見た目にはわかりにくいのですが、私の両手足には麻痺があります。大きな支障は感じなかったとはいえ、やはり社内で仕事をする現在の情報システムの方が、身体的に安心して仕事ができますね。また、社内にいれば、いつも社員と顔を合わせ、お互いの関係性も良くなります。問題が解決したときなどは、「ありがとう」と感謝されることも多く、やりがいにつながっています。

後天性の障害。つらかった中学時代

 私の障害の種類は、後天性の体幹機能障害です。中学1年のある朝、目覚めたら、いきなり手足が動かなかったんです。靴下が履けない、階段も立っては降りられず、なんとか座って一段ずつ降りていきました。ギラン・バレー症候群に罹患したのです。
 現実を受け入れがたく、つらい思いもしました。小学生で始めたサッカーが大好きで、中学でもサッカー部に入ったばかりでした。リハビリ後も両手足の筋力は弱いのですが、足に装具を着け歩行できるまで回復しました。学校に復学できたのは中学3年です。学校の配慮で、1年生のときと同じ担任が迎えてくれたのは嬉しかったですね。

障害のある方の就職情報をもっと身近に

 私は、働き始めて12年経って、はじめて障害者枠の制度を知りました。たまたま友人が障害者枠という働き方があることを教えてくれたのです。調べていくうちに、障害があることで不利益を被ることもなく長く安心して働き続けられると考え、転職にいたりました。私が通っていた専門学校の就職課には、障害のある学生のための就職情報がなかったので、その選択に疑問も湧きませんでしたが、当時知識があれば、もっと安心して就職活動ができたかもしれません。

 障害者枠での就職に迷われている方がいらっしゃれば、前向きに捉えていただきたいと思っています。自分の身体の特性に合わせた働き方ができる環境は、自分に無理を強いることがありません。私は転職して本当に良かったと思います。
 当社は、障害の有無で区別のないフラットな会社です。入社して8年、私は専門スキルを磨き、リーダーとして部下を持つなどステップアップができました。向上心を持った方にぜひ来ていただきたいですね。

株式会社ビデオリサーチ
IT・技術推進局IT1部第2グループ リーダー
加藤 権司さん 体幹機能障害