明治安田生命保険相互会社

東京都(全国)

「あなたにとって安心してはたらける環境は何ですか?」一人ひとりの思いに寄り添います

全国の職員全員と面談。信頼される障がい者活躍推進担当

 私は、障がい者活躍推進担当として、360名ほど在籍する障害者枠で入社した職員が、安心してはたらける体制づくりをしています。具体的には、採用、定着、雇用率管理、相談窓口が主な業務ですが、最も大切にすることは、一人ひとりに向き合って声を聴くことです。障がい者活躍推進担当になって最初に行ったことは、全国にいる職員のところに出向き、全員と面談することでした。困っていることはないか、会社に配慮して欲しいことはないかなど、一人ひとりの声を聴くのに3年かかりました。時間はかかりましたが「相談しやすい障がい者活躍推進担当」というお互いの信頼関係ができました。

今できる小さな取り組みを愚直に積み重ね、安心できる職場へ

 当社ではたらく障害者の1/3強にあたる138名(2019年6月1日現在)が、聴覚障害です。面談をすると、多くの職員が「情報が入ってこない」ことで悩んでいました。手話通訳が欲しい、この要望はとても多く、しかし、各組織で手話通訳を配置することは現実的に難しいことです。どうしたらより良い職場がつくれるか?と考え、まず私が手話を覚えようと、「手話奉仕員養成講座」に通い、手話技能検定試験を受験しました。そして、手話の教材を作って全国の拠点に配布したんですね。現場の中に、少しでも手話が分かる職員が育てば、「情報が入ってこない」といった状態は改善するはずです。この取り組みで、昨年70名が手話技能検定試験の7級~5級に合格し、今年も受験に向けて勉強しています。
 この事例のように、面談によって知り得た「現場で起きていること」に真摯に向き合い、今できることを考え行動に移す、この積み重ねによって、安心してはたらける職場づくりに繋がると信じています。

転職活動者へのメッセージ

 採用から入社後の相談窓口まで、障がい者活躍推進担当が一貫しておりますので、フォロー体制に安心いただきたいですね。首都圏など可能なかぎり、私かもう一人の担当者のどちらかが採用面接から同席し、ご応募頂いた方にとって不安が残らない面談になるよう心がけています。遠方などどうしても同席ができないときは、例えば、「住所から、車通勤の質問があるかもしれないので、周辺の地図を用意しておく」といった細かいようなことであっても、ご本人にとっては知っておきたい大切な情報であろう項目を想定し、質問シートを作って面接官に共有しています。
 当社は、障害者採用において、相手を理解しようとする心を大切に、100%安心してはたらける体制づくりにこれからも取り組み続けていきます。

明治安田生命保険相互会社
人事部ダイバーシティ推進室
審議役(障がい者活躍推進) 三村政彦さん


転職してからの私は、笑顔が多くなりました

 支社の会計全般を担当しています。基本、自分の業務は自分で判断し処理していますが、私が休んだときは、上司が業務を引き継いでくれるのも安心です。経費処理業務では、職員とのコミュニケーションも多く、「楽しい!」と感じながらはたらけていることに感謝しています。会社の雰囲気がとてもあたたかいので、転職してからの私は、笑顔が多くなったと感じます。
 前職は、外資系銀行に正社員として経費処理や予算管理など10年勤務しました。障害について特に配慮されることはなく、給与面も区別がなかったので、正社員としての成果を求め続けられました。2人目の育休明けに心身共に疲れてきてしまい、子育てにも影響が出てきたので、転職を考えるようになりました。

長い目でキャリアアップし続けられる職場に転職できました

 転職はプロと一緒に活動した方が良いと考えていたので、複数の人材紹介会社に登録しました。その中で、とにかく私の話を聴いてくれる、気持ちに寄り添ってくれたのがdodaチャレンジでした。
 私が出した希望条件は、2つ。子育てがしやすい職場であることと、通勤時間が短いことです。聴覚障害の場合、都内の本社採用が多いんですね。前職も、都内まで1時間以上かけて通勤していたので、できるだけ家から近い職場という条件は譲れませんでした。通勤に時間がかからないことは、2人の育児中の私にはとても優先順位が高かったのです。その気持ちをくみ取ってくれ、企業とこまめに連絡をとってくれたのも安心できましたね。
 当社にはエキスパート登用の制度があり、今は損保一般の資格取得にチャレンジ中です。また、子どもが小学生になったら、営業所勤務を経験してみたいし、さらに成長したら、本社勤務で、障害のある職員の力になる人事の仕事がしたいですね。今を大切にしながら、長期的なキャリア形成が考えられるのも当社の魅力です。良い環境に転職ができたと満足しています。

明治安田生命保険相互会社
浦和支社 業務サポート
池田貴子さん 聴覚障害

転職活動者へのメッセージ

 いろいろな人がいますが、私は、ポジティブであることを大切にしました。それは、自分がやりたいと思うことがあれば諦めないで、思いを相手にぶつけてみる、自分から伝えるということです。誰でも最初は不安や色々な面で物足りなさを感じると思います。でも、その不安や物足りなさは、入社してから前向きにコツコツ努力して伝えれば、自分自身で変えられることもあると思います。dodaチャレンジのアドバイザーは入社後も親身になって様子を確認してくれ、悩みや困ったことはないかとフォローしてくれるので、信頼しています。