DODA(デューダ)

転職のプロに相談できる、転職サイトDODA(デューダ)

株式会社インテリジェンス
  • 求人検索
  • 転職支援サービス
  • スカウト
  • 転職成功ガイド
  • マイページ
転職・求人DODA(デューダ)トップ > 転職情報・成功ガイド > DODA転職マニュアル > 面接官が不採用を決めた瞬間 | 転職成功ガイド(履歴書、職務経歴書、面接対策)

不採用 面接官がサヨナラを決めた瞬間

面接官はその瞬間を見逃していなかった!
応募者自身も気付かない「不採用」を決定付ける瞬間の数々。本番当日の応対はもちろん、面接前の事前準備にも、その原因がひそんでいるものです。ちょっとした準備不足や心構えの甘さに喝!採用のプロの目はごまかせないのです。

ビジネスマナーで不採用

  • 「現職も厳しいでしょう、さぞかし色んな苦労があったのではないですか?」と聞いたところ、「そうなんですよ…」と次々に愚痴が。こちらとしては困難をどうやって乗り越えてきたかを聞きたかったのですが…。(医療)
  • それまでの経歴は充分で、書類の上では魅力的でした。しかし実際にお会いしてみるとちゃらちゃらしていると言いますか、軽い気持ちで面接に臨んでいるなと見受けられる言動が目に付きました。ご自分に自信がお有りなのだとは思いますが、もう少し真摯な姿勢が欲しかったですね。(金融)
  • 話もはずみ、ざっくばらんに語ってもらっていたところでしたが、応募者の方からちらほら差別的な言葉や気遣いのない発言が出ているのが気になりました。ちょっと気を抜いてしまったのでしょうけど、そういうところも、当社としては大きなマイナスになってしまいます。(商社)

DODAコンサルタントのアドバイス

面接官は基本的に「素の自分」で、正直に語ってもらいたいと思っています。が、あくまでも面接にはビジネスパーソンとして臨むもの。公の場にふさわしい会話ができるかどうかは基本であり、重要なポイントです。緊張がとけてきてリラックスした空気ができてきたときこそ、ある意味では本当に素のご自分が出るときでもあります。あなたらしいアピールができるチャンスであると同時に、気を抜いてしまいがちなタイミングでもありますから、ビジネスマナーをわきまえた言動を心がけておきましょう。

「ビジネスマナーを見直すなんて、今さらどうやって?」

DODAキャリアコンサルタントの面接対策なら、マナーも適切にフィードバックします。

無料転職支援サービスに登録する

↑このページの先頭へ

1週間前から不採用になる運命だった… 面接前の準備不足で不採用

  • 自己PRの基本的なところは事前に考えてきたのだと思いますが、「なぜそう思うのですか?具体的な例はありますか?」と少し突っ込んだところで考え込まれてしまいました。「台本」を用意しただけで、ご自分の言葉で語れないようだとNGですね。(サービス)
  • 最後に質問がないか聞いてみたところ、出てきた質問内容が弊社ホームページを見れば分かることばかりで、がっかりしてしまいました。最低限の情報収集は事前にしておいていただきたいです。(金融)
  • あれをやりたい、これをやりたいと色々と熱意は聞かせていただけたのですが、よくよく聞いてみたところ弊社運営の店舗に一度も行ったことがないとの返答。高いお店じゃないですし、一度くらいは行っておいて頂きたいなとは思いますね。(飲食)

DODAコンサルタントのアドバイス

自己PRでも志望動機でも、面接準備の大前提はご自身の「軸」を持っておくことです。いわゆる「模範解答」を丸暗記して臨んだところで、面接官にはすぐ見透かされてしまうもの。ご自身のキャリアをたな卸しして、「何のための転職か?」「今後自分はどうしたいのか?」などといった土台をまとめておきましょう。また、その裏づけとしての具体的エピソードもよく求められるものです。どういった場面にあなたなりの考えや行動が表れているか、過去の出来事を振り返ってみると良いでしょう。
とは言え、自分一人で考えるのもなかなか難しい、ということもありますね。会社説明会・個別相談会を活用いただいたり、我々キャリアコンサルタントにご相談いただくのも手段としておすすめしたいと思います。

「面接前の準備、何をすればいいか分からない…」

DODAキャリアコンサルタントの面接対策なら、マナーも適切にフィードバックします。

面接準備セミナーに申し込む

↑このページの先頭へ

転職理由と志望動機に矛盾が… 一貫性がなくて不採用

  • 受け答えもハキハキしており人柄の面でとても印象が良かったのですが、質問が進むにしたがって矛盾する回答が出てきてしまったのは残念でした。ついさっきご自分で言ったことと違うことが出てきてしまうなど、その場しのぎが上手いだけの方だったのかなと判断せざるを得なかったです。(IT)
  • 「専門性を追求したい」とおっしゃる方で、その姿勢は非常に歓迎するのですが、いろいろと聞いていく中で志望職種が必ずしもそうでなかったり、他に受けている企業さんがバラバラだったりするケースがあります。(製造)
  • 転職理由が甘いなと感じたときによく聞くのが「現職でそれは改善できないのですか」といった質問ですね。これに明確な答えが返ってこない方は、単なる不満や勢いで転職を希望している方が多いように思います。不満が要素のひとつであることはもちろん理解しますが、不満の解消だけでは単なるプラスマイナスゼロですから、当社で何をプラスに持って行きたいのか、しっかりと語ってほしいです。(流通)

DODAコンサルタントのアドバイス

転職理由と志望動機が合致しない、志望職種の業務とやりたいことが合致しない、などがしばしば聞かれるパターンですが、面接本番の返答内容でも「さっき言ったことと違う」という矛盾が生じてしまうことが意外と少なくありません。せっかくのアピールが「表面的」ととらえられてしまったり、あるいはそもそもの信憑性が疑われてしまう恐れもありますね。
「アガってしまって…」ということもあるかもしれませんが、もとをただせば事前の準備不足に行き着くことが多いものです。上記「準備不足で不採用」にもあるとおり、やはり「軸」を持っておくことが重要なポイントといえるでしょう。

「私の転職理由と志望動機、一貫性があるように聞こえるかな」

あなたの一貫性をODAキャリアコンサルタントが客観的にアドバイスします。

無料転職支援サービスに登録する

↑このページの先頭へ

職場になじめなそう… 条件・相性が合わなくて不採用

  • 総合職採用であり、全国勤務についてはサイトでも明記していたのですが、その話になった段階で強く東京勤務にこだわるコメントが出てきました。当然ながら事前に確認しておいて頂きたいポイントですし、そもそもココが難しいようだと厳しいですね。(金融)
  • 転職理由のひとつが給与面の不満であり、希望年収も現職より少々アップの水準を強くご希望。ですがその裏づけがほぼ考えられておらず、単に「頑張るのでこれだけ欲しい」という、願望に過ぎないアピールでした。決して当社の水準からかけ離れたラインではなかったですが、自己認知の甘さが見受けられてマイナス要素にはなりました。(サービス)
  • 落ち着いた雰囲気で淡々と、理的に物を話す方でした。しかし逆に少々活気と言いますか元気がなかったなと。バンバン意見を出してぶつけ合う職場ですから、頭の良さやキレの良さは必要ながら、積極性や元気の良さは欲しいところです。能力で言うと良い方なんですが、社風から見た場合にちょっと違うかなと判断しました。(出版)

DODAコンサルタントのアドバイス

面接での条件交渉はもちろん問題ありませんし伝えるべきことは伝えるのですが、それにも妥当な裏づけが必要です。給与アップを求めるのであれば、「なぜその額が妥当なのか」を主観だけでなく客観でも説明できる必要はあるでしょう。面接における諸条件の交渉については「面接でよく聞かれる33の質問」にも解説がありますので参考にしてみてください。
また、社風との相性などは極端な話、実際に入ってみないと分からない部分が多いもので不安な要素ですね。いざ入ってみたら思っていたのと違った…というミスマッチは、あなたにとっても、採用企業にとっても不幸なものです。DODA転職支援サービスではそのような「生の情報」もご提供していますので、情報収集の手段としてご活用いただくのもおすすめです。

「社内の雰囲気や雇用条件、知りたいことほど聞きづらい」

応募企業のことはDODAキャリアコンサルタントがあなたに代わって情報収集します。

無料転職支援サービスに登録する

↑このページの先頭へ

最後はやっぱり熱意 熱意が伝わらなくて不採用

  • あれこれアピールしたい要素はお持ちのようなのですが、あまりに一方的に言いたいことだけを言っている印象。聞いた質問にもしっかり答えてくれていなくて、会話が成り立っていませんでした。いくら素晴らしいアピールを用意してもらってきても、コミュニケーションが満足に取れないようでは意味がありません。(自動車)
  • 「内定をだしたらウチにきてもらえますか?」と聞いたら、言葉では是非、といいつつも、明らかに躊躇なさっている様子。言葉の上では第一志望とおっしゃっていましたが、態度がそうとは思えませんでした。とりつくろっているのが垣間見えて少々残念でしたね。(人材)
  • 面接を通じて過去の成功体験を熱く語ってくれたのですが、よくよく聞いてみると環境要因によるところが大きく、その方の成果とはあまりみなせない内容でした。ご本人は「自分の実績」として認識しているようでしたが…その成功の中で「自分がどうした」のかが全く見えませんでした。(IT)
  • 営業職での採用の場合、そもそも面接で過度にアガってしまっているようでは、大丈夫かな?と不安にはなってしまいますね。基本的には初対面のお客さまにご提案差し上げることが中心となるわけですから。ある面で場慣れというか図太さのようなものは欲しいですね。(販売)

DODAコンサルタントのアドバイス

熱意は採用の大きな決め手となります。ですが、いかに熱い思いをお持ちであっても、それが面接官に伝わらなければ意味がありません。まずは落ち着いて、面接官との「コミュニケーション」をしっかり行うことを心がけましょう。面接で求められるのは一方的な「スピーチ」ではないのです…とは言えども、ただでさえ熱くなって舞い上がってしまいがちなのが面接の場。コミュニケーションのための材料として、やはり伝えるべきことの軸は、事前にまとめておくことが必要でしょう。
「何を・どう伝えるべき」か―DODA転職支援サービスでは面接対策の一環として「模擬面接」なども行っています。効果的なアピールについてもアドバイスを差し上げていますので、お悩みの際にはご活用いただければと思います。

「ここで働きたい!この熱意だけはしっかりと伝えたい」

思いの伝え方もDODAキャリアコンサルタントの面接対策を活用してください。

無料転職支援サービスに登録する

↑このページの先頭へ

関連リンク

「面接は平均何回?」中途採用の実態調査

「面接は平均何回?」中途採用の実態調査

面接は一度で終りではありません。職種別の平均回数も調べました

面接・書類選考を勝ち抜く!個別相談会

面接・書類選考を勝ち抜く!個別相談会

書類選考や面接をどう勝ち抜くか、キャリアコンサルタントと1対1で相談しよう

面接準備セミナー<東京・丸の内>

面接準備セミナー<東京・丸の内>

面接官がどこを見てるか知ることが面接突破の第一歩。90分のセミナーです

年収査定サービス

年収査定サービス

あなたの“本当の年収”(=適正年収)はいくら?自分の市場価値を知ろう

はじめての方へ DODAでできる10のこと

はじめての方へ DODAでできる10のこと

年収査定やセミナー、スカウトなど、いろいろ使うとチャンスが広がります

キャリアカウンセリングまでの15の疑問

キャリアカウンセリングまでの15の疑問

キャリアカウンセリングに興味があるけど…という方の疑問に答えます

転職成功者の「平均応募社数」

転職成功者の「平均応募社数」

DODAで転職に成功した人は、何社に応募してる?職種別に差はある?

知らないと損!DODA徹底活用ガイド

知らないと損!DODA徹底活用ガイド

希望の求人に出会うチャンスを広げるDODA活用方法

DODAサービスのご紹介 DODAから応募できる求人、キャリアコンサルタントを通して応募できる「転職支援サービス」とサイトから直接応募できる「DODA求人情報サービス」の違いなど、DODAサービスの特徴をご紹介します。 DODAのサービスラインナップ はじめての方へ DODAサービスの特徴

求人情報サービスに登録(会員登録)(無料)

専門サイト

DODAエンジニア IT

DODAエンジニア モノづくり

DODAメディカル

DODAセールス

DODAファイナンス

DODAスペシャリスト

DODAエグゼクティブ

DODAグローバル

Woman Career

これから転職をお考えの方へ

はたらく20代のための情報サイト

変化を楽しみ、自分の未来を考える

障がい者のための転職 DODAチャレンジ