いい転職が、未来を変える。DODA(デューダ)

転職のプロに相談できる、転職サイトDODA(デューダ)

株式会社インテリジェンス
  • 求人検索
  • 転職支援サービス
  • スカウト
  • 転職成功ガイド
  • マイページ
転職・求人DODA(デューダ)トップ > 転職情報・成功ガイド > DODA転職マニュアル > 履歴書など応募書類の提出マナー 〜送付状・封筒の作成で注意すべき7つのポイントとは〜

担当者はここまでチェックしている!?送付状・封筒の作成で注意すべき7つのポイントとは。応募書類の提出マナー

応募書類作成の流れとノウハウ

履歴書は、応募企業への最初のアプローチとなる大切な書類。
たった1枚ですが、この中でいかにあなたの魅力を伝えるか、これが次の選考に進むための重要なポイントです。
基礎的なルールの説明や、便利な年号早見表、フォーマットなどをご用意しておりますので、有効活用して、人事担当者の“心に響く”履歴書作りにお役立てください。

送付状(送り状・添え状・カバーレター)の作成 7つのポイント

送付状は「送り状」「添え状」「カバーレター」などとも呼ばれます。送付状の準備はビジネスマナーとしては当然のことですが、履歴書など応募書類を郵送する際にも必ず同封してください。送付状に、あなたのアピールポイントや実績を簡潔に記しておくことで、担当者に興味をもってもらえる可能性が高まります。ていねいに書かれた送付状を添えた応募書類は印象が良く、採用担当者は履歴書や職務経歴書をしっかり読んでくれるはずです。採用担当者がまとめやすいように、送付状の大きさは履歴書のサイズと合わせるといいでしょう。ほんの少しの心配りが、面接へ進めるかどうかを分けることもあります。

1.履歴書、職務経歴書と同様に送付する日付を入れる2.正式な企業名を書くこと。株式会社を(株)と表記するなど略すのはNG。採用担当者の氏名が不明の場合は、「採用ご担当者様」「人事部御中」と書く3.住所、電話番号、名前の順に記入する4.頭語から始めて、前文の時候のあいさつに続ける5.どの媒体で求人を知ったかなど、応募の経緯を入れる6.自己PRを簡潔に入れる7.面会の申し込みと、結語で締めくくる
DODAにご相談ください

封筒の作成 7つのポイント

ビジネス文書でもそうですが、封筒は最初に目に留まるものです。書類だけでなく、封筒の準備も気を抜いてはいけません。社会人としての常識的な書き方ができているか、ていねいに書かれているかといったこともチェックの対象。提出の仕方によっては、書類を見てもらえないこともあります。最後にもう一度抜け漏れがないかを確認し、提出するようにしましょう。なお、白や茶系の封筒を使用することが一般的です。また、なるべく書類を折らずにすっぽり入るサイズを用意してください。字が書きづらくなったり、中身がしわになったりしますので、書類を入れる前に宛名を書いておくことをオススメします。

表1.送付状(送り状・添え状・カバーレター)、履歴書、職務経歴書の順に封入する2.料金が不足にならないように、なるべく郵便局で重量を測って送る都道府県や番地などを省略しないこと。ビル名、階数までしっかり書く4.企業名、担当者名は住所よりも大きい文字で書く。企業名を(株)などで省略しないこと。宛名が人事部など部署名の場合は「御中」を、担当者名の場合は「様」を付ける。特に指定されていない場合は「採用ご担当者様」とする裏5.応募書類であることを示すために、「履歴書在中」「応募書類在中」などと封筒の左端に赤字で入れる6.密封マークを入れる7.自分の住所も省略することなくていねいに書く
DODAにご相談ください

関連リンク

書類選考で重視されること・されないこと

書類選考で重視されること・されないこと

採用担当者が履歴書・職務経歴書で見ているのはどこ?

面接・書類選考を勝ち抜く!個別相談会

面接・書類選考を勝ち抜く!個別相談会

書類選考や面接をどう勝ち抜くか、キャリアコンサルタントと1対1で相談しよう

面接準備セミナー<東京・丸の内>

面接準備セミナー<東京・丸の内>

面接官がどこを見てるか知ることが面接突破の第一歩。90分のセミナーです

年収査定サービス

年収査定サービス

あなたの“本当の年収”(=適正年収)はいくら?自分の市場価値を知ろう