DODA(デューダ)

転職のプロに相談できる、転職サイトDODA(デューダ)

株式会社インテリジェンス
  • 求人検索
  • 転職支援サービス
  • スカウト
  • 転職成功ガイド
  • マイページ

【職務経歴書ノウハウシリーズ】職務経歴書で悩む自己PRの書き方

職務経歴書の自己PR欄でうまくアピールできれば面接に進める確率もグンとアップします。ただ、「そんなにアピールできることがない…」と悩んでしまう人は、3つの角度から探ってみましょう。

1.キャリア・実績をアピールする

まず成功した仕事の体験を思い出してみましょう。次に「どんな状況で」「どういう意図を持ち」「どう行動し」「どう成果がでたのか」、この4点で整理し直します。 そこに至るプロセスや気持ちを振り返ることで、採用担当者に具体的にアピールできるようになります。「こういう能力があり、プロセスを踏んだから、こういう成果が出た」と、担当者がイメージできるように伝えることが重要です。

ウリを見つけるためのヒント

下の質問を自分に問いかけて、答えを紙に書き出してみましょう。そこから自分のウリになるキーワードが見つかるはずです。

  • Q.仕事でうれしかった体験は何?
  • Q.自慢できる仕事は?
  • Q.夢中になった仕事は何?
  • Q.自分で仮説を立て、実行して成果をあげた経験は?

20代のポイント

成果よりも仕事のプロセスを説明する。それによって、自分が何に関心があるのかを印象づける。

30代のポイント

ポイントを絞って整理すること。社歴が長い分、アピールすることも多いはずだが、くどくならないようにする。

↑このページの先頭へ

「今のスキルは他の会社でも通用するのかな…」

あなた自身も気づいていないアピールポイントがあるはずです。DODAキャリアコンサルタントの書類対策を受けてみませんか?

無料転職支援サービスに登録する

2.スキル・資格をアピールする

自分の持っているスキルや資格が、志望企業の求めているスキルと合致するかどうかがポイント。ただし、資格取得そのものが目的になっているアピールではだめ。「○○をするために勉強した」というように、あくまで仕事をするための資格という姿勢を前面に出しましょう。資格を使った仕事の実績がなくても「○○をやりたいから取得した」という前向きなアピールはOKです。

ウリを見つけるためのヒント

下の質問を自分に問いかけて、答えを紙に書き出してみましょう。そこから自分のウリになるキーワードが見つかるはずです。

  • Q.非常に苦労してやり遂げたことは何?
  • Q.他人から「変わってるね」と言われることがある?
    ある場合はどんなところ?
  • Q.その資格を取ろうと思った理由は?
  • Q.その資格をどんなふうに活かしたい?

20代のポイント

資格を持っているだけの人も多いはず。今後、どう役立つのか、自分のめざす方向とリンクさせて表現する。

30代のポイント

資格を持っているというだけで、転職に有利というわけではない。実務経験をもとにスキルや資格をアピールする。

↑このページの先頭へ

「目に見えない“やる気”をどう書けばいい?」

あなた自身も気づいていないアピールポイントがあるはずです。DODAキャリアコンサルタントの書類対策を受けてみませんか?

無料転職支援サービスに登録する

3.やる気・人間性をアピールする

「入社して何ができるのか」を自分の言葉で表せなければ、意欲をアピールするのは難しいでしょう。「やる気があります」といくらいってもなかなか伝わりません。たとえば「○○の技術を吸収する前向きな姿勢がある」というように、相手企業の求める人物像を想定して表現する工夫が必要です。また面接では、振る舞いや受け答えで、前向きな姿勢を伝えることが大切です。

ウリを見つけるためのヒント

下の質問を自分に問いかけて、答えを紙に書き出してみましょう。そこから自分のウリになるキーワードが見つかるはずです。

  • Q.仕事上のポリシー、譲れないポイントは?
  • Q.あなたの趣味は何?
  • Q.周りの人からどんな人だと思われている?
  • Q.今まで一番大変だった経験は何?
  • Q.大変だったことをなんとかやり遂げようとしたのは、
    どんな理由から?

「転職のプロ」だけが知っている!企業が求めるウリを見抜くには?

自己PR欄には、複数のウリの中から、企業が魅力的だと思ってくれるウリを書かなければなりません。求人サイトなどからその企業の選考ポイントを調べてみましょう。また、求人広告の募集資格や仕事内容をチェックすれば、求められる人材像が見えてきます。 自分のウリを見つけるためには自分自身を見つめなおす作業が大事。1人で困ったときは、DODAのキャリアコンサルタントに相談してみるのも効果的な方法です。

↑このページの先頭へ

「でも、やっぱりアピールとしては物足りない気がする…」

あなた自身も気づいていないアピールポイントがあるはずです。DODAキャリアコンサルタントの書類対策を受けてみませんか?

無料転職支援サービスに登録する

関連リンク

書類選考で重視されること・されないこと

書類選考で重視されること・されないこと

採用担当者が履歴書・職務経歴書で見ているのはどこ?

面接・書類選考を勝ち抜く!個別相談会

面接・書類選考を勝ち抜く!個別相談会

書類選考や面接をどう勝ち抜くか、キャリアコンサルタントと1対1で相談しよう

面接準備セミナー<東京・丸の内>

面接準備セミナー<東京・丸の内>

面接官がどこを見てるか知ることが面接突破の第一歩。90分のセミナーです

年収査定サービス

年収査定サービス

あなたの“本当の年収”(=適正年収)はいくら?自分の市場価値を知ろう

DODA転職マニュアル
01 転職の始め方
02 情報収集・応募
03 履歴書・職務経歴書
04 面接
05 内定・退職

人事の心に響く!履歴書講座

人事の心に響く!履歴書講座

履歴書は採用担当者との最初の接点。誰もが書く書類だけに基本を押さえて

今さら聞けない疑問を解決!履歴書の対策

今さら聞けない疑問を解決!履歴書の対策

用紙を広げていきなり書き始める前に、履歴書の基本ポイントをおさらいしよう

プロカメラマンが教える!履歴書写真の撮り方

プロカメラマンが教える!履歴書写真の撮り方

ちょっとしたコツで写真映りが良くなります。第一印象を演出するには?

あなたの魅力を伝える!職務経歴書講座

あなたの魅力を伝える!職務経歴書講座

ビジネスパーソンとしての実力を伝えて「面接で会いたい」と思わせる職歴書を作るには

「職務経歴書」作成の手引き

「職務経歴書」作成の手引き

よくある疑問、書く手順など、職務経歴書の“下ごしらえ”を忘れずに

「落ちる書類」の傾向と対策

「落ちる書類」の傾向と対策

「内容を読む以前にうんざり…」一生懸命書いたのに「落ちる書類」になってませんか?

職務経歴書サンプルダウンロード <職種別>

職務経歴書サンプルダウンロード <職種別>

職種や業界によってアピールのツボが違います。サンプルを元に強力な職歴書を作ろう

応募書類の提出マナー <送付状・封筒の作成>

応募書類の提出マナー <送付状・封筒の作成>

せっかく作った渾身の応募書類、封筒や添え状でさらにイメージアップ!

DODAサービスのご紹介 DODAから応募できる求人、キャリアコンサルタントを通して応募できる「転職支援サービス」とサイトから直接応募できる「DODA求人情報サービス」の違いなど、DODAサービスの特徴をご紹介します。 DODAのサービスラインナップ はじめての方へ DODAサービスの特徴

転職支援サービスに登録(無料)

求人情報サービスに登録(会員登録)(無料)

専門サイト

DODAエンジニア IT

DODAエンジニア モノづくり

DODAメディカル

DODAセールス

DODAファイナンス

DODAスペシャリスト

DODAエグゼクティブ

DODAグローバル

Woman Career

これから転職をお考えの方へ

はたらく20代のための情報サイト

変化を楽しみ、自分の未来を考える

障がい者のための転職 DODAチャレンジ